小松式ドネーション単語

コマツシキドネーション
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

小松式ドネーションとは、プロ野球における投手の「貢献度」を計る標である。

小松聖式計算法」、もしくは単に「小松式」や「ドネーション」などとも呼ばれ、正式名称は定まっていないが、データサイトプロ野球ヌルデータ置き場」(現「nf3 -Baseball Data House-exit」)に「小松式ドネーション(KD)」の名称で採用されたため、本項もそれに倣う。

概要

計算式は以下の通り。

(投球回数×3)+(勝利ホールド+セーブ)×10=KD

KD×1000ドネーション

投球回数×3とは、即ち「獲得アウト数」のことである。この計算式によってめられたドネーション額が高いほど、シーズンを通してのチーム勝利への貢献度が高いことを示す。

元ネタは当時オリックス・バファローズ小松聖が行っていた「ONEアウトドネーションexit」。これは小松が一軍での成績に基づき、「1アウトを取る=1,000円、勝利ホールド・セーブを挙げる=10,000円、リーグ優勝・日本一タイトル獲得=100,000円」という計算方法で算出された額を、保護団体に寄付するというもの。しかし、2011年小松の成績は一軍登板1試合、0勝0敗0ホールド0セーブ、投球回数1/3回というもので、チームも4位だったためこの計算式に基づくと1000円しか寄付できないことがシーズン中から一部でネタにされていた。

ところが、シーズンも終わりに近付いた2011年10月13日なんJに「小松聖式計算法 投手成績exit」というスレッドが立つ。小松ドネーションの計算式を用いた、2011年シーズン投手ドネーション額が発表され、それを見た住人から「印度とばっちり」「妥当すぎてワロタ」「文句の付け所が見当たらん」「ぐうの音も出ない」と高く評価され、元ネタである小松ドネーション額が最低額の1000円という見事なオチも決まって話題となった。

計算が非常に簡単であり、従来較の難しかった先発投手リリーフ投手を同列に評価することが出来るという点、また勝ちに恵まれなくてもイニング数を稼ぐ投手2011年マキシモ・ネルソンなど)が高評価となる点がポイント。またその性質上、シーズンを通して活躍しないと高い数値をたたき出すのは難しく、離脱期間のある選手や、シーズン途中から台頭してきた選手は数字が低めになる。なお、元ネタリーグ優勝・日本一タイトル獲得=10万円」はいて計算する。

防御率奪三振WHIPなどは一切考慮されず、あくまで「選手の」ではなく「シーズンを通したチームへの貢献度」を計る標である。もちろん、の高い選手ほど長いイニングを任されやすく、また勝ちホールド、セーブを稼ぎやすいので、ドネーション額の高い投手が高いということは言える。

ホールドの評価が高すぎるのではないか?」という批判もあるが、下記の球団別ドネーション額を見ていただければ解る通り、普通セットアッパーはおおよそチーム内で4~5番ドネーション額になり、そう極端には跳ね上がらない。一部の投手の酷使が極端なだけで、基本的には先発投手リリーフ投手となる標である(たとえば、150イニングで8勝の先発投手530KD)と同等の数字を中継ぎ投手が出そうと思ったら、60試合60イニングでも35ホールポイントを稼ぐ必要がある)。

プロ野球ヌルデータ置き場にSABR系標として採用されるなど、ネタから生まれた標が、2chえて広まりを見せつつある。2ch発のセイバーメトリクス(?)標として一般に認知される日もいつか来る……かもしれない。もっとも、イニング数はともかく、「勝利ホールド・セーブ」という「結果」を評価する小松式ドネーションは、結果よりも「内容」を問うセイバーメトリクスの思想とは本来対極にあるのだが……。

なお、この標を産み出した小松聖2016年シーズンをもって現役を引退したが、ほかの投手がどれだけのドネーション額をたたき出しても、実際にドネーションしてを救っていたのは小松だけであったことを忘れてはならない。

年度別ドネーション金額1位

ホールドが現在の規定となった2005年以降。

セ・リーグ パ・リーグ
2019年 山口俊 \660,000 松井裕樹 \729,000
2018年 菅野智之 \756,000 多和田真三郎 \678,000
2017年 菅野智之 \732,000 デニス・サファテ \788,000
2016年 スコット・マシソン \740,000 デニス・サファテ \697,000
2015年 前田健太 \769,000 デニス・サファテ \744,000
2014年 メッセンジャー \755,000 則本昂大 \748,000
2013年 西村健太朗 \775,000 田中将大 \886,000
2012年 前田健太 \759,000 増井浩俊 \785,000
2011年 浅尾拓也 \882,000 ダルビッシュ有 \876,000
2010年 浅尾拓也 \841,000 金子千尋 \793,000
2009年 浅尾拓也 \800,000 涌井秀章 \795,000
2008年 グライシンガー \788,000 岩隈久志 \815,000
2007年 久保田智之 \874,000 涌井秀章 \809,000
2006年 川上憲伸 \815,000 斉藤和巳 \783,000
2005年 藤川球児 \817,000 松坂大輔 \785,000

2019年のドネーション金額ランキング

過去ドネーション過去ログ)↓
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年

埼玉西武ライオンズ

  1. ¥657,000 平井克典
  2. ¥619,000 増田達至
  3. ¥476,000 今井達也
  4. ¥471,000 高橋光成
  5. ¥421,000 ザック・ニール
  6. ¥356,000 十亀剣
  7. ¥334,000 本田圭佑
  8. ¥326,000 松本航
  9. ¥315,000 小川龍也
  10. ¥255,000 カイル・マーティン

福岡ソフトバンクホークス

  1. ¥671,000 千賀滉大
  2. ¥599,000 森唯斗
  3. ¥588,000 リバン・モイネロ
  4. ¥549,000 高橋礼
  5. ¥536,000 甲斐野央
  6. ¥399,000 武田翔太
  7. ¥368,000 大竹耕太郎
  8. ¥353,000 高橋純平
  9. ¥328,000 アリエル・ミランダ
  10. ¥313,000 嘉弥真新也

東北楽天ゴールデンイーグルス

  1. ¥729,000 松井裕樹
  2. ¥522,000 森原康平
  3. ¥511,000 美馬学
  4. ¥473,000 アラン・ブセニッツ
  5. ¥462,000 石橋良太
  6. ¥462,000 辛島航
  7. ¥406,000 宋家豪
  8. ¥402,000 フランク・ハーマン
  9. ¥340,000 青山浩二
  10. ¥311,000 岸孝之

千葉ロッテマリーンズ

  1. ¥606,000 益田直也
  2. ¥486,000 石川歩
  3. ¥456,000 二木康太
  4. ¥450,000 種市篤暉
  5. ¥423,000 酒居知史
  6. ¥374,000 松永昂大
  7. ¥349,000 岩下大輝
  8. ¥349,000 ボルシンガー
  9. ¥342,000 涌井秀章
  10. ¥327,000 東條大樹

北海道日本ハムファイターズ

  1. ¥643,000 有原航平
  2. ¥582,000 宮西尚生
  3. ¥475,000 秋吉亮
  4. ¥453,000 石川直也
  5. ¥429,000 金子弌大
  6. ¥424,000 ロドリゲス
  7. ¥357,000 公文克彦
  8. ¥336,000 加藤貴之
  9. ¥316,000 玉井大翔
  10. ¥281,000 堀瑞輝

オリックス・バファローズ

  1. ¥640,000 山岡泰輔
  2. ¥509,000 山本由伸
  3. ¥481,000 増井浩俊
  4. ¥419,000 近藤大亮
  5. ¥377,000 海田智行
  6. ¥357,000 ディクソン
  7. ¥347,000 K-鈴木
  8. ¥268,000 澤田圭佑
  9. ¥268,000 榊原翼
  10. ¥220,000 比嘉幹貴

読売ジャイアンツ

  1. ¥660,000 山口俊
  2. ¥564,000 中川皓太
  3. ¥519,000 菅野智之
  4. ¥441,000 C.C.メルセデス
  5. ¥405,000 桜井俊貴
  6. ¥376,000 田口麗斗
  7. ¥329,000 高橋優貴
  8. ¥305,000 澤村拓一
  9. ¥292,000 高木京介
  10. ¥275,000 今村信貴

横浜DeNAベイスターズ

  1. ¥640,000 今永昇太
  2. ¥606,000 エスコバー
  3. ¥550,000 山崎康晃
  4. ¥498,000 三嶋一輝
  5. ¥472,000 上茶谷大河
  6. ¥354,000 石田健大
  7. ¥348,000 国吉佑樹
  8. ¥330,000 パットン
  9. ¥317,000 濱口遥大
  10. ¥260,000 平良拳太郎
    ¥260,000 大貫晋一

阪神タイガース

  1. ¥617,000 西勇輝
  2. ¥598,000 藤川球児
  3. ¥596,000 ジョンソン
  4. ¥520,000 青柳晃洋
  5. ¥506,000 ラファエル・ドリス
  6. ¥451,000 岩崎優
  7. ¥371,000 オネルキ・ガルシア
  8. ¥369,000 高橋遥人
  9. ¥338,000 島本浩也
  10. ¥322,000 能見篤史

広島東洋カープ

  1. ¥630,000 大瀬良大地
  2. ¥595,000 フランスア
  3. ¥580,000 ジョンソン
  4. ¥489,000 床田寛樹
  5. ¥464,000 九里亜蓮
  6. ¥388,000 カイルレグナルト
  7. ¥346,000 野村祐輔
  8. ¥343,000 菊池保則
  9. ¥305,000 アドゥワ誠
  10. ¥276,000 中崎翔太

中日ドラゴンズ

  1. ¥631,000 ロドリゲス
  2. ¥623,000 大野雄大
  3. ¥622,000 柳裕也
  4. ¥429,000 エンニー・ロメロ
  5. ¥381,000 岡田俊哉
  6. ¥358,000 福敬登
  7. ¥352,000 R.マルティネス
  8. ¥227,000 藤嶋健人
  9. ¥225,000 鈴木博志
    ¥225,000 山井大介

東京ヤクルトスワローズ

  1. ¥556,000 スコット・マクガフ
  2. ¥543,000 梅野雄吾
  3. ¥529,000 小川泰弘
  4. ¥497,000 デビッド・ハフ
  5. ¥453,000 石川雅規
  6. ¥379,000 近藤一樹
  7. ¥339,000 ブキャナン
  8. ¥326,000 高橋奎二
  9. ¥284,000 高梨裕稔
  10. ¥269,000 石山泰稚

総合TOP20

  1. ¥729,000 松井裕樹東北楽天ゴールデンイーグルス
  2. ¥671,000 千賀滉大福岡ソフトバンクホークス
  3. ¥660,000 山口俊読売ジャイアンツ
  4. ¥657,000 平井克典埼玉西武ライオンズ
  5. ¥643,000 有原航平北海道日本ハムファイターズ
  6. ¥640,000 山岡泰輔オリックス・バファローズ
  7. ¥640,000 今永昇太横浜DeNAベイスターズ
  8. ¥631,000 ジョエリー・ロドリゲス 中日ドラゴンズ
  9. ¥630,000 大瀬良大地広島東洋カープ
  10. ¥623,000 大野雄大中日ドラゴンズ
  11. ¥622,000 柳裕也中日ドラゴンズ
  12. ¥619,000 増田達至埼玉西武ライオンズ
  13. ¥617,000 西勇輝阪神タイガース
  14. ¥606,000 エドウィン・エスコバー横浜DeNAベイスターズ
  15. ¥606,000 益田直也千葉ロッテマリーンズ
  16. ¥599,000 森唯斗福岡ソフトバンクホークス
  17. ¥598,000 藤川球児阪神タイガース
  18. ¥596,000 ピアースジョンソン阪神タイガース
  19. ¥595,000 ヘロニモ・フランスア広島東洋カープ
  20. ¥588,000 リバン・モイネロ福岡ソフトバンクホークス

関連リンク

2019年現在、小松式ドネーションの最新の数字は以下のサイトで確認できる。

nf3」では投手成績ページの「各種標」内の「KD」が小松式ドネーション。
freefielder.jp」では、MLBの小松式ドネーションランキングも取り扱っている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E5%BC%8F%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小松式ドネーション

98 ななしのよっしん
2017/09/20(水) 17:52:01 ID: lL+2nDI5O8
82
盗塁    0.25
盗塁死 -0.50

やっぱり盗塁(盗塁-盗塁死*2)って標だわ
99 ななしのよっしん
2017/12/13(水) 02:48:17 ID: Squv18DP50
久しぶりに思い出したけど2017年もまとめられてたのね おつかれさん
やっぱ優秀な標やわ
100 ななしのよっしん
2018/05/14(月) 19:22:54 ID: G0BE1nQPYG
リンク先が怪しいページになってるぞ
101 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 04:12:19 ID: 9haWWD9GUl
敗戦処理だったり2軍落ちすると低くなる仕組みだから印通りという評価になりやすいんだろうな
あとチーム全体で見るとどこが先発重視チームでどこがリリーフ依存チームなのかが分かりやすいのが良い
102 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 18:37:28 ID: +0iHySsK4s
小松式ドネーション歴代トップ5は下、杉浦、稲尾、スタルヒン権藤
流石というかやっぱりというか
103 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 23:16:43 ID: qKUPHugV3I
https://freefielder.jp/magic/kd/exit
今期はこのサイト更新中。
104 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 01:21:24 ID: p9CmkIaSrH
2018年分も見たけどやっぱ有能標やわこれ
とぴったりや
105 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 06:28:49 ID: 9haWWD9GUl
リリーフ投手はよっぽどクラスの成績を毎年安定して挙げ続けていないと
通算では毎年規定投球回をえて二桁以上勝ってるエース級には絶対勝てない仕組みになっている。
中継ぎ時代はホールドが規定されていないハンデがあるとはいえ1000登板400セーブ岩瀬ですら、
通算では150勝以上してる先発投手に押されているみたいだから投球回ってやっぱり重要だわ。
106 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 21:17:51 ID: U0y9m/VPv8
https://friday.kodansha.co.jp/article/65274exit
>新たな「ランキング標」が必要になってきた。

これは小松式ドネーションの出番か?
107 ななしのよっしん
2019/10/02(水) 02:02:49 ID: lK0gQUV3QQ
今年は先発のイニング数が軒並み低かったためか、救援投手が割と高い順位にいる

急上昇ワード