山口真美単語

ヤマグチマミ

山口真美やまぐち まみ)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優斎藤千和

概要

新聞部編集長。築山三奈子(プティスール)でもある。七三分けのショートヘアーがトレードマークで、ヘアピンを留めている。暴走しがちなグランスール)の三奈子とは対照的に、堅実でしっかり者。三奈子が新聞部を牽引していた1年生の頃は、たびたびの抑え役となる。

2年生に進級した際に、三奈子の後を継いで新聞部部長に就任。福沢祐巳島津由乃武嶋蔦子クラスメイトとなる。三奈子がゴシップ記事による騒動から山百合会に警されていたのに対して、達とは友好関係を結び、山百合会と新聞部が親を深めたり、共に協し合う関係を築き上げた。21巻「スール)オーディション」の話会で、かねてから有ルーキーとしてをかけていた高知日出実と姉妹になり、3年生になると部長の座を日出実に譲った。

子とは相性抜群の名コンビであり、しばしば山百合会の取材を情報を得るのに協し合う仲である。山百合会の信頼を得た上で、抜けなく山百合会の情報ゲットするあたりは、直伝の採取と言うべきだろうか。なお、リリアンの慣習のご多分に漏れず、をはじめ同級生からは「真美さん」と呼ばれている(でも、中の人ほむほむである)。

三奈子と違って、本編に大きく関わるようなエピソードいが、13巻「の一ページ」の中編「おじいさんと一緒」で役となる。この話は、トリックによるどんでん返しラストとなっており、真美もまんまと一杯食わされてしまう。

カエルのシャーペンの怪

カメラを外さない子と同様、真美は取材のために、常にノートペンを持ち歩いている。そんな彼女だが、なぜかノックボタンカエルの顔になっているシャープペンシルを持ったイラストがよく見られる。実は原作を読んでもそのような文章は一度も出ておらず、あまりにも浸透したために、一時期はウィキペディアの人物紹介にも載せられるなど公式設定と思われていた。なぜ、このような設定が広まったのかはよくわかっておらず、一説には斎藤千和がちょうどこの頃「ケロロ軍曹」の日向夏美を演じていたからとも言われているが、相は不明である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%9C%9F%E7%BE%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山口真美

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 山口真美についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!