小惑星探査機「はやぶさ2」単語

ショウワクセイタンサキハヤブサツー

小惑星探査機「はやぶさ2」とは、工学実験探査機「はやぶさ」の後継機として開発された日本小惑星機である。

概要

2014年12月3日)13時22分04日本標準時)、種子島宇宙センターからH-IIAロケット26号機で打ち上げられた(不良により、11月30日(日)13時24分48日本標準時)から2回延期した)。

2018年標「小惑星Ryuguリュウグウ)(小惑星仮符号1999 JU3)」に到着してサンプルを採取し、2020年地球帰還、というスケジュールを想定している。

所属と運用は、宇宙航空研究開発機構JAXA)の宇宙科学研究所(ISAS)プロジェクトマネージャー津田雄一(ISAS教授)、たる開発元は探査機「はやぶさ」金星探査機「あかつき」でもおなじみNEC

今回のの同行者として、「MINERVA-II(ミネルヴァ2)」が3機(JAXA製2機、MINERVA-IIコンソーシアム製(東北大山形大・大阪大・東京電気大・東京理科大合作)1機)とドイツ航空宇宙センターフランス国立宇宙研センター合作である「MASCOTマスコット)」が搭載され、初代ミネルヴァが果たせなかった小惑星への着陸探に再挑戦する。

また、相乗り衛星として、宇宙機「PROCYON」(東京大学)、深宇宙彫刻「ARTSAT2-DESPATCH」(多摩美術大学)、深宇宙通信実験機「しんえん2」(九州工業大学)も飛び立った。 

目的

小惑星からのサンプルリターン

イトカワと違って、有機物質やが含まれている可性が強いC小惑星「1999 JU3」を標としており、もし、有機物が確認されれば、地球の生命起の研究に大きく貢献すると期待されている。

はやぶさとの主な違い(一例)

その他、イオンエンジンリアクションホイールの良、化学燃料スラスタの配管変更やサンプルの採取方法の複数化など、初代はやぶさ仕様がいくつも変更されている。あの伝説の「ニコイチ運用」(異なるイオンと中和器を組み合わせて一つのエンジンとするクロス運用)は、今回は標準装備とのこと。

はやぶさ2を応援しよう!(募集終了)

はやぶさ2の目的地「小惑星1999 JU3(仮称)」の名称が「Ryugu(リュウグウ)」決定!

平成27(2015)年7月22日)午後1時30分~平成27(2015)年8月31日午前10時00分(日本標準時)、の期間にて、「小惑星1999 JU3」の名称の募集が行われた。

1999JU3名称選考委員会により選考された。その結果を名称決定権のあるMITのLINEARチームに伝えられ天文学連合に提案された。その結果めでたく小惑星名「Ryugu」が天文学連合に承認された。
それを受けて2014年10月05日JAXAより名称決定の報告がなされた。(リンク参照)

「はやぶさ2」が目指す小惑星の名称が「Ryugu」に決定しました。exit

浦島太郎のお伽話に出てくる「竜宮城」からとられている。選考理由は以下のとおり

なお小惑星Ryugu日本語にて表記する場合、文体の表記の慣例上カタカナ小惑星リュウグウであること注意。「小惑星竜宮」ではない。
余談であるが「小惑星Itokawa」も「小惑星イトカワ」である。

その他

関連ニュース

打ち上げまでの流れ(探査機「はやぶさ」記事からの転載を含む)

打ち上げからRyugu(リュウグウ)到着まで

小惑星Ryugu到着以降(とミッションスケジュール)


<今後の予定>

(随時追加と更新をお願いします)

関連動画

はやぶさ2の説明・解説の動画

打ち上げ前の報道公開時の様子

H-IIAロケット26号機によるはやぶさ2の打ち上げの様子

はやぶさ2を題材とした楽曲・作ってみた動画など

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

公式サイト

脚注

  1. *既に々はその先を見据えて走り出しています。「はやぶさ」の数多くの失敗点を肝に銘じつつ、次こそは波乱万丈とは縁の航となるように、もうこの手で探機本体を再突入させずに済むように、新たな地に向けて全を尽くします。引き続き、見守って頂ければ幸いです。→https://twitter.com/Hayabusa_JAXA/status/80316726457278464exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F%E3%80%8C%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%81%952%E3%80%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小惑星探査機「はやぶさ2」

82 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 21:09:40 ID: PHgejX0Oyc
タッチダウンに向けて降下開始!
頼んだぞ・・・
83 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 22:10:40 ID: svvXqGZQKo
リュウグウ宇宙生物発見される!
84 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 09:14:11 ID: vo9uo8UUq7
2月22日午前7時50分頃、1回タッチダウンミッション成功!
85 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 14:47:45 ID: UrXRJTbWxo
表面がごつごつの岩だらけで、着陸可地がわずか直径6mと言う、まさに竜宮』にふさわしい寄せ付けない地なのに、その針のを通すがごとく着陸に成功してしまうとは。
86 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 18:04:12 ID: dpXu8egmLD
津田PMもタッチダウン成功を報告する記者会見で言われたけど、初代が成しえなかったプロジェクタタイル射出を今回成功させたことで、「微小重力体からのサンプル回収技術」は全工程一応の実を得られることが出来た。
今日々がより遠くの体からサンプルを回収する術を確立した記念日だ!アメリカ旧ソ連が約40年前に残した足跡から先に進んだ喜ばしい日だ!

人類の前進に皆一緒にしよう!!
87 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 18:32:50 ID: yEmpM17jAm
気を抜かずに事に帰ってこい
88 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 18:45:18 ID: MxIUZ0KHBF
おつかいは帰るまで終わらないからな、気を抜けない
89 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 20:21:03 ID: w5LDL8Ns4b
教授「対ショック閃光防御」

それはインパクタの時に取っておきましょうよw
90 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 09:17:30 ID: UaiEXQDk0v
しかし、地表面があの状態となると、撃採取の時にも難しくなるのではないだろうか。
十分な直径のクレーターは掘れるのだろうか、変なに岩塊だらけになったりはしないだろうか。
まぁそれであっても十分な知見は得られるわけだから、帰還最優先でお願いします。
91 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 23:55:06 ID: PHgejX0Oyc
クレーター生成確認!おめでとう

急上昇ワード