小沢健二単語

オザワケンジ

小沢健二とは、1990年代に活躍したミュージシャンである。
称は「オザケン」。

概要

1990年代前半に流行した「渋谷系」という音楽ジャンルの代表的ミュージシャンの一人。多くの熱狂的ファンを生んだが、人気絶頂の最中であった1990年代末から活動を突如縮小し、一時はメディアへの露出をやめていたこともある。
2010年より歌手活動を再開して現在に至る。

経歴

1968年神奈川県相模原市生まれ。

ドイツ文学者、は臨床心理学者、叔父世界クラシック揮者の小澤征爾という名門の庭に生まれた。幼少期のドイツでの生活の後、一浪して東京大学教養学部に入学するというインテリである。

1989年東大在学中に小山田圭吾らとロリポップソニック(後のフリッパーズ・ギター)を結成。ピチカート・ファイヴらとともに後に「渋谷系」と呼ばれた、1960年代~1970年代洋楽の雰囲気を色濃く残した楽曲を多く発表し注された。1991年に解散。

1993年ソロデビュー。「王子様」と自称し、甘く切ない曲を多く発表し人気を獲得した。1994年スチャダラパーとの共作『今はブギー・バック』を発表。日本に本格的なヒップホップR&B一般化させるスマッシュヒットとなった。

1998年歌手活動を実質活動停止(オリジナルアルバム2002年2006年に発表はしている)。以降テレビ出演を一切控え、以降は環境問題活動家としての活動を中心に行っていた。

2010年、突如歌手活動を本格的に再開。同年5月6月ライブツアーひふみ」を敢行した。
2010年代以降は断続的にライブを行っている。
また、2014年3月20日(木)の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに16年ぶりのテレビ出演を果たす。番組会のタモリが以前から歌詞を絶賛していたオザケンの「さよならなんてえないよ」を生歌唱するなどし、同年3月31日放送終了した「いいとも」にを添えた。

2017年2月22日、19年ぶりとなるCDシングル「流動体について」をリリース
この新曲CDシングルリリースについては同年2月20日に突如発表されたものであり、ファンを驚かせた。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E5%81%A5%E4%BA%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小沢健二

10 ななしのよっしん
2011/10/06(木) 16:06:44 ID: goG+u8ark0
>>4 同意
当時は王子様としてもてはやされていたけど、
あらためて聴くとものすごい音楽的才詩人としての才を感じる
11 ななしのよっしん
2012/07/02(月) 18:46:15 ID: l7LeXEI0HV
当然のように弾きこなしてるけど、ギター上手いよねえ?
12 ななしのよっしん
2012/07/24(火) 04:57:58 ID: nlMrfstE+4
オザケンTVで歌ってた時代に行きたい生きたい
13 ななしのよっしん
2013/05/14(火) 13:59:32 ID: J2mgsLyfcv
hideオザケンガチ天才
14 ななしのよっしん
2014/03/20(木) 23:54:13 ID: 6rJU3Vw9ki
まさかいいともに再び出演するとはな
生歌といい感動した
15 ななしのよっしん
2016/04/04(月) 03:04:04 ID: L60wbR7zSP
突然思い出して猛に再評価した。
歌詞が本当に素敵で詩人のようだ。
16 ななしのよっしん
2017/02/21(火) 22:23:53 ID: 6uJG9DfalS
>>azB01MUXZVTRexit_nicoichiba

まさか21世紀になってオザケンの新曲を買うことになろうとは
17 ななしのよっしん
2017/02/23(木) 11:35:18 ID: JUf/uZPj7I
>>16
この新曲のジャケットっていわゆる7インチサイズのEPレコードと同じサイズなんだよね
ネット配信が当たり前の時代にこういうのを出してくる辺りのひねくれ方もオザケンっぽい
18 ななしのよっしん
2017/03/29(水) 14:55:38 ID: z9HGg/JleF
>>11
そりゃまぁフリッパーズギター時代はギターメインでやってた人なわけで。
19 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 22:10:27 ID: Yr1/Z1NMC7
のような詞を書くよなあ
それがポップメロディにのってに心地よくくのがすごい
草野マサムネにもそういうところがある
ヒットメーカーの一つの才だね

急上昇ワード