山月記単語

サンゲツキ
 隴西の徴は博学才穎、宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。

山月記とは、1942年に発表された中島の短編小説である。
精緻な文章から、国語の教科書などに掲載されることが多い。

概要

人間が狂乱して虎のようになるという逸話は東アジア東南アジアではポピュラーなものである。
中島は、中国でのそうした説話「人虎伝」から着想を得て、独自のストーリーを加えて山月記を上した。

主人公徴(りちょう)の生い立ち、時代背景や人物関係、内面の描写が繊細かつ簡潔にまとめられている。
全体的に漢文調の古な表現が使われており、科挙制度の句を始め、現代の日常ではあまり見かけない単読みも頻出するため(故人:とも、恃むところ:たのむところなど)、注釈抜きで読むのは難しいかもしれない。

概略

唐の時代、隴西(いわゆる西)の徴は博学で才もあったため若くして科挙に合格し官吏に就くが、役人とその職務を"賎吏"として蔑んでいた。やがて賎吏で為に一生を費やすよりも詩人となって李白に及ぶ名を残そうと思い立ち、山野に隠棲した。しかし年経ても大成せず、糊口をぐためまた"賤吏"に戻ってしまう。かつての部下は上役に昇進し、自身は下吏となって元部下にで使われる日々を送ったため、憤が溜まり遂に徴は発狂して山野に逃げこんだ。

後年、官吏の袁傪(えんさん)は中急ぎのあまり「人食い虎」が出るというを強行する。果たして大虎に襲われかけるが、虎の側が足を止めて藪に逃げ込む。人食い虎は彼の旧友徴の成れの果てであった。彼く、自身が抱えていた「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により、遂に浅ましき人食い虎に成り果ててしまったのだという。

☆Tips 『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』について

人物の解説を長々とせず、注意深く読まないと人物の関係性や立場が分かりにくいが、ストーリー全体は短く大きなひねりもないので理解しやすい。そのため国語練習問題としてよく用いられる。例題としては、文章から読み取れる袁傪の社会的地位、他者を蔑んで憚らなかった徴が袁傪を故人(とも)と呼んだ理由、徴のの各人の評価、虎として生きていかねばならないことをどう思っているか、などが考えられる。

その中でもこの上記2文は徴が虎になるに至った理由であるため、確実と言っていいほどテストで問われる内容である。徴のどんな行動が『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』にあたるのかを理解する必要がある。

本文から引用して、徴が自己申告した事柄それぞれのうち『臆病な自尊心』を赤字で、『尊大な羞恥心』をで塗り分けてみると

人間であった時、己は努めて人との交を避けた。人々は己を倨傲だ、尊大だといった。実は、それが羞恥心に近いものであることを、人々は知らなかった。論、曾ての郷党の鬼才といわれた自分に、自尊心がかったとはわない。しかし、それは臆病な自尊心とでもいうべきものであった。己はによって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、めて友と交って切磋磨に努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間にすることも潔しとしなかった。共に、臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為である。己の珠に非ざることを惧れるが故に、敢て刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々として瓦にすることも出来なかった。

といったところになろうか。

つまり『臆病な自尊心』とは「自分には才があるはずだという自尊心を持ってはいるが、その才が否定されてしまうことを恐れるあまりに、本格的に才を磨くことができない」といったことをし、そして『尊大な羞恥心』とは「自分は才がある傑物なのだ、と信じているために、凡人と肩を並べて付き合うことを恥ずかしく思ってしまう」ことをしている。

この徴の行動基準は文章のいたる所にみられる。プライドが邪魔をし、一流に属する高い才を活かせず職の選択や研鑽の方法を誤ってしまい、も職も蔑んでいた者に追い抜かれ、自虐し、後悔、恐怖、焦燥の念に駆られる。そのような虎の姿に共感を覚えたものも多いのではないだろうか。

関連動画

関連静画

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E6%9C%88%E8%A8%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山月記

221 ななしのよっしん
2018/11/12(月) 09:42:08 ID: IsWRhoyVFN
今だからこそわかる。この短編小説の味の深さ…
222 名無し
2018/11/23(金) 21:40:04 ID: +5Kng2QrEF
でも徴って10代半ばで科挙の最難関に合格した、天才中の天才だろ?
彼の言う臆病な自尊心とか尊大な羞恥心って、凡人の考える下らないプライドとかと同レベルのものじゃない気がするな
223 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 21:43:53 ID: hzATehX2zm
レベルというか大きさは全然違うがベクトルというか方向性は同じものを凡人も感じてると思う
224 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 03:15:26 ID: z/1EzoUDaR
>>219
これだけ好条件がってたのに夢破れる=Vやねん!級の悲劇
そらショックで野生の虎になるのもしゃーないわ
225 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 11:43:58 ID: KsXhGr8YQZ
足るを知るって大事なんだなと思った
226 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 21:53:20 ID: 9SkP6l7swg
小説凡人が共感できる内容を大に書くものだから共感していいんだよ
227 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 21:59:33 ID: mvnTUm71dZ
小説を書いてると、この作品の文章のクオリティの高さを痛感する
こんな文章を書けるようになりたい
228 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 17:37:26 ID: 7Cb34z+l72
>>224
でもショックで虎化するとか強猛虎魂を感じるやん
徴は阪神ファンの鑑ですわ
229 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 22:58:58 ID: tue9M52N0r
>>213
>分らぬ。全く何事も々には判らぬ。

作中、頻出する「自分」「が」に対し、「々」は希少。ほとんど出ない。

孤独な自意識を題とする小説として、実に「らしい」構成だが、
希少な「々」をなぜここで徴が、中島が使用したか、気になる。

「自己」と「他者」をとかく対的・対立的に捉えたがる、狷介なはずの自意識が
ここでは、彼を一体として認識したがっている。
230 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 23:33:36 ID: qC9gDbkTVf
文章奇麗だよなあ。

>>224
>>228

急上昇ワード