少女☆歌劇 レヴュースタァライト単語

ショウジョカゲキレヴュースタァライト
9.3千文字の記事
  • 26
  • 0pt
掲示板へ

少女☆歌劇 レヴュースタァライト』とはブシロードネルケプランニングによるメディアミックス作品である。2018年7月より9月までTBS他でテレビアニメが放送された。

概要

キラめきに溢れる『舞台少女』をめぐる物語未来舞台女優少女たちの元に1通のメールが届き、を掴むために9人の舞台少女オーディションに集結する。各々の想いを、執着を、運命をかけた舞台で、レヴューの幕が上がる。

本作はミュージカル×アニメで紡ぐ「二層展開式少女歌劇」と銘打ち、舞台アニメリンクさせながら展開される。いわゆる2.5次元ミュージカルに近い作品であるが、ミュージカル原作とし、舞台アニメキャストが同じであるところが従来の2.5次元ミュージカルとの違いである。

2017年9月に最初のミュージカル#1が演され、翌年7月からテレビアニメが放送開始、同年10月に続編となるミュージカル#2が演、2021年ミュージカル#3が演された。
舞台アニメ以外にも、漫画アプリゲームライブコンサートなどのメディアミックスも行われている。

ゲームアプリ少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-』(スタリラ)が配信中。2018年6月23日から事前登録が開始され、10月21日Android版、10月28日iOS版がリリース

テレビアニメは上記の通り、ミュージカル1作に続くかたちで2018年7月より9月まで放送された。放送局はTBS/MBSほか。なおアニメ版の声優ミュージカルの演者がそのまま務めた。

また2019年11月3日には映画化の情報が解禁され、「再生総集編」と「全新作劇場版」の2作品の製作が発表。再生総集編少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」は2020年8月7日に、新作劇場版2021年6月4日にそれぞれ開された。

2022年2月にはゲームアプリ(スタリラ)の舞台化が行われた。同年10月には続編舞台が決定した。
2023年には新たな音楽学園舞台演が予定されている。

登場人物

愛城華恋(あいじょう かれん)百アイコン
Cast小山百代
幼い日に見たミュージカル『スタァライト』に憧れ、トップスタァを舞台少女。いつも明るく前向きで、が大きい。幼馴染ひかりと12年ぶりに再会し、レヴューへと足を踏み入れる。は苦手で毎のようにまひるに起こしてもらっている。
神楽ひかり(かぐら ひかり)百アイコン
Cast三森すずこ
世界で最も入学困難と言われているイギリス演劇学校からの転入生。クールで口数は少ない。『スタァライト』を共に観劇したと『運命』を交換する。
真矢(てんどう まや)
Cast富田麻帆
共に有名な舞台俳優サラブレッド。体からに至るまで賦の才に恵まれながらも惜しみない努を続け、99期生の中でも圧倒的な実を誇る。
星見純那(ほしみ じゅんな)百アイコン
Cast佐藤日向
学年一の才女で優等生眼鏡っ娘。学級委員も務める。両の反対を押し切って舞台を選び、への気持ちも人一倍強い。すぎるところもあり、真矢のような性の才を前に思い悩む。芝居が得意な反面、ダンスはやや苦手。
大場なな(だいば なな)百アイコン
Cast小泉萌香
99期生の「お母さん」的存在。料理バナナを使ったお菓子作りが得意。ニックネームは「ばなな」で、髪型ばなな。踊りや歌のみならず演出面での才にも秀でている。
西クロディーヌ(さいじょう くろでぃーぬ)
Cast相羽あいな
日本人フランス人のを持つハーフ天才子役として名を馳せるが、学園で真矢という強な才に出会い、真矢ライバル視するようになる。からは「クロちゃん」と呼ばれている。
露崎まひる(つゆざき まひる
Cast岩田陽葵
ルームメイト北海道出身で六人兄弟の長女。おとなしく引っ込み思案なため、明るいに憧れ、何よりものことを大事に思っている。好きすぎるあまりに行き過ぎた面も……。ひかりの出現に複雑な思いを抱く。
石動双葉(いするぎ ふたば
Cast生田輝
香子の幼馴染男勝りで口調はぶっきらぼう。小さい頃から香子に振り回され、文句を言いつつも世話を焼いている。学校も香子の付き添いで入学した。入学前は自分を脇役だと思っていたが……。学校にはバイクで登校している。
香子(はなやぎ かおるこ)
Cast伊藤彩沙
日本舞踊の元の孫で、歌謡と舞踊の才を持つ。生お嬢様のため身の回りの世話はほぼ双葉に任せきり。双葉バイク二人乗りで送ってもらっている。はんなりとした京都弁でたおやかに見えるが実は計算高い。

関連動画・関連チャンネル

テレビアニメシリーズ

2018年7月から9月までテレビアニメが放送された。制作キネマシトラスで、監督を務めるのは古川知宏「二層展開式少女歌劇」としてミュージカル版とテレビアニメ版で共通の声優俳優が演じており、キャストの中には舞台実写作品では経験を積んでいるもののアニメ作品への出演は初めてである者もいた。

音楽学園第99期生の舞台少女9人と、祭の演「戯曲スタァライト」、そしてキリン催する「レヴューオーディション」をめぐり、舞台少女それぞれの抱く"想い"・"執着"・"運命"が交錯するストーリーが展開される。

地下劇場の舞台で行われる「レヴュー」、舞台少女の「キラめき」に呼応して勝手に動き出す舞台照明舞台装置、の存在キリン主人公二人の約束と「」、戯曲スタァライトの物語と絡み合い進展するストーリー……など、そのキービジュアル等での美少女アニメ的外見をもって予想される内容からは大きく飛躍した濃密な描写と行きのある独特の世界観を有する作品である。

劇中音楽(レヴュー曲)の制作には「フィルムスコアリング」と呼ばれる、映像が先に完成しておりアフレコもなされたのちに、それらに合わせるかたちで楽曲を制作していく技法が用いられた。これは映画音楽においてはよく見られるが、アニメ作品においてはしい制作方法とされる。

続編として、2020年には再生総集編が、2021年には劇場版開された。

あらすじ

お持ちなさい あなたの望んだその


年続く演劇学校音楽学園」の第99期生・愛城華恋は、スタァに魅せられ運命舞台に向けて日々練習に励む舞台少女である。彼女たちは昨年度の第99回祭「スタァライト」での演を終え、来たる第100回の「スタァライト」演に向けて動き出していた。そんなとき、2年A組のたちの教室に一人の舞台少女神楽ひかり幼馴染―が転校してくる。久しぶりの再会を喜ぶだったが、突然舞台少女たちに一通メールが届く。それは、「トップスタァ」の座をかけたオーディションへの誘いだった。
同じ標をして舞台に立っていた仲間から、互いのを奪い合うライバルになった舞台少女たち。舞台の上で各々の熱い想いが、強い執着が、逃れがたい運命が交錯し、舞台少女たちのキラめきをかけた「レヴュー」の幕を開ける。

「いつか、あの子と戦うことになっても――」

スタッフ

原作 ブシロード/ネルブランニング/キネマシトラス
監督 古川知宏
監督 小出卓史
シリーズ構成・脚本 樋口達人
キャラクターデザイン 斎田博之
プロップデザイン 高倉武史/
グラフィックデザイン 裕斗/山口
色彩設計 吉村知恵
美術監督 秋山健太郎/福田健二(studio Pablo
3D監督 秋元央(T2studio
3D舞台照明 カミヤヒサス
監督 水田和人(T2studio
編集 黒沢
音楽 藤澤慶昌/加藤達也
音響監督 山田
戯曲脚本・劇中歌作詞 中村彼方
アニメーション制作 キネマシトラス

放送局・配信サイト

放送局 放送開始日 放送時間 備考
TBS 2018年7月12日 木曜 01:28~
CBC 木曜 02:35~
BS-TBS
2018年7月14日
土曜 01:00~
MBS 土曜 03:08~
RKB 2018年7月18日 水曜 02:30~
TBSチャンネル1 2018年7月23日 日曜 01:00〜 CS放送/リピート放送あり
配信サイト 配信開始日 配信時間 備考
ニコニコチャンネル 2018年7月13日 金曜 6:00 配信開始 最新話3日間無料
GYAO! 最新話1週間無料
ニコニコ生放送 金曜 24:00 放送 タイムシフトあり
公式Twitter 木曜 23:30 放送 毎週木曜Twitter告知
振り返り配信

主題歌

オープニングテーマダイアローグ」
作詞中村彼方 / 作曲本多友紀
歌:スタァライト九九組
エンディングテーマ「Fly Me to the Star
作詞中村彼方 / 作曲:尋木ヒロ / 編曲:尋木ヒロ小高光太郎
第3話 神楽ひかり三森すずこ
第4話 愛城華恋小山百代)/ 神楽ひかり三森すずこ
第5話 露崎まひる岩田陽葵
第6話 石動双葉生田輝)/ 香子(伊藤彩沙
第7話 instrumental(歌入りし)
第8話 愛城華恋小山百代
第9話 星見純那佐藤日向)/ 大場なな小泉萌香
第10話 真矢富田麻帆)/ 西クロディーヌ(相羽あいな
第11話 真矢富田麻帆)/ 星見純那佐藤日向) / 露崎まひる岩田陽葵
大場なな小泉萌香)/ 西クロディーヌ(相羽あいな)/ 石動双葉生田輝
香子(伊藤彩沙

挿入歌

作詞は全て中村彼方。

曲名 作曲 編曲
世界にするまで
(1話)
石井健太 石井健太
藤澤慶昌オーケストラアレンジ
星見純那佐藤日向
神楽ひかり三森すずこ
愛城華恋小山百代
The Star Knows
(2話)
中村 小高光太郎藤井亮太ナオキ 星見純那佐藤日向
愛城華恋小山百代
誇りと驕り
(3話)
藤澤慶昌 愛城華恋小山百代
真矢富田麻帆
魔球
(5話)
小高光太郎UiNA 藤井亮太小高光太郎ナオキ 露崎まひる岩田陽葵
愛城華恋小山百代
咲か唄
(6話)
大川茂伸 伊藤 石動双葉生田輝
香子(伊藤彩沙
RE:CREATE
(8話)
三好啓太 神楽ひかり三森すずこ
大場なな小泉萌香

摘みの歌

々の
(9話)

加藤達也 真矢富田麻帆
西クロディーヌ(相羽あいな
藤澤慶昌 大場なな小泉萌香
愛城華恋小山百代
-Star Divine-
フィナーレ
(10話)
本多友紀 愛城華恋小山百代
神楽ひかり三森すずこ
真矢富田麻帆
西クロディーヌ(相羽あいな
舞台少女心得 幕間
(11話)
本多友紀 加藤達也 愛城華恋小山百代
星見純那佐藤日向
露崎まひる岩田陽葵
石動双葉生田輝
香子(伊藤彩沙
大場なな小泉萌香
真矢富田麻帆
西クロディーヌ(相羽あいな
スタァライト
(12話)
藤澤慶昌 加藤達也 愛城華恋小山百代
神楽ひかり三森すずこ

各話リスト

話数 サブタイトル 動画
第1話 舞台少女
第1話「舞台少女」
第2話 運命舞台
第2話「運命の舞台」
第3話 トップスタァ
第3話「トップスタァ」
第4話 約束タワー
第4話「約束タワー」
第5話 キラめきのありか
第5話「キラめきのありか」
第6話 ふたりの
第6話「ふたりの花道」
第7話 大場なな
第7話「大場なな」
第8話 ひかり、さす方へ
第8話「ひかり、さす方へ」
第9話 祭り
第9話「星祭りの夜に」
第10話 されど舞台はつづく
The Show Must go on
第10話「されど舞台はつづく The Show Must Go On」
第11話 わたしたちは
第11話「わたしたちは」
第12話 レヴュースタァライト
第12話「レヴュースタァライト」

劇場版シリーズ

再生産総集編「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド」

2020年8月7日に劇場開されたアニメーション映画2018年放送のテレビアニメシリーズ総集編である。監督古川知宏略称ロンド・ロンド・ロンド」「ロロロ」。

2019年11月3日劇場版2作品の制作が発表され、当初2020年5月29日開予定だったが、感染症拡大に伴い延期され、8月7日開された。上映時間119分。

この再生総集編は、テレビアニメシリーズ物語テレビ版のキーパーソン大場なな視点で再構成(再生産)したものであり、10分以上の新規カットが追加されている。

主題歌は「再生讃美曲」。作詞中村彼方、作曲編曲佐藤純一(fhána)、歌:スタァライト九九組

 

同作の詳細は個別記事(→少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド 百アイコン)を参照。

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト

2021年6月4日に劇場開されたアニメーション映画テレビアニメシリーズロンド・ロンド・ロンドの続編にあたる新作であり、古川知宏監督を務めた。略称劇場版スタァライト」。

テレビ版およびロロロで描かれてきた「二人の運命」、スタァライトの「キラめきに満ちた新章」によって、運命の二人―愛城華恋神楽ひかり―は約束を果たし、「スタァライト」という物語の結末は書き換えられた。
ならば……その新章の結末は?

「スタァライト」は作者不詳の物語
キラめきはどこから来て、どこに向かうのか。
そして、この物語の『演』はか。

音楽学園三年生に進級し、卒業前に控えた第99期生たち。そして、第100回スタァライトで運命舞台を演じて二人の約束えた愛城華恋は、「このの果てにある、私だけの舞台」を見つけなければいけない。

列車は必ず次のへ──

   では舞台は?
  あなたたちは?

当初は2021年5月21日開される予定だったが、感染症拡大ので延期され、6月4日開された。上映時間120分。

本作は話題を呼んでロングランとなり、一部の映画館では半年以上にわたって上映が続けられた。

【上映情報2022年2月25日3月10日 川崎チネチッタにてアンコール復活上映中exit

 

主題歌は「私たちはもう舞台の上」。作詞中村彼方、前奏作曲本多友紀(Arte Refact)、作曲編曲佐藤純一(fhána)歌:スタァライト九九組

 

“ 私たちはもう 舞台の上 ”

舞台版(-The LIVE-)

スタァライトの「二層展開」のもう一方の軸をなすミュージカル舞台は、2017年#1初演にはじまり、2022年現在までに再演・オンライン配信含め8演が行われてきた。舞台上演の構成は2部に分かれており、第1部はミュージカルパート、第2部はライブパートとなっている。演出は児玉明子、脚本は三浦香。

舞台版の物語は、アニメ版と相互にを及ぼしながらもある程度独立して展開されており、いくつかの設定の相違や、舞台版だけに登場するキャラクター舞台少女も存在する。舞台版で登場し人気を博したことで、実写の演者をもとに新たにキャラクターデザインを起こしてゲームアプリスタリラ」に登場することとなった舞台キャラクターなどもいる。(→青嵐総合芸術院

舞台版の設定にみられる特徴としては、レヴューを開催する際に催者キリンの側に走駝紗羽舞台版のみの登場人物)はじめ学校先生たちが噛んでいる点などが挙げられる。

 

映像商品化されているほか、これら各舞台演を原作とするコミカライズ作品が連載・刊行されている。

各公演の概略

この項では今まで上演されてきた各舞台演のあらましと上演情報を述べる。

 

最初の演である舞台#1』はスタァライトの諸コンテンツの一番初めの時期に位置しており、ある種のプロトタイプであると言える。テレビアニメ版にも先行しており、テレビアニメ版以降の登場人物造形との若干の差異などが存在する。
2017年9月初演、2018年1月再演。

#2 Transition』はテレビアニメ最終回(第100祭)の直後から物語が始まる。第100祭終了後の時系列に当たり、スタァライトの世界を広げる展開として他校との交流プログラムの実施、および99期生の過去に繋がる新たな登場人物の登場が特徴である。ライバル校・青嵐総合芸術院の初出はこの演である。
2018年10月初演、2019年7月再演。

#3 Growth』は99期生たちが3年生に進級してからが舞台となっており、卒業を控えて各々の未来や進路に悩む99期生の姿や、新たに登場した101期生の後輩たちとの交流などが軸となる。3年生となり、#1の頃からべて格段に成長した舞台少女たちの活躍が見られる。
アニメシリーズでは新作劇場版の作中に近い時期に相当する。
本来2020年7月に上演予定だったが、感染症拡大の2021年7月から8月初にかけ初演。

2020年7月12日にはオンライン演『-The LIVE ONLINE-』が開催された。同演は延期となった『#3』の代わりとして映画館上映・有料配信が行われ、#3』のエピソード0に位置づけられる。)

スピンオフとなる『 BLUE GLITTER』は、『#2』で登場した「青嵐総合芸術院」の舞台少女たちを役とした舞台である。との交流プログラムを終え、「全高校演劇選手権」に向けて準備を開始した舞台少女たちの青春と情熱を描く。同演にはアプリゲームスタリラ」版の登場人物も一部出演した。
2020年12月上演。

 

アプリゲームスタリラ」を原作とする舞台『エーデル Delight』 は、シークフェルト音楽学院を中心として「スタリラ」登場各校の舞台少女たちが登場。「全高校演劇選手権」の準備を巡りシークフェルト生徒会長代晶にスポットを当てつつ物語が展開される。
2022年2月上演。

今後の舞台公演予定

2022年10月にはスタリラに登場するシークフェルト音楽学院中等部の舞台が、2023年には音楽学園の新作舞台がそれぞれ予定されている。

アプリゲーム版(スタリラ)

アプリゲーム少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE- 百アイコン」(スタリラ)は現在配信中である。

詳細は個別記事を参照のこと。

公式ラジオ番組

少女☆歌劇 ラジオスタァライト

ミュージカル×アニメによる新感覚エンターテインメント「少女☆歌劇レヴュースタァライト」のラジオ番組”。

2018年4月9日よりラジオ大阪にて毎週月曜日0時30分(日曜深夜)に放送開始された。インターネットラジオポータルHiBiKi Radio Stationでも配信中exit(毎週月曜日更新)。
ラジオ大阪での地上波放送は2019年3月31日の放送回を以って終了となり、以後は響ラジオステーション継続して配信されている。

響ラジオステーション2018年4月9日)より毎週月曜日12時00分更新
○最新回更新後「FRESH LIVE チャンネル」にてアーカイブ配信。 (※有料チャンネル会員対象。exit
パーソナリティ 愛城華恋役:小山百代
         星見純那役:佐藤日向

シークフェルトのえ~でるラジオ

アプリゲームスタリラ」のラジオ番組。パーソナリティは、シークフェルト音楽学院の『エーデル』五名のうちの二人、代晶とやちよの役を担当するキャスト二人が務める。
2019年1月28日よりHiBiKi Radio Stationにて毎週月曜日配信中exit

 パーソナリティ  代晶役:野本ほたる
        やちよ役:工藤春香

公式放送

聖翔音楽学園 放送局

2017年8月11日に第1回放送。当初はFRESH!Youtube共に配信していたが、第2回以降YouTube配信となる。テレビアニメ本放送の時期には1ヶに1回放送されていた。(アーカイブ配信ありexit

舞台版・アニメシリーズライブイベント告知など、音楽学園(スタァライト九九組)に関係するコンテンツがもっぱら放送内容の中心となる。

スタリライブ配信中!

2020年6月20日から放送開始された、スタリラゲーム情報に特化した番組。前番組である「スタリラLIVE~えるの気ままなオーディション~」の後継にあたり、公式YouTubeexitにて、1回程度のペースで不定期配信されている。MC富田麻帆真矢役)と岩田陽葵(露崎まひる役)。

2021年12月4日に開催されたこの番組の生放送では、通常の生放送録に加えて朗読劇(「新訳 ロミオジュリエット」)が行われた。その後、この朗読劇は独立して少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE- Reading Theatre」としてシリーズ化されることになった。

コミック版

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーバーチュア」は2018年3月号より2018年12月号まで電撃G's magazineで連載された漫画版である。単行本は全2巻。

漫画ソラ、脚本は中村彼方が担当。TVアニメ版の前日譚を描いた内容となっている。

発売後の翌に毎25日に最新話が無料開。ComicWalkerexitニコニコ静画開されている。

また、月刊ブシロード2018年2月号より2019年1月号まで連載された
舞台 レヴュースタァライト SHOW MUST GO ON」は、漫画つばきが担当。単行本は全2巻。

舞台版の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE- #1』が原作となるコミカライズ作品である。

こちらは2020年5月3日ニコニコ静画月刊ブシロードレーベルサイトが開設されたことに伴い、5月4日()より毎週1話つづ開されている。

現在、「舞台 少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE - BLUE GLITTER」が月刊ブシロードにて連載中。舞台版「 -The LIVE - BLUE GLITTER」のコミカライズ作品である。
漫画は同じくつばきが担当。2021年11月5日よりニコニコ静画でも開されている。

関連商品

コミック

楽曲

Blu-ray

ミュージカル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 26
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E2%98%86%E6%AD%8C%E5%8A%87%20%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

1094 ななしのよっしん
2022/02/20(日) 21:21:37 ID: /1auulRKMf
>>1091-1093
イメージできたわ。
本編の「璧な真矢様」もある種のペルソナで~、というのはから鱗だし、一気に件のレビュー解像度が上がった気がする
1095 ななしのよっしん
2022/02/28(月) 10:01:12 ID: gIxZfyi3o/
編集者です
事中劇場版の項加えましたー
(細かく記述しすぎなどありましたら御摘願います)
1096 ななしのよっしん
2022/03/12(土) 00:43:33 ID: ybOU9fWOqR
が倒れてるシーンが開いたり閉じたりしてるの、普通作画ミスかなって思ってたけど円盤でも修正されなかったのな
となるとなんか狙ってるのか?(全くわからん)
1097 ななしのよっしん
2022/03/30(水) 02:26:39 ID: dFPq0W/pJ0
>>1096
本当だ…ひかりが呼吸を確認するシーンだけが閉じてる…
狙いがあるとしたら「が倒れたのは演技で、ひかりもそれに合わせた」
つまり「元からひかりとのスタァライト卒業して次の舞台へ向かう心構えが出来てた」ってことになるのか?
うーん…しっくりこないからただの直し忘れであってほしい
1098 ななしのよっしん
2022/04/17(日) 21:20:34 ID: zIX9fjDS39
ん〜あれはミスとかそういうんじゃなく、
「あのカットを閉じてた方が画が綺麗だから」以外にないと思う。自分でも書いておいてなんだよソレってなるが

確認するために全部見返したけどレヴューシーンではホントに笑っちゃうくらい、ちゃんと繋がってない。カットの前後で然と舞台装置の形変わるし立ち位置も変わる。でも絵がめっちゃキマってるし綺麗なんだよね
そういう細かい整合性をぶん投げて綺麗な画作りに全振りしてるんだと思う
1099 ななしのよっしん
2022/05/16(月) 15:49:50 ID: ICDxN8IrrK
劇場版めちゃくちゃ面かったわ。集団作業のアニメで個人を持ち上げすぎるのはよろしくないのかもしれないけど、古川監督凄いと思った。

体験に振り切ったと言われているけど、ちゃんの物語としても感動した。
ロロロみたいにレビューの合間にばななの述懐が挟まれる形も、劇場版では回想が合間に挟まれる形で、見やすくて良かった。
ちゃんの「ひかりとの約束運命」と、「キャラクターとしての設定」がリンクしていて、その呪縛から解放される展開は、ある種のメタフィクションだと思った。
こういう話大好きなので、本当に劇場版は大好きな作品になった。
1100 ななしのよっしん
2022/05/16(月) 16:01:10 ID: bytVVWC5jP
劇場版は小中学生時代のがかわいすぎる
1101 ななしのよっしん
2022/06/05(日) 16:01:49 ID: ybOU9fWOqR
>>1098
レヴュー中は衣装早着替えとかが随所に出てくるから描写を深く考えすぎないようにしてたんだけど、あのシーンはちょっといつもと違う感じがあったんだよね
でもやっぱりそう解釈するのが難なのかなあ
1102 ななしのよっしん
2022/06/17(金) 02:36:09 ID: unk6u3D1gb
劇場版から1年経ったけどまた映画館で見た過ぎる
映画館でのあの圧倒される体験しちゃうとで物足りなくなっちゃう
1103 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 18:31:03 ID: or7sI6rg9S
生放送シークフェルト音楽学院 放送室
16 人が待機しています2022/06/21 に開予定
スタァライトチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=6MIXuqdGLdA&list=PLU12uITxBEPGosR7YHt6eSeKUwK8U-exit

急上昇ワード改