小林陵侑単語

コバヤシリョウユウ

小林陵侑(りょうゆう)とは、日本スキージャンパーである。

概要

1996年11月8日生まれ。岩手県八幡平はちまんたい)出身。

の潤志郎の諭果、尚もスキージャンプ選手である。

中央高等学校在学中は、ノルディック複合にも参戦していたが、内のスキージャンプ大会でも少年の部での優勝などの高い成績を残していた。

土屋ホーム加入後

2015年高校卒業後は、葛西紀明が選手兼監督を務める土屋ホームスキー部に加入、ジャンプに的を絞った。

2016年1月23日に、スキージャンプW杯に参戦、翌24日の個人戦(ポーランド・ヴィスワ)で7位入賞を果たした。
また同年開催されたジュニア選手権で、個人ノーマルヒル、団体ノーマルヒル銅メダルを獲得した。

2018年に開催された平昌五輪では日本代表として選ばれ、個人ノーマルヒルで7位、個人ラーヒルで10位の結果を残した。

2018-2019シーズン

同年のFISサマーグランプリで2勝を挙げた後、迎えた2018-2019シーズンスキージャンプW杯で大きく飛躍する。

個人の開幕戦となったポーランド・ヴィスワでは初の3位表台に乗ると、次戦のフィンランドルカで2連勝を飾り、ランキングトップに躍り出た。

その後もニジニ・ダギルロシア)、エンゲルベルグ(スイス)でもそれぞれ1勝を挙げ、年末年始に開催されるジャンプ週間(フォーヒルズ・トーナメント)に挑んだ。

既に前評判では海外でも陵侑がタイトルを獲得するという予想が多い中、オーベルストドルフ(ドイツ)、ガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)、インブルックオーストリア)、ビショフスホーフェン(オーストリア)の全てのラウンドで勝利を果たし、スヴェン・ハンバルトドイツ)、カミル・ストッフ(ポーランド)に継ぐ史上3人グランドラム達成の快挙を成し遂げた。
日本人としてのジャンプ週間制覇も、1997-1998シーズンの船木和喜以来、2人の快挙である。

その後、ヴァル・ディ・フィエンメ(イタリア)での勝利を最後にしばらく勝利から遠ざかったものの(札幌では2日に3位表台)、オーベルストドルフのフライングヒルでの2日に、自身初のフライングヒルでの優勝を手にし、シーズン10勝を達成した。
さらに2月17日のヴィリンゲンでの個人第2戦でも優勝、そして3月10日、オスロでの個人戦で5位に入り、残り5戦を残して日本人初のW杯総合優勝を果たした。

その後、ノルウェーの4つのジャンプ台で予選、個人、団体でのスコアの合計で争うRAW AIR(ロウエア)という選手権においても、トロンハイムの優勝、ヴィケルスンの2位を含めた高い成績を残し、総合優勝を果たした。
さらに、フライングヒルのプラニツァで、日本新記録、世界2位タイとなる、252mを記録した。

終わってみれば、シーズン13勝(史上2位タイ)、ポディウム21回、2000ポイントオーバーという圧倒的大差でシーズンを終えた。しかもW杯で獲得出来る全てのタイトルジャンプ週間、ヴィリンゲン5、RAW AIR、プラニツァ7、フライング選手権)を総なめにするという快挙も成し遂げた。
モータースポーツで言えば、F1チャンピオンだけでなく、世界三大レースと言われるF1モナコGP、ル・マン24時間レースインディ500も「その年だけで全て」優勝するほどの快挙である。

同年、オーストリアで開催された世界選手権では、個人ラーヒルで4位、個人ノーマルヒル14位と、いずれもメダルを逃してしまうが、男子団体では銅メダルを獲得し、日本代表に10年ぶりのメダルをもたらした。

関連動画

関連商品

小林陵侑に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

小林陵侑に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%99%B5%E4%BE%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小林陵侑

1 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 01:08:59 ID: V54F93SNUr
凄すぎ
2 RERA_X
2019/01/29(火) 22:52:25 ID: BpKO+dhPAe
札幌大倉山で観戦したけど、弱いに負けてしまった感があって、理不尽極まりなくて悔しい。

急上昇ワード

2019/10/17(木)12時更新