屋宜照悟単語

ヤギショウゴ

屋宜照悟(やぎ しょうご、1989年3月29日-)とは、沖縄県出身のプロ野球選手投手)である。現在東京ヤクルトスワローズに所属。

概要

プロ入り前

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

中部商に進学後は投手として起用され、2年に県大会決勝に先発勝利。県大会優勝に貢献し、九州大会ベスト8まで進出。続く3年も県大会優勝に貢献する。しかし3年には大嶺祐太を擁する八重山商工に県大会決勝で敗北甲子園出場は成らなかった。

国士進学後は1年から出場。中継ぎとしての登板・活躍を見せていたが、3年国士二部リーグ優勝に貢献。入れ替え戦でも救援登板チーム勝利国士30季ぶりの一部リーグ復帰を果たす。しかし一部昇格後は自身の不調などもあり、4年共に結果が伴わず、国士はわずか1年で二部へ降格となってしまった。

社会人時代は1年から公式戦には出場するも結果は中々伴わず、2年都市対抗野球大会でチームは優勝するものの登板はなかった。ドラフト名後のに、日本選手権大会で全大会の初登板となり、ここで6回2失点7奪三振で初勝利、中二日で決勝に先発し6回2/3を1失点に抑え優勝に貢献した。

2012年度新人選手選択会議にて、北海道日本ハムファイターズから6位名を受け入団。背番号57

プロ入り後

2013年7月15日に一軍昇格、9回にプロ入り初登板。1失点するも2つ奪三振を取るデビューを果たす。その後消されるも8月1日に再昇格。2番手登板プロ入り初勝利を挙げる。

2014年は一軍登板なし。2015年には初ホールドも記録するなど中継ぎとして計18試合に登板

2016年は再び一軍登板なし。2017年杉浦稔大とトレードで東京ヤクルトスワローズ入り。

2017年8月1日にトレード後初登板をするも3失点、翌日も登板するも再び3失点で2軍降格となる。

2018年にはまたしても一軍登板なしとなってしまった。

人物・プレースタイル

エピソード

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2013年 日本ハム 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 4.2 4 3 6 6 11.57
2015年 18 0 0 0 2 0 0 1 1.000 25.0 6 11 15 11 3.96
2017年 ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1.0 0 0 6 6 54.00
NPB:3年 23 0 0 0 3 0 0 1 1.000 30.2 10 14 27 23 6.75

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%8B%E5%AE%9C%E7%85%A7%E6%82%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

屋宜照悟

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 屋宜照悟についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!