小島時光単語

コジマトキミツ

小島時光(こじま・ときみつ ? ~ 1585?)とは、飛騨戦国武将である。小島秀の子。

概要

姉小路氏は藤原の孫・姉小路済時が姉小路姓を名乗ったのが最初である。

戦国期に入ると古河古川小島、向小島に分かれ、更に小鷹にも分かれ、狭い飛騨内で群雄割拠の内紛が勃発していた。小島姉小路の中の祖・小島時秀はこれをよくまとめ、飛騨内の有へと成長させた。しかし、時代が下るにつれ、古河姉小路を乗っ取った三木の成長著しく、これに対抗するか協するかに分かれた。1559年に姉小路良頼朝廷工作全に古河姉小路の後継者として認められた。また、飛騨北部には三木の対抗である江が存在し、小島姉小路としても厄介な存在であった。

織田信長下が見えてきた時もまだ飛騨山中の弱小勢でしかなかった時本家を継いだ姉小路頼綱と盟を結び、江馬輝盛と対立することを選んだ。そして、姉小路頼綱の五男を養子とし、小島元頼と名乗らせ後継者とした。

1582年6月2日信長本能寺の変で斃れたあと、信長臣団で勢が分裂すると、勢拡大の機会ととらえ、頼綱と共に盛と戦った。

10月に飛騨を決める覇権が繰り広げられ、八日町の戦いで盛は戦死した。当を失って統率がままならない江氏を全に滅ぼす機会を得た時は一気に江氏の本拠・高原諏訪を攻撃し、これを陥落せしめた。

これで江氏は滅亡し、小島姉小路の勢も広がったが、この時盛の嫡男・江時政は越中から越前へと逃れていった。これで時の地位も安泰したかと思われた。

しかし、翌年に柴田勝家が北ノで斃れ、情勢は更なる変化を及ぼした。時は頼綱と共に佐々成政に通じて羽柴秀吉と対立するが、1585年に金森長近の大軍が10万の兵を率いて越中定、そのまま飛騨侵攻へとなった。

この時、金森長近の配下に復讐に燃える江時政がおり、金森軍の猛攻により養子・小島元頼と共に戦死、または行方不明になったという。

関連動画

小島時光に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E6%99%82%E5%85%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小島時光

1 ななしのよっしん
2016/11/17(木) 14:32:29 ID: QAEpWEObRK
>本家を継いだ姉小路頼綱
姉小路氏の本家って小島じゃなかったっけ?

急上昇ワード

2019/08/24(土)09時更新