履き物単語

ハキモノ
2.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

履き物とは、靴やサンダルなど足に着用するものの総称である。

戦場の絆動画投稿者については「履き物(動画投稿者)」を参照。

概要

履き物とは足裏の保護、衛生のために足に着用する物の総称である。靴がないと地面の凹凸・異物が突き刺さり、歩行の衝撃ダイレクトに伝わってしまうなど多大なストレスや疲労・負傷の原因となる。によってはの室内においても用いられる。

材質は木、皮、天然繊維、合成繊維、ゴムなど。足裏を保護するや布をどのように足に固定するかで構造的に大きく分類することができる。

  • 皮や布で足全体を覆うようにして固定。いわゆる「靴」。
  • 紐やバンドで固定。「サンダル」など。

地域ごとの地理・気文化特性や、スポーツ等用途の違いなどから男女子供用まで様々な種類が存在する。それ故、履き物にも用途やファッションTPOに応じた使い分けがめられる。例えば一般的に仕事フォーマルな場ではサンダル類の着用はマナー違反となる。また日本など東アジア々では、屋内では履き物を脱ぐという習があり、「上履き」「下履き」などの概念が発展した。

  • 現場での安全や踏み抜きといったトラップ対策として先端や底面に鉄板が入っているものも。
  • 靴の状態を見て個人の性格や熱意・違和感読み取る方もいる。
  • 変装の際には意外と盲点になりがちで、同じ靴を履いている事で変装を見抜かれる場合も。
  • 履いている靴を蹴飛ばして天気を占う下駄占いのような遊び方もある。
  • かんじきなど、に対して設地面積を増やし沈まないものも生活の知恵。(無限軌道と同じ原理)
  • サボる」のは木靴だが、どう扱ったかによって諸説ある。厳密にはサボタージュとも。
  • フィクションなど、デザイン・色や柄模様でキャラクターの個性を出す一手段としても用いられる。

ちなみに救急車を呼んだ際、救急隊員の靴は担架が運び出しやすいようあらかじめ脱ぎ方が訓練されているため、よかれと思って綺麗にえてはいけない。むしろタイムロスになり逆効果。

「救急隊員が脱いだ靴はそのままにして」投稿が話題の消防隊員に仕事中に困っていることを聞いてみた(1/3 ページ) - ねとらぼ (itmedia.co.jp)exit

履物の種類

足全体を覆うタイプの履物の総称。一般的には西洋靴をす。構造としては靴底

ブーツ・長靴

靴のうち、特に足首よりも上の部分まで覆うタイプの履物。丈の長さや用途によって種類分けがされている。

サンダル

木やゴム等でできた、靴底を紐やバンドで足に固定するタイプの履物の総称。特に温暖な地域でよく見られる。フォーマルな場には向かない。

スリッパ

先端部にのみカバーがついており、そこに足を差し込んで履くタイプの履物。一般的には屋内履きとして使用される。20世紀初頭にの中で靴を脱ぐ週間がない外国人のために考案した上履きが原であるといわれている。

日本の伝統的な履物

欠点

  • サイズの合わない靴は大きなストレスとなり、靴擦れや痛など悲惨なことに。
  • 足を靴に慣らしておかないと疲労が増えやすい。遠足などでは"履き慣れた靴"とも呼ばれる。
  • 用途に応じた靴でないと地面の凹凸衝撃が足に伝わりやすい。(登山靴など)
  • 足のや甲・素肌が大きく見えるものは汚れや虫刺されといった欠点がある。
  • 構造上、サンダル下駄を除けば行きのあるものが多い。
    • 異物が入ると気になったり、足に刺さる、靴下が開く。
    • 通気性が悪く蒸れやすい、水虫などの発生や悪化にも繋がる。
    • 濡れた際や洗った際、までかすのには苦労する。ドライヤー等を使用する手もある。
    • アウトドアなど、脱いでおくと昆虫などが入る可性もある。
  • 軍隊のブーツ、セールスマンの革靴など、磨いてピカピカの状態にするのは一苦労。
  • 泥落としやマットがないと室内に泥や汚れを持ち込んでしまう。

国語の例題として

「ここではきものをぬいでください」という国語の問題に用いられる。

  • 句読点の場所によって意味が変わってくるもの。
    • ここで、履き物を脱いでください
    • ここでは、着物を脱いでください

ぎなた読み (項参照)とも呼ばれる。

関連項目

ニコニコ大百科に記事がある履き物

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

履き物

1 ななしのよっしん
2009/04/24(金) 21:39:43 ID: vJ80YbBdTX
の着倒れ、大阪の食い倒れ」に対して「履き倒れ」はたしか、東京でしたよね?
東京って履物をたくさん作っているんでしょうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2012/09/30(日) 19:27:08 ID: HjKLwkBfF9
グーグル先生神戸らしい<履き倒れ
たぶん革靴とか外の靴の絡みじゃないかな。製造メーカーが多いとか。

……江戸の履き倒れという言葉も存在するらしいけれど。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2016/08/13(土) 14:26:33 ID: tQM8omuz/u
神戸外国人が多く住んでいたので、履や下駄修理の片手間に革靴修理も請け負っていた。明治も中頃になると、向学のために渡していた職人さんが事に帰港。店が次々と開かれて革靴が近畿一円へと広まっていく。そういうわけで靴の本場、神戸が履き倒れと言われるようになった。

神戸の靴メーカーと言えば、まずは世界アシックス。安さの殿堂、ケミカルシューズ(かれるおっさん餃子靴もコレが多い)の長田は震災でえらいにあって有名になりましたね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
4 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 19:22:43 ID: VI8rs/Pqr+
はよくABCマートでNB買ってました(半ギレ)
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス