尾上十郎単語

オガミジュウロウ
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

尾上十郎とは、「流星のロックマンシリーズキャラクターの一人である。

概要

植木職人職業とする男性電波体「ウルフ」と電波変換して「ウルフ・フォレスト」になれる。属性は『木』。

自分自身の中に発生する奮作用を制御することが苦手の模様で、とくに満月を見ると尋常ではない奮が発生するらしい。電波変換する前はまだある程度は冷静な性格をしているが、電波変換したあととなるとその奮状態を存分にさらけ出す。「の…の血を沈めてくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」と叫んでしまう。いい年してなに言ってんだおっさん

1ではスバルを一見ただけで電波変換ができるということを即座に理解。
自分の本性を沈めてもらう的でイベント会場の電波世界に呼ぶ。
本編ストーリーとはあまり絡みがないサブキャラ

2で登場しなかったが、代わりに3にてストーリーにて少し絡む形で登場する。
スバルの通うコダマ小学校に雇われたことでスバルと再会。
プリンクラーの調子がおかしいということを気づき、電波変換して電サイバーインしようとしていたが、
スバルたちは危険人物が暴れたりしないように尾上さんの仕事を助ける優しい的で電内のノイズを除去した。

コダマ小学校生徒会長選挙日、ディーラーメンバーであるジャックが、
の「クインティア」が捕まったことに対する逆恨みで学校を襲おうとしていたところ、
学校の校内放送でスバルに緊急事態を伝え、学校屋上に駆けつけるまでの時間稼ぎを自ら買って出る。
ウルフもコーヴァスの危険性は知っていたが、尾上スバルに対する期待感を聞き、戦うことを承諾した。
ゲームシステムに当てはめても、
属性の「ウルフ・フォレスト」に対して、炎属性の「ジャック・コーヴァス」は不利な相手なので、
本人いわく「血の気もすっかり引いた」ようで、ロックマンに気を付けるようエールを送った。

コダマ小学校屋上に留まっており、話しかけることでもいつでも対戦できる。
戦えるランクV1V2のみ。

ウルフ

尾上十郎と行動をともにする電波体。狼座FM人。
ウォーロックなどと同様にFM人の使命には関心らしく、地球をすぐに気に入ったようで、
尾上日課である格闘トレーニングに付き合っている。

流星(1)では、名前のみの登場だったが、
流星3では、電波変換前の姿でしっかり登場し、ようやくウォーロックとの会話が実現された。

3では、スバルを信頼している尾上を「変わった」と感心していたが、
直後に「血を沈めてくれ」というセリフを聞いて「やっぱり変わっていない」と考え直した。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%BE%E4%B8%8A%E5%8D%81%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

尾上十郎

1 んなー
2014/09/21(日) 09:28:11 ID: z9N73vynKY
3でもチョイ役だと思ってたからジャック相手に時間稼ぎしてたところはかっこよかったなぁ
2 ななしのよっしん
2016/12/10(土) 00:10:55 ID: x8NIPIfaRJ
ネタキャラでありながらあの恵まれ電波デザイン

急上昇ワード改

2021/09/28(火)09時00分 現在