小山田圭吾単語

オヤマダケイゴ
1.2万文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

小山田圭吾とは、男性ミュージシャン音楽活動を行う際はソロユニットコーネリアス (Cornelius) の名義を使用している。

音楽家としての活動の詳細については、 「コーネリアス」 の項を参照してください。

概要

1969年生まれ、東京都出身。小沢健二らとフリッパーズ・ギターとして活動。80年代バブル文化への皮という時代の波に乗り渋谷系と呼ばれる一大ムーヴメントのアイコンとして90年代サウンドファッションを牽引した。その後コーネリアス名義での活動を展開。

音楽活動以外ではテレビCM森永チョコレート・小枝」に出演、女装姿が話題となった。

和田マヒナスターズ三原さと志は実ミュージシャンの嶺貴子は妻であった(2012年離婚済)。

YMOとの関係が非常に強い。実質的に4人YMOである。

NHKをはじめとして、マスコミ各社とも強いコネクションをもっている。

2021年には、第32回オリンピック競技大会(東京オリンピック2020コロナ禍の影で1年延期開催)の開会式の作曲担当メンバーの一員として選出された[1]。が、後述するように過去に行っていたいじめの件からオリンピックパラリンピックに関わるに相応しくないとして非難が殺到し、開会数日前というタイミングでの辞任へと至った。

いじめに関する過去のインタビュー

過去に自らが行ったいじめについて、雑誌のインタビューったことがある」という事がインターネット上などで時折話題となる。

「それらの雑誌そのもの」を除けば、おそらく最も詳しくまとめられているのは以下のブログ記事「小山田圭吾における人間研究」である。

このブログ記事の内容を要約すると、

というもの。ブログ記事内では、雑誌記事の一部の文章とされるものが引用されている。

また後に投稿された同ブログの以下の5つの記事では、『クイックジャパン』の該当号からの引用スキャン画像を追加している。

このブログ「孤立援のブログ」はブログサービスはてなブログ」上にある記事だが、移転前は「楽天ブログ」上にあった「電気アンドロイドを見るか?」というブログだった。その移転前ブログに上記の記事「小山田圭吾における人間の研究」が最初に投稿された際の日付表示は2006年11月10日(最終更新は2006年11月15日)付だったようだexit

これらのブログ記事の他にも様々な媒体(2006年に上記のブログ記事が初掲載されるより以前のものを含む)にて、これらの雑誌インタビューに関して言及されている。以下はその一部の例である。

よって「上記ブログ記事が記す通りの内容が、『ロッキング・オン・ジャパン』および『クイックジャパン』に掲載されていた」という事自体は非常に信憑性が高いものと思われる。

なお、該当の雑誌は共に国立国会図書館に収蔵がある。
18歳以上であれば、利用者登録を行えば、でも現地閲覧及び遠隔複写サービスの利用が可なので、当該記事を取り寄せることは較的容易である。
また、国会図書館での保管期限は特にい。

2021年の炎上と謝罪

2021年7月14日、小山田圭吾がオリンピック開会式の作曲メンバーの一員となることが発表された。

この発表直後から、この過去インタビューの内容を問題視して人選に関する疑問のインターネット上で巻き起こり、いわゆる「炎上」状態となった。そしてこの炎上を受けて、いくつかのマスコミが報じた。

また、際的な大会であるオリンピックに携わったことで、この件は海外においても大きく報道されている。

2021年7月16日には、上記のオリンピック関連で話題となった事を受けて、コーネリアス公式Twitterが謝罪文の画像を投稿1995年の『クイックジャパン』vol.3の出版から約26年経過して、初めて本人がこの件にコメントすることとなった。

この謝罪文の全文は、以下のような各種ニュースサイトにも転載された。

この謝罪を受けて、五輪組織委員会はスポーツ新聞日刊スポーツ』の取材に対して回答。日刊スポーツはこの「回答全文」の「原文まま」であるとして以下のように記事に掲載した[2]

小山田氏の当該の過去の発言については、組織委員会として把握していなかったが、不適切な発言である。一方、小山田氏本人はこの取材時当時の発言については後悔し反省しており、現在は高い倫理観をもって創作活動に献身するクリエーターの一人であると考えている。開会式準備における小山田氏の貢献は大変大きなものであり、1週間後に開会する東京2020オリンピック開会式に向けて、引き続き最後まで準備に尽していただきたいと考えている。

2021年7月19日日中には、五輪組織委員会が小山田圭吾が開会式音楽担当者として留任することを会見においてめて明言し、「現在は高い倫理観を持って創作活動するクリエーター」であるとして擁護した。[3]

しかし同じ2021年7月19日の午後19時10分には、コーネリアス公式Twitterにて、再度謝罪しつつ「組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせていただきました」とる画像のツイート投稿された。

これを受けて、同日中五輪組織委員会は公式サイトに下記の文面を開。辞意を受け入れる旨を明らかにした。

本日、オリンピック開会式クリエティブチームのメンバーである小山田圭吾氏から、東京2020組織委員会に対し、その職を辞任するとの申し出がありました。 東京2020組織委員会は、小山田氏の行為は断じて許されるものではないと考えますが、先日、本件についての反省とお詫びを受け入れ、開会式が迫っているなか、引き続き準備に努めていただくことを表明しました。しかし、これは誤った判断であると考えるに至り、この辞意を受け入れることといたしまし た。 この間、多くの皆様に不快な思いをさせたこと、混乱を招いたことを心からお詫び申し上げます。

別の雑誌記事の発掘

前述したように、に問題となっていたのは1995年8月の『クイックジャパン』vol.3に掲載された「村上のいじめ紀行」と、その記事が執筆されるきっかけとなった『ロッキング・オン・ジャパン1994年1月号に掲載された「小山田圭吾2万字インタビュー」、この2つのインタビュー記事であった。

しかし2021年の上記の騒動で小山田圭吾のいじめに関する言動について知れ渡ったため、これらの雑誌の別の号やその他の雑誌での小山田圭吾の言動についてもチェックする人々が現れた。この動きによって、他の雑誌でも問題視されるような言動が複数あったことが発掘されてしまった。

『月刊カドカワ』1991年9月号

2021年7月19日に、ニュースサイトJ-CAST ニュース」が雑誌を複写したの束(国立国会図書館を利用しての複写か?)を映した写真とともに伝えたもの。

雑誌『カドカワ1991年9月号に掲載された、「フリッパーズ・ギター お洒落な不遜」と題したインタビュー。同誌では「スピリチュアルメッセージ」という有名人へのインタビュー記事が連載されており、この回では小山田圭吾がインタビューとなっていたようだ。

以下はJ-CASTニュースからの引用

小学校五年くらいのときに文集を作ったんだけど、みんな普通のことを書いてるのに、『小山田君の嫌なこと』とかいうタイトル作文書かれてね(笑)。別に人気者じゃないヤツに書かれたからね、よけいにムッときて。にその文集は見せられなかった。ぼくがそいつをいかにして迫したかっていうようなことが切々と書いてあってね。でも、事実なんです(笑)。まさか文集にそんなタイトルで書かれると思っていない。ちゃんと印刷されてるもので、先生が見るだけじゃないの。みんなに配られちゃうの。けっこう挫折だった。だからそいつには、小学校人生全部をかけて復讐した(笑)

 そのほか、高校でのエピソードとして、「K(編注・小山田氏はインタビュー中で「知恵遅れ」と表現)は鼻炎だから、いつも鼻をかんでるんだけど、ポケットティッシュだとすぐなくなっちゃう。だから購買部ティッシュを買ってきて紐つけてあげた。それでKはいつも首からをぶら下げてた」などと話していた。

『ロッキング・オン・ジャパン』1993年9月号

ロッキング・オン・ジャパン』の、上記の「2万字インタビュー」が掲載された1994年1月号よりも以前の号である1993年9月号に小山田圭吾のインタビューが掲載されているのをTwitterユーザーなどが見つけ、記事の写真と共に投稿している。

以下は、画像からの書き起こし。

でも、そういう「人をブン殴らないやさぐれ体質」ってのはあるの?

「うん、人ブン殴らないでほら、ゲタん中にカエル死骸とか入れるようなさあ(笑)

はははは。そういうなんだ?

「……う~ん、そうですよ。それはしょうがなくね。身長180あって、体重90キロの元自衛隊レンジャー部隊の人間だったらさあ(笑)、そんな事しないでもいいじゃない? ねえ」

うん。

「だから……こうなっちゃったんですね」

いつ頃からそんな感じなんですか。

「……いつ頃からかなあ……中学校ぐらいからかな。小学校ん時はすごい偉い人っていうか、学級委員とかやるタイプでさあ。わりと勉強とかもできちゃったりして。でも中学も後半になって来ると、勉強しないでも勉強できる人ってあんまりいなくなって来るじゃない?」

ああ、ああ。で、「バカヤロー」みたいな?

バカヤローっていうんじゃないけど、頭を使う方向が何かそっちに向いちゃうって言うか。何か、すごいヤなでさあ。ヤなに関するエピソードで言えば、その中学ん時にがすっごいいじめてたがいて」

小山田いじめていたあ!?

「すっげーいじめっ子だった。ほら、何かズルいいじめっ子なんだよね。だから、ほんとに憎まれる人には一番憎まれちゃうっていうかさあ(笑)バーンってブン殴ったりしても、あんまり憎まれないじゃん。でも、ねちねちねちいじめたりすると、すごい憎まれるじゃん」

ああ、間接的に陥れたりとか?(笑)

(一行、写真内に納まっておらず確認できず)

で、「小山田君のヤな事」っていうタイトル作文を書きやがってさあ(笑)。何された、何された、何されたって全部書いてあって(笑)。それは卒業の文集だから、とかにも全部渡るんですよ。そのページをうまい具合にカッターで切ってね、自分のに渡しましたけどね」

(笑)そういうだったのかあ。結構怖いものなしのヒドい事もやってた?

「うん。でもねえ、いじめてると何かほんとにヤバい状況になっちゃったりするでしょ。人の事をいじめてて、限度とかがわかんなくなっちゃう時ってあるじゃない? はその辺の限度を見極めんのがうまくてさあ。なんか「ああ、これはもうほんとにヤバい」っていう寸前になると、ちょっと引いてみたりして。で、一番最後までいじめてた人間に対して、そいつが最後までやってたっていう事実がみんなにわかるようにスッと何か言って(笑)。その人が悪くて大丈夫、みたいなポジションを作るのがすごくうまかったっていうか」

はははは。しかし、てっきいじめられっ子だと思ってたら、いじめる方だったんだ。

「うん」」

上記の『カドカワ1991年9月号と一部が類似する内容を話している上、1994年1月号の「2万字インタビュー」にあったインタビュアー山崎洋一郎氏の発言「でも、いじめた方だって言ってたじゃん。」や「(大笑)いや、こないだカエル死体々っつってたけど「こんなもんじゃねぇだろうなあ」とは思ってたよ。」とも合致する。信憑性は高いと思われる。

『GiGS』1996年2月号

2021年7月20日に、東京スポーツ新聞社のニュースサイト東スポWeb」が報じたもの。

雑誌『GiGS』(ギグス1996年2月号に掲載された小山田圭吾へのインタビューにて、フリッパーズ・ギターとしてデビューする直前に入院した時のエピソードとして、友人と病室でギターを弾いて騒いでいたことを話していたという。

以下は東スポWebからの引用

「ふたりとも寝ないから、中にガンガンやってると、末期患者の人とかの呻きが『ウーッ』とかって聞こえて来る(笑)」と、なぜか末期がんの人を笑う。

 さらに、「機械につながってるんだよ、そういう人とかって。『ピーン、ピーン』とかいう機械みたいなのがあって、中に『ピー!』とかって音が反応するの(笑)。それで『ああ、今日もまたひとり死んだ』とか言って(笑)。『中にあんたたちがギター弾いているからだ』って看護婦さんに怒られた(笑)」と死の間も笑っていたという。

 小山田はこのエピソードを「心暖まる話だよね」とりだす露悪性も発揮していた。

雑誌 / 出版社からの謝罪

ロッキング・オン・ジャパン

2021年7月18日には「ロッキング・オン・ジャパン」の総編集長である「山崎洋一郎」氏が、インタビュー記事当時の編集長もインタビュアーも自分であったと表しつつ謝罪する文章を開した。

クイック・ジャパン / 太田出版

2021年7月19日には『クイックジャパン』の出版元である「太田出版」が、謝罪と反省の意を表明する文面を開した。インタビューの内容を被害者を傷つけ差別を助長する不適切なものであったと認め、また出版後26年間再検討をしないまま2012年に復刊まで行なっていたことについても言及している。

GiGS / シンコーミュージック・エンタテイメント

2021年7月20日には、上記のように同日の「東スポWeb」の記事で1996年インタビュー記事を発掘された『GiGS』の出版元である「シンコーミュージック・エンタテイメント」が、1996年当時の『GiGS』編集長および現在の編集部のそれぞれの言葉によるお詫びや再発防止の決意の明を発表した。

デマ / 不正確 / 真偽確認困難な情報

こういった「義憤を煽る話題」であれば起こりやすいものだが、2021年オリンピック前に騒動になった際には、小山田圭吾といじめに関するデマ / 不正確 / 偽確認困難な情報も流れた。判明しているものを紹介する。

「『ロッキング・オン・ジャパン』のインタビューで障害者いじめについて語っている」

ロッキング・オン・ジャパン』でられた内容の方では「いじめの対になったのがどのような相手だったか」という情報については掲載されていない。障者を嘲ったものともとれる内容が掲載されたのは「『クイックジャパン』vol.3」の方(および上記の『カドカワ1991年9月号)であり、ごっちゃになったものと思われる。

もちろん「『ロッキング・オン・ジャパン』でったいじめも『クイックジャパン』でったいじめと相手は同じだろうから、結局障者をいじめていたことについてったのではないか」と言えなくはない。だが少なくとも、『ロッキング・オン・ジャパン』の方ではインタビュアーが「障いじめ」であったと気づけるような文面は一切誌面に載っていないようだ。

「2017年のテレビでいじめを反省していない様子を見せた」

2017年テレビ番組のスクリーンショット画面として、笑う小山田圭吾の下に「あの頃は悪ふざけが多かったですね」「一番イカれてましたね」などのテロップが載った画像を示すなどして、「この時点でもいじめを反省していなかった」と摘するがある。

かしこの画像は2017年6月23日に放映された日本テレビ系列音楽バラエティバズリズム」のスクリーンショットであるが、

であった。

つまりどちらもいじめに関する内容ではかったことになる。画像をよく見ると「あの頃は悪ふざけが多かったですね」というテロップの横には「なぜCDに「地球危うし」という冊子?」と記された小さな囲みがついていたことなどからも確認できる。

(以下の引用ツイートも、その画像を示しつつ「この「悪ふざけ」とはいじめに関することではないのでは?」と摘するツイート。)

インタビュー記事を見れば過去のいじめも「悪ふざけ」でやっていたのは明」「反省していればあらゆる「悪ふざけ」については恐縮してるはず」「よって、直接いじめについて聞かれていなくても「悪ふざけ」について笑って答えている時点で反省はしていない」という論法であれば誤りではない。

しかし「いじめに関して聞かれてこう答えた」としてこのテレビ番組のスクリーンショット画像が使われた場合、それはデマということになる。

「2004年にファンの掲示板に現れ、いじめインタビューに関する書き込みを非難した」

小山田圭吾が2004年ファンの集まる掲示板に現れて、「Theme:う人たちへ Name:ch-fl」から始まる、下記のような「いじめインタビューに関する書き込みを非難するコメント」を残していた……という話が流布されている。

Theme:う人たちへ
Name:ch-fl
ここはそもそも、議論の場所でもないし、表現の場所でもなかったと思います。
.彼らは表現(挑発)をして、そして反応されたいだけなんですよ。.
そして哀しいことに、掲示板ていうものはこういう圧に対してものすごくです。哀しいけどね。それが現実
だからもう放っておきませんか?

実際、自身ものすごく頭にきてるし、いろいろ言いたいこともあるけれど、それは自分で責任がとれるところで言います。ここでは言わない。

の提案は、正義の中でしか通用しないし、同意できないファンの人もたくさんいるだろうけど、としてはそれが一番近じゃないかと思います。

こいつらにクズって言われようが何言われようが興味ないね。そんなことのためにここにきてたわけじゃないし。

は君たちとこの場所が大好きです。
はやく元通りになるといいですね。ではね。

かしこれは2004年に複数の2ちゃんねるスレッドに「での本人の発言」などという根拠不明ののもとに転載されたもの(例1exit例2exit)のようだ。「」とは、当時の小山田圭吾の妻の公式掲示板の事であるかと思われ、そこから転載してきたものかと思われる。確かに当時のその掲示板は「Theme:」や「Name:」がある形式だった。

そしてその当時の妻の公式掲示板のインターネットアーカイブexitではこの「ch-fl」というハンドルネームの人物の他の書き込みが残っている(上記の書き込みそのものはアーカイブ部分に残っていない)のだが、

ところで,CorneliusCM2を試聴したんですが
#4(Beckのやつ)に使われてる
PointAnother View Point と同じなのかな?
つまり嶺さんの

などという書き込みをしていたことが確認できる。小山田圭吾の妻を「嶺さん」と呼んだり、コーネリアスCMに使用されている音について疑問形で記していたりすることから、小山田圭吾本人の書き込みとしては不自然であり、単に小山田圭吾や妻のファンの一人のように見える。

また、上記の「う人たちへ」というタイトルの文面も、よく見れば小山田圭吾本人だと断定できる情報は全くない。確かに本人の文面と解釈できなくもない文面ではあるものの、同時に単なる「小山田圭吾や妻の熱心なファン」が書いてもおかしくはない文面ではある。

よって、この「「Theme:う人たちへ Name:ch-fl」から始まる文面の書き手は小山田圭吾である」と言う情報は、根拠に乏しく信憑性が薄いものかと思われる。

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *オリンピック・パラリンピック開会式の音楽監督をFPM田中知之が担当、作曲メンバーに小山田圭吾 - 音楽ナタリーexit
  2. *五輪組織委が小山田氏の続投発表「現在は倫理観もって」過去発言は把握せず - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツexit
  3. *小山田圭吾氏の留任 組織委があらためて強調「貢献は大きなもの」 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツexit

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%9C%AD%E5%90%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小山田圭吾

2017 ななしのよっしん
2021/10/06(水) 07:14:00 ID: 7tM/gKtK3O
擁護してる連中が徒党を組んで某漫画家に絡み続けてるの見て不気味さと気持ち悪さ両方を感じた
あの界自分達は真実を知る正義の使者!ってテンションでどんどん発言連ねて仲間内でRTしあって相手を詰問し続けるの見た最悪な自覚ないのか
2018 ななしのよっしん
2021/10/06(水) 18:26:53 ID: cebqDqHjou
小山田圭吾たちが作った開会式よかっただろ?
小山田圭吾を信じろ
2019 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 05:02:08 ID: AMuz5IRqG+
情報デマ恣意的だって言っても
小山田本人や掲載した雑誌社が事実を大筋で認めて謝罪してるからな
そっち方面の話はそこまで火が付かなかった印
2020 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 07:14:34 ID: BrXXcivblv
が今むしろ関心があるのは、「なぜ人は小山田圭吾を守ろうとするのか?」ということです。小山田氏を擁護し続ける人のモチベーションが一体何なのかを、知りたいと考えています
2021 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 15:03:18 ID: 52ZRmzwdeO
確かにな
このうんこおじさんにどんな魅があるんだろうね
2022 ななしのよっしん
2021/10/15(金) 16:19:17 ID: 7tM/gKtK3O
小山田に取材した記者へのインタビューって事態の進退に全く関わらない内容じゃない?
本人が表に出てらないと意味ない気がするけど
2023 ななしのよっしん
2021/10/21(木) 13:38:46 ID: 9ZhXfWFs1K
同性にうんこ食わせたとしてたくせにあれは他人の武勇を騙っただけと今更言いるとかスカトロジストを馬鹿にしてる最低
2024 ななしのよっしん
2021/10/21(木) 13:41:01 ID: QAEv0+z1oa
何とか誤魔化そうと言い訳してるのが情けない
2025 ななしのよっしん
2021/10/24(日) 16:34:34 ID: BuwhJ+AYCV
五輪委員会「排物を食べる活動を学生の時からやっている循環社会の究極体じゃないか、ぜひ開会式に彼を!!」

「人に理やり食わせてたのかよ!もういじめの範囲えて犯罪だろ、しかも結構前から有名だったみたいだし」
忙しくてこんな感じだったのか?
2026 ななしのよっしん
2021/10/24(日) 16:39:46 ID: BukxVfAhbR
長年食わせおじさんファンやってた人たちって、やはりそっち方面の性癖なのかな?