尾西線単語

ビサイセン

もしかして西尾線

尾西線とは、名古屋鉄道愛知県西部にある弥富~玉ノ井を通る路線である。

概要

玉ノ井名鉄一宮駅津島ー佐屋ー弥富を通る路線である。
尾西線を直通する電車はなく、北から

の3つに分かれて運用されている

この中でも津島⇔弥富は

というように運用されており、実質的に名鉄津島線が延長されているような運用がされている

歴史

名鉄の路線の中でも歴史の長い路線であり、1898年明治31年)に最初の路線が誕生している。 関西鉄道津島誘致に失敗したため、このままでは時代に取り残されると危惧した地元企業などが集まって作られた「尾西鉄」が建設した路線である。そのため当時としてはしく地元の企業が多く運営に参加している。

初期は地域で収穫された野菜などを弥富から名古屋方面、関西方面に運び地元を大いに潤わせた。 六輪などに当時の遺構が残っており、この頃使っていた蒸気機関車博物館明治村に保存されている。

その後、道路交通網の整備や津島線の開通などにより経営が悪化、最終的にイチかバチかの新線開設か、他社に吸収合併されるかの2択を迫られて名鉄の一部となることになった。その後、第二次世界大戦や様々な要因によって路線が縮小されたりすることとなる。

少し前までは古い舎が多く残り、内での手売りの切符販売や委託販売店での切符購入が名物であったが、トランパスの導入によりすべてのに自動札機と券売機が設置され、古い舎は取り壊され、基本的にワンマン運転となった。現在ではすべてのmanacaが使用可であり、toicaなどの全相互利用カードの利用が可である。

玉ノ井⇔名鉄一宮

基本的に1時間に2本間隔で運用されており、すべて単線である。過去木曽川港まで繋がっていたが利用者の減少等により止されている。戦時中は休止されていた時期もある。

名鉄一宮⇔津島

基本的に1時間に4本間隔で運用されている。までは単線、から少し南にいったところから複線となっている。

津島⇔弥富

津島⇔佐屋間は1時間に約4-6本間隔で運用されている。佐屋⇔弥富間は1時間に2本間隔で運用されている。佐屋までは複線、そこから南は単線となっている。名鉄津島線と直通しており、名古屋方面への移動に便利である。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B0%BE%E8%A5%BF%E7%B7%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

尾西線

1 ななしのよっしん
2017/06/30(金) 00:49:05 ID: kVc57mXaMj
ちょっと前まで玉ノ井線という名称がないことに
気づかなかったなー。会話中ずっと玉ノ井線と言ってた。

急上昇ワード