山口高志単語

ヤマグチタカシ

山口高志(1950年5月15日~)とは、阪急ブレーブスに所属していた元プロ野球選手である。

現役時代は短期間ながら阪急ブレーブス黄金期に活躍し、特にそのストレート日本プロ野球史上最速であるとも言われ、現在でも最も速いストレートを投げた投手の一人に名が挙がる

概要

高校時代は3年生時夏の甲子園に出場し活躍、高校卒業後は関西大学入学し持ち前の剛速球で1年生から活躍、その記録の数々はどれも凄まじく、2年生時には全大学選手権で法政大学と対戦した際には延長20回を投げ306球で勝利、3年生時には同志社大学戦でノーヒットノーランを達成し、3年生時から4年生時の間に21連勝を達成(この間に6試合連続完封68イニング連続失点記録も作っている)、4年生時には年間最多の18勝を記録、全大学選手権決勝では慶応大学完封して日本一を達成、さらにその後に行われた日米野球では7試合中4試合に登板、3試合は先発投手として登板しすべて勝利を挙げている。

これらの記録からかつて山口と同じく関西大学で活躍した村山実にちなみ「村山2世」という異名が付き、プロからも大いに注を受けたが、山口自身は「自信がい」としてヤクルトからドラフト4位で名を受けるもこれを拒否して社会人野球である松下電器に入社し、ここでも都市対抗野球に出場するなど大いに活躍した。
社会人として働きつつ野球を続けるうちに「最高峰の舞台で自分のを試したい」という気持ちが沸くようになり、折しもそこに阪急ブレーブスが熱心に誘っていたこともあり山口プロ入りを決意、1974年ドラフトにおいて阪急から1位名されると今度は拒否することなく阪急に入団した。

プロ1年である1975年、かつて村山実バッテリーを組んだこともある監督上田利治は山口の投球を見て「モノが違う」と絶賛し、その言葉通り山口はこの年その右腕をフル回転させる。
登板となった4月11日こそ5回4失点で負け投手となるが、4月22日南海戦にて9回142球を投げ投で初勝利を挙げ、この試合から6月5日までに8試合に先発し、すべての試合で投を記録している。
6月17日には南海戦にて山口は2回を失点に抑えて引き分けに持ち込み、阪急の前期優勝(1973年から1982年まではパ・リーグは2シーズン制が施行されていた)に貢献した。
後期は前期の疲労からか中々勝てない時期が続いたが8月頃から調子を取り戻し、後期を制した近鉄とのプレーオフでも2戦と4戦登板し、それぞれ9回4失点192球、9回3失点121球で両試合とも勝利を挙げ、山口の活躍で阪急シーズン優勝を決めた。

日本シリーズではこの年山本浩二衣笠祥雄を擁して初めての優勝を決め勢いに乗る広島カープと対決。
第1戦では8回から足立光宏リリーフし、延長11回まで失点に抑え引き分けに持ち込み、第3戦では先発として登板、9回4失点ながら味方の大量援護もあり勝利を挙げる。
第4戦は7回からリリーフ登板し、13回表には自ら勝ち越しタイムリーを放つもその裏に追いつかれ結局引き分け、第5戦は9回に1点差で山田久志リリーフし、見事3人で抑えて勝利、王手をかけた第6戦には4点リードの6回からリリーフ登板して試合終了までリードを守りきり、見事阪急は初の日本一を達成した。

山口シーズンでは203イニングを投げ12勝13敗1セーブ防御率2.93という成績を残し新人王はもちろんの事MVPにも選出され、日本シリーズでも6試合の内、山田久志勝利した第2戦を除く5試合に登板した活躍を評価され、日本シリーズMVPにも選ばれた
山口ルーキーながらこの年4165もの投球数を記録、1年にして文字通りフル回転し、阪急の栄冠によりも貢献したのである。

76年は26勝を挙げる大活躍を見せた山田久志に隠れてはいたが、山口も12勝10敗9セーブ先発リリーフ大車輪の活躍を見せ、長嶋茂雄率いる巨人との日本シリーズでも7試合中5試合に登板し1勝1セーブを記録して阪急の2年連続の日本一に貢献した。

77年は10勝12敗11セーブと全体的にやや成績を落とすが、阪急はこの年も優勝及び日本一を達成する。

78年はこの年完全試合を達成した今井雄太郎覚醒も有り、シーズンのほとんどをリリーフとして過ごし、13勝4敗14セーブ最優秀救援投手タイトルを獲得したが、日本シリーズでは練習中にを痛めてしまい登板し、また阪急はこの年初優勝を決めたヤクルトスワローズに敗れて日本一は逃した。

以後は故障に悩まされて自慢の剛速球も影を潜めてしまい、1980年には張本勲本の通算3000本安打となるホームランを浴びるなど満足な活躍が出来ない日々が続き、それでも速球にこだわり続けたが復活はわず1982年に現役を引退した。

引退後

引退後は1983年から1998年まで阪急オリックス投手コーチを、2003年から2004年の間には阪神投手コーチを務め、阪神時代には伸び悩んでいた藤川球児導。投球の際に右足が沈む悪癖を修正させ、さらに腕も山口自身のように上から投げ下ろすようにさせたことで球界を代表するリリーフ及び剛速球投手に育て上げた。
その後は一旦スカウトに転身したものの、2009年からは再び阪神投手コーチを務め、2015年に退任した。

プレースタイル

 身長こそ169センチ野球選手の中ではかなり背が低い部類に入るが、両腕を上げ思い切り腕を振り下ろす快なフォームから繰り出される剛速球は、現在でも最も速いストレートとの一つとして数えられ、上田利治、西本幸雄らは「山口がNo.1」と言している。
投球も8割がストレートを占めており、野村克也は「オマエを相手にするときは考えんでもいい、どうせストレートばかりだからな。」と山口にぼやいたという。
またスタミナもあり、コントロールは悪かったこともあって150球前後の球数を投げて投することもあったが、そのスピードは9回になっても150キロは出ていたと言われている。
 
故障により自慢のストレートが投げられなくなった時もストレートにこだわり続けたため、山口と同じく当初はストレートを武器にしながら、それが通用しなくなってからシンカーを覚え、息の長い投手になった阪急の同僚である山田久志とは様々な点で対照的であるが、本人も体の小ささから長くプロでやっていくことは出来ないだろうと感じていたという。しかしそのストレートは実質4年間しか投げられなかったが、今も多くの人のに焼き付いている。

通算成績

通算:8年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 195 44 8 50 43 44 -- .538 787.0 383 600 308 278 3.18 1.30

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E9%AB%98%E5%BF%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山口高志

1 ななしのよっしん
2016/10/01(土) 06:55:09 ID: A4c3UL+1b+
同世代や対戦した選手がみんな「一番球が速かったのは山口高志」と言ってる辺り、本当に茶速かったんだろうなぁ。
しかも、スピンが効いててお辞儀しなくて、いわゆる初速は速いけど終速は遅い合わせやすいタイプの速球でなく、初速と終速の差が少ないキレがいいタイプの合わせづらい速球だったんだろうな。

急上昇ワード

2019/09/17(火)20時更新