小林源文単語

コバヤシモトフミ

小林源文こばやし もとふみ、1951年1月28日 - )とは、日本漫画家イラストレーターである。名前の読みは「もとふみ」であるが、「ゲンブ」の読みも黙認状態である。

概要

福島県生まれ、幼少期より東京都在住。1980年代から現在に至るまで戦争劇画を描き続けている、ミリタリー漫画の第一人者。もちろん戦争を題材にした漫画は、か昔「のらくろ」の時代から盛んに描かれているが、ミリオタに膾する戦争漫画を描ける人物といえばまず出てくる名前である。

本人く「SFもやりたい」「長編は飽きるので描けない」とのこと。実際にはSF漫画も描いているし、「Cat Shit One」という長編も描いている。

萌え」は嫌いだったらしいが、「Cat Shit One」以後ほんの少し変わっており、萌えミリ関係の本にちょこちょこ寄稿している。最近ではガルパンアンソロジーにまで名を連ねるようになったが、女の子ではなくウサギになっている。「ガルパン理解出来ないけど意味は分かる」とのこと。

一等自営業 ◆JYO8gZHKO.」のハンドルで稀に2ちゃんねる軍事板スレッド投稿していた事でも知られている。現在は出没していないようで、本記事の掲示板>>6)によれば撃できた最後の書き込みは2007年5月11日とのこと。

また「World of Tanks」をちょくちょくプレイしており、戦果がTwitterで報告されている。

佐藤」「中村」の2名がほぼ全作品に登場する。「佐藤」は「佐藤大輔」の項に、「中村」は「ちくしょう!!いつか殺してやる!!」に詳しい。

また自衛隊の最高指揮官である統幕議長はたいてい「斉藤三弥」という人物になっている。

イラストレーターという仕事に対しては絶対的なプライドを持っており、後進の育成にも関わっている。

主な作品

チタデレ クルスクの大戦車
ジャガーバックス「壮ドイツ機甲軍団」内に掲載。タイトル通り、クルスクの戦いにおける大戦車戦を描く。
クリストローゼ 最後の反撃・バルジの戦い
同じく「壮ドイツ機甲軍団」内に掲載。ヨヘン・パイパーの部隊の活躍を描く。クリスマスにはアンワープへ一番乗りだ!

※上記2作品は作者オフシャルサイトで読むことが出来る

黒騎士物語
氏の初単行本であり、代表作。独ソ戦後半の敗色濃い東部戦線舞台にした、エルンスト・バウアー中尉率いる黒騎士中隊の壮絶な戦記物語。「ケツをなめろ!」「情け用!ファイア!」などの名セリフが印的。この作品から、氏の作の最大の特徴となる、「BRAM!」「BAKOM!」と言った、アメコミオノマトペが出てくる。
PANZER VOR! パンツァーフォー!
独ソ戦開始時から始まり、通信手ヴィルヘルム・ハントがモスクワ攻略戦に参加するが負傷。アフリカ戦線で戦車長となり、再び東部戦線ティーガーに乗ってクルスクの戦いを経験。少尉に任官されるが東部戦線崩壊を経てノルマンディーの戦いで米軍と対決。葉付騎士十字章を授与の後バルジの戦いからベルリン戦へと戦い続ける…という話である。要するにヴィルヘルム・ハントは実在戦車エースエピソードを集めたようなキャラクターとなっている。
ソルジャーブルース
一転して、1980年代初頭が舞台世界大戦の危機を防ぐために、世界ハトの軍人により組織された影の部隊の活躍を描く。主人公日本人の元不良少年コードネームミスターZZ。彼と元ソ連軍人のミスターYY、元米軍人のイスラム教ミスタXXという三人のはみ出し者が、表向きには死んで存在しないはずの戦士ゾンビコマンド」となる。前作主人公ハントが彼らの指揮官として再登場する。
街道上の怪物
初期短篇集。街道上に居座ってドイツ軍の進軍を止めたKV-1戦車の戦いを描く表題作をはじめ、様々な戦記物語が収録されている。
カングルッペZbv
入ったら生きて出られないという懲罰部隊、カングルッペZbvに入ることになった戦車アッシュ物語
装甲擲弾
装甲ハーフトラック戦場を駆け巡るSS装甲擲弾兵、フランツの戦いを描く戦記物語
パンツァークリーク
ドイツ陸軍のエリート戦闘部隊、グロスドイッチュラント師団の戦いを、主人公ヴェルナー軍曹を中心に描く。タイトルに反して、歩兵戦を題材にした作品である。
東部戦線舞台に、突撃フェンリア」のハーゲン軍曹と、赤軍戦車兵ゴロドクの因縁の戦いを中心に、未来人おじさんと甥の少年コンビタイムトリップして歴史に干渉しまくるというコメディ要素の強い作品。上記のパンツァーフォー!のハントがちょい役で出演したり、黒騎士物語カングルッペZbv・炎の騎士パンツァークリークの登場人物が一堂に会する話もある。
ハッピータイガー
ソ連軍の捕虜、川島大尉がわけあって逆福マーク付きのティーガー(ハッピータイガー)に乗って日本す。
死神
最も有名な戦車エースの一人、ミハエル・ヴィットマンの戦いを描くノンフィクション。上記のバウアー中尉友情出演?している。
炎の騎士
バルジの戦いで知られる「パイパー・カングルッペ」の指揮官、ヨヘン・パイパーの半生を描くノンフィクション。上記クリストローゼのリメイクとも言える作品。
レイド・オン・トーキョー
冷戦期のソ連の脅威が現実的だった時代を反映する架空戦記。上記「佐藤」「中村」の初登場作品。
バトルオーバー北海道
これも冷戦期のソ連侵攻を想定した架空戦記。「佐藤」のモデルになった佐藤大輔氏がストーリー。同時間軸での西ドイツ戦線を描く「第三次世界大戦」もあり、近年は同じコミックスにまとめられている。
Cat Shit One
上記黒騎士物語と並ぶ氏の代表作。1960年代、ベトナム戦争のまっただ中、米軍兵士パッキー、ラッツ、ボタスキーの三人組がベトコンを相手に縦横尽に活躍する。しかしキャラクター全員ウサギなどの動物で描かれる。鳥獣戯画ミリタリーをやってると思いねぇ。
バルバロッサ作戦
タイトル通り、独ソ戦開戦初頭の戦いを描くノンフィクション。この後、「タイフーン作戦」「ブラ作戦」…とシリーズが続いている。特定主人公的存在はなく、数多くの兵士たちの群像劇のような構成になっている。

関連動画

関連商品

関連項目・リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%BA%90%E6%96%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小林源文

42 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 01:40:05 ID: Q2NgfBnGtF
さすがに軽率だったと感じたようで、発言自体は削除済み。

togetterは大論争だが
43 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 14:23:39 ID: Ouam7NWXbt
先生に限らず最近クチの悪い大先輩たちが増えてきてミリタリー明日が心配・・・・・・。
44 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 00:11:43 ID: PlZr/LEGCH
もう終わってる界でしょう
昔からいる頭のおかしなオジサンばかり残ってるから、若手が全然入ってこない
45 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 12:05:13 ID: MUTWbvUDzV
でもはそんな先生を支持するぜ、ミリタリーなんて陽の世界に生きられない
はみだしもののクズってなんぼさ、人が多く死ぬ戦争兵器する人間なんて
狂っててなんぼよ、そこが面い、殺人兵器好する連中が品行方正な方が気持ち悪い
ミリタリー世界は狂気なんだよ…
46 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 18:40:02 ID: rfjpK1oiZV
元々ちょい痛いオッサンではあったけど
お爺ちゃんクラスだし口が悪いのは仕方ないでしょ
本人が歳で画力落ちて気弱になったのもあると思うけど
かなり大人しくなって柔和になった方だと思うわ
47 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 03:15:59 ID: XJzol0VAZg
当人に実際にお会いした事があったが、なんか偏屈なじいちゃんって感じだったな。
サイン会をするっていうから会ってみたけど正直なんだかなぁって感じ。すっげーぶっきらぼう。
48 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 09:41:27 ID: S699Y1F6NJ
いや、スペースが確保されたM36なんて存在しないし妥当な摘でしかいだろ
そもそも女如きが着ていいじゃない
49 ななしのよっしん
2019/08/31(土) 15:14:13 ID: 4dpfnC/vbC
この人も時代に合わせてアップデートできないまま、古い知識で若造に説教する典的な老害になっちまったな…
50 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 09:27:00 ID: 8tr2tFfK4m
ホラ吹きおじさん
51 削除しました
削除しました ID: UIHjuh4K7H
削除しました