小野不由美単語

オノフユミ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

小野不由美(おの ふゆみ)とは、人のにはとして感知される日本小説家である。

代表作に『悪霊シリーズ』(ゴーストハント)『十二国記』『屍鬼』など。

概要

大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属し、1988年に『バースデイ・イブは眠れない』で講談社X文庫ティーンハートからデビュー。第2作『メフィストとワルツ!』はのちに講談社が創刊した雑誌「メフィスト」の誌名の由来。1989年からスタートした『悪霊がいっぱい!?』に始まる悪霊シリーズヒットして人気作家になる。

1992年から講談社X文庫ホワイトハートで『十二国記シリーズを開始(当初はシリーズとは銘打たれておらず、世界観の共通する単発作品という扱いだった)。のちにアニメ化も果たし大ベストセラーに。

1994年には日本ファンタジーノベル大賞の最終選考作になった『東異聞』が新潮社から刊行。この頃からSF方面で注を集め始める。1998年に発表した大作『屍鬼』がベストセラーとなったことで一般文芸方面でも広く名前が知られるようになり、『十二国記』がホワイトハートから講談社文庫入りするなど幅広い人気を獲得した。

2003年に『くらのかみ』を刊行してからはぱったり本が出なくなり、長年ファンをやきもきさせた。2010年、悪霊シリーズリライト版『ゴーストハント』の刊行が開始して復活。2012年には新刊を2冊刊行、『十二国記』の新潮文庫移籍に伴い新刊の予定が告知と、待ちくたびれたファンを喜ばせる。

2013年、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。2019年にはついに『十二国記』の新作長編が18年ぶりに刊行。

デビューからしばらくは作家活動と行として同人活動を行っており、悪霊シリーズ十二国記の短編を同人誌として発行していたりする(十二国記の短編は、後に短編集『胥の幽夢』に収録)。『ゴーストハント』の漫画版を描いているいなだ穂は、いなだの同人誌を読んだ小野が直々に名したそうな。

ファンからは崇拝の念を込めて「上」「小野上」(※しゅじょう、と読み、「十二国記」においてに等しい存在である天帝や王への尊称)と呼ばれることが多い。

夫は推理作家綾辻行人京都大学推理小説研究会で知り合い86年に結婚、その後続けてデビューしている。建築を学んだことがあるため、の館シリーズなどの見取り図を手がけており、が新作の構想を練る際には夫婦で「こういう構造の館にしたいんだけど」「それは建築的にちょっと理」「そこをなんとか」みたいな相談をしているらしい。

作品リスト(刊行順)

  1. バースデイ・イブは眠れない1988年講談社X文庫ティーンハート
  2. メフィストとワルツ!1988年講談社X文庫ティーンハート
  3. 悪霊なんかこわくない1989年講談社X文庫ティーンハート) ※悪霊シリーズではない
  4. 悪霊がいっぱい!?1989年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント1 旧校舎怪談2010年メディアファクトリー
  5. 悪霊がホントにいっぱい! (1989年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント2 人形の檻2011年メディアファクトリー
  6. 悪霊がいっぱいで眠れない (1990年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント3 乙女ノ祈リ2011年メディアファクトリー
  7. 呪われた十七歳 (1990年パンプキン文庫)
    → 過ぎる十七の1995年講談社X文庫ホワイトハート2016年講談社X文庫ホワイトハート[新装版])
  8. 悪霊はひとりぼっち1990年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント4 死霊遊戯2011年メディアファクトリー
  9. グリーンホームの亡霊たち (1990年パンプキン文庫)
    →  Home, Green Home1997年講談社X文庫ホワイトハート2015年講談社X文庫ホワイトハート[新装版])
  10. 悪霊になりたくない! (1991年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント5 鮮血の迷宮2011年メディアファクトリー
  11. 魔性の子1991年、新潮文庫ファンタジーノベルシリーズ2012年、新潮文庫[完全版])
  12. 悪霊とよばないで (1991年講談社X文庫ティーンハート
    → ゴーストハント6 からくるもの2011年メディアファクトリー
  13. 月の影 影の海 十二国記1992年講談社X文庫ホワイトハート[上下巻]→2000年講談社文庫[上下巻]→2012年、新潮文庫[上下感])
  14. 悪霊だってヘイキ! (1992年講談社X文庫ティーンハート[上下巻])
    → ゴーストハント7 を開けて2011年メディアファクトリー
  15. 風の海 迷宮の岸 十二国記1993年講談社X文庫ホワイトハート[上下巻]→2000年講談社文庫→2012年、新潮文庫)
  16. 悪夢の棲む ゴーストハン1994年講談社X文庫ホワイトハート[上下巻])
  17. 異聞1994年新潮社1999年、新潮文庫)
  18. 東の海神 西の滄海 十二国記1994年講談社X文庫ホワイトハート2000年講談社文庫→2013年、新潮文庫)
  19. の万里 明の 十二国記1994年講談社X文庫ホワイトハート[上下巻]→2000年講談社文庫[上下巻]→2013年、新潮文庫)
  20. 図南の翼 十二国記1996年講談社X文庫ホワイトハート2001年講談社文庫→2013年、新潮文庫)
  21. 屍鬼1998年新潮社[上下巻]→2002年、新潮文庫[全5巻])
  22. 祠の2001年、ノン・ノベル2004年祥伝社文庫→2007年、新潮文庫)
  23. 黄昏 十二国記2001年講談社文庫→2001年講談社X文庫ホワイトハート[上下巻]→2014年、新潮文庫)
  24. 胥の幽夢 十二国記2001年講談社文庫→2001年講談社X文庫ホワイトハート2013年、新潮文庫)
  25. くらのかみ2003年講談社ミステリーランド
  26. 2012年メディアファクトリー2015年角川文庫
  27. 残穢2012年新潮社2015年、新潮文庫)
  28. 緒の 十二国記2013年、新潮文庫)
  29. 営繕かるかや怪異2014年KADOKAWA2018年角川文庫
  30. はこ2015年岩崎書店) ※絵本
  31. 営繕かるかや怪異譚 その弐 (2019年KADOKAWA
  32. 白銀の墟 玄の 十二国記2019年、新潮文庫[全4巻])

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%B8%8D%E7%94%B1%E7%BE%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

小野不由美

7 ななしのよっしん
2012/08/02(木) 12:22:46 ID: o5dMMiA+Rl
新刊読んだけどじわじわ怖いwwww
映像はともかく読み物のホラーは結構気な部類なのに、トイレに行くのが怖くなったわリアルすぎて
多分想像ある人ほど怖いんじゃないかこれ
8 ななしのよっしん
2013/02/04(月) 02:36:55 ID: 1PbyZC+Yht
>ファンからは「上」「小野上」(※しゅじょう、と読む。「十二国記」で主人公中嶋陽子が上と呼ばれることから)と呼ばれる。

陽子だけじゃなくて王は全員そう呼ばれるからじゃね?
元々の意味は天皇に対する呼称だし
9 ななしのよっしん
2013/02/04(月) 03:43:17 ID: g2gK8IGV6c
サイレンつながりで今更この方について知ったのだけど(屍鬼って作品自体は知ってた
さんと夫婦なのも驚いたが、なによりめったに顔出ししないらしいのにめさくさ綺麗な方じゃないか・・・!ホラー美人は相性?いいよね
10 ななしのよっしん
2013/05/23(木) 22:36:43 ID: zWsBGdGVrP
何!小野さん美人なのか…あーや羨ましいぞ
11 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 23:26:26 ID: 1XKMRc+zA9
小野不由美検索したら普通に出てきた
今は50越えててその写真はいくつの時に取ったのかはわからないけど
若くてかわいらしい感じだった
12 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 23:32:01 ID: Y265qaoIhA
50過ぎ…?が知った時にはまだ30代だったはずだが…。
13 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 23:50:36 ID: 1XKMRc+zA9
年取ったんだよ君も
1960年12月24日生まれだからそうだよね
14 ななしのよっしん
2013/12/31(火) 04:42:00 ID: adSL1KqjiU
新本格全盛期には小柄で可愛い感じだった
可愛い学生結婚カップルだとよく話題に登っていた
15 ななしのよっしん
2014/09/20(土) 07:13:45 ID: y+/Z2cEHDD
サークル内で学生結婚とはけしからんのう
16 ななしのよっしん
2015/06/20(土) 13:10:50 ID: 1XKMRc+zA9
https://twitter.com/12koku_shincho/status/612037315137966080exit

十二国記は執筆中
残穢は実写化だってさ

急上昇ワード