山名義範単語

ヤマナヨシノリ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

山名義範(?~?)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

新田義重の庶子として生をうける。新田義重上野を代表する大族であり、源頼朝の挙兵の際、彼に同調せず独自の勢になろうとした人物であった。

しかし山名義範、および甥の里見義成はこれに加わらなかった。々と頼旗下に加わり、新田義重がついに頼に屈し冷遇されていく中、門葉として重用されたのである。彼は一のの戦いの功績で伊豆守に任じられる。これ以降も儀礼、上軍事動員などに付き従い、頼の重臣として活躍していくのである。

ただ一つだけ問題があり、彼には息子の山名義節がおり、あまりにも漢字がそっくりなので書面では両者の区別がつかず、吾妻編纂の時点ですら事績が混同されているのではないか、というものである(後世の人間にとっては笑い事ではない)。

おこの山名義範が、室町幕府の守護として名を残す、山名氏の祖であることは言うまでもない。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E5%90%8D%E7%BE%A9%E7%AF%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山名義範

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 山名義範についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!