山月記単語

サンゲツキ
  • 34
  • 0pt
掲示板へ
 隴西の徴は博学才穎、宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。

山月記とは、1942年に発表された中島の短編小説である。
精緻な文章から、国語の教科書などに掲載されることが多い。

概要

人間が狂乱して虎のようになるという逸話は東アジア東南アジアではポピュラーなものである。
中島は、中国でのそうした説話「人虎伝」から着想を得て、独自のストーリーを加えて山月記を上した。

主人公徴(りちょう)の生い立ち、時代背景や人物関係、内面の描写が繊細かつ簡潔にまとめられている。
全体的に漢文調の古な表現が使われており、科挙制度の句を始め、現代の日常ではあまり見かけない単読みも頻出するため(故人:とも、恃むところ:たのむところなど)、注釈抜きで読むのは難しいかもしれない。

概略

唐の時代、隴西(いわゆる西)の徴は博学で才もあったため若くして科挙に合格し官吏に就くが、役人とその職務を"賎吏"として蔑んでいた。やがて賎吏で為に一生を費やすよりも詩人となって李白に及ぶ名を残そうと思い立ち、山野に隠棲した。しかし年経ても大成せず、糊口をぐためまた"賤吏"に戻ってしまう。かつての部下は上役に昇進し、自身は下吏となって元部下にで使われる日々を送ったため、憤が溜まり遂に徴は発狂して山野逃げこんだ。

後年、官吏の袁傪(えんさん)は中急ぎのあまり「人食い虎」が出るというを強行する。果たして大虎に襲われかけるが、虎の側が足を止めて藪に逃げ込む。人食い虎は彼の旧友徴の成れの果てであった。彼く、自身が抱えていた「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により、遂に浅ましき人食い虎に成り果ててしまったのだという。

☆Tips 1 『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』について

人物の解説を長々とせず、注意深く読まないと人物の関係性や立場が分かりにくいが、ストーリー全体は短く大きなひねりもないので理解しやすい。そのため国語練習問題としてよく用いられる。例題としては、文章から読み取れる袁傪の社会的地位、他者を蔑んで憚らなかった徴が袁傪を故人(とも)と呼んだ理由、徴のの各人の評価、虎として生きていかねばならないことをどう思っているか、などが考えられる。

その中でもこの上記2文は徴が虎になるに至った理由であるため、確実と言っていいほどテストで問われる内容である。徴のどんな行動が『臆病な自尊心』と『尊大な羞恥心』にあたるのかを理解する必要がある。

本文から引用して、徴が自己申告した事柄それぞれのうち『臆病な自尊心』を赤字で、『尊大な羞恥心』をで塗り分けてみると

人間であった時、己は努めて人との交を避けた。人々は己を倨傲だ、尊大だといった。実は、それが羞恥心に近いものであることを、人々は知らなかった。論、曾ての郷党の鬼才といわれた自分に、自尊心がかったとはわない。しかし、それは臆病な自尊心とでもいうべきものであった。己はによって名を成そうと思いながら、進んで師に就いたり、めて友と交って切磋磨に努めたりすることをしなかった。かといって、又、己は俗物の間にすることも潔しとしなかった。共に、臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為である。己の珠に非ざることを惧れるが故に、敢て刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々として瓦にすることも出来なかった。

といったところになろうか。

つまり『臆病な自尊心』とは「自分には才があるはずだという自尊心を持ってはいるが、その才が否定されてしまうことを恐れるあまりに、本格的に才を磨くことができない」といったことをし、そして『尊大な羞恥心』とは「自分は才がある傑物なのだ、と信じているために、凡人と肩を並べて付き合うことを恥ずかしく思ってしまう」ことをしている。

この徴の行動基準は文章のいたる所にみられる。プライドが邪魔をし、一流に属する高い才を活かせず職の選択や研鑽の方法を誤ってしまい、も職も蔑んでいた者に追い抜かれ、自虐し、後悔、恐怖、焦燥の念に駆られる。そのような虎の姿に共感を覚えたものも多いのではないだろうか。

☆Tips 2 山月記と人虎伝

前述のとおり、本作は人虎伝を下敷きに執筆された作品である。人虎伝のさらに元になった宣室志も含め「虎になってしまった昔の友人と再会し、虎になった経緯を聞き、別れる」という大筋は同一である。では何が違うのかといえば、徴が虎になった理由が異なるのだ。

この物語には複数の版が存在するため細部は異なるが、おおむねどのバージョンでも旅の途中に奇病や狂気に侵されて虎に変化し、空腹に耐えかねて山の動物人間を襲ううちに徐々に心まで虎に変化していく。この部分を自尊心と羞恥心という人物の内面に置き換えたのが中島の翻案の肝である。

さらに細かい点を言えば、人虎伝の徴はまず袁傪に家族を託したのち、世に出ぬまま散逸したであろう自らのかに知ってもらうために書き取らせる。そのは「文甚高く、理甚遠し。閲してずる者、再三に至る。(文は格調高く、内容も非常に深い。読んで感嘆することが何度もあった。)」と称えられている。まずから伝え、そのにもわずかに足りない部分があった山月記の徴とは逆である。

理不尽あるいは因果応報により虎となり、そのまま本物のに転げ落ちた人虎伝。に執着し、不足を知りながらも心の中の劣等感や傲慢さを育て続けた末に虎へとなり果てた山月記。両者を読みべることで徴という人物がよりくっきりと感じられるのではないだろうか。

人虎伝も山月記と同様に償で読める作品となっているので、一読をお勧めしたい。

関連動画

関連静画

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 34
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E6%9C%88%E8%A8%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山月記

268 ななしのよっしん
2021/03/24(水) 14:46:21 ID: Z8RBuPBm87
尊大な羞恥心の後の、何も無い世の中じゃ
269 ななしのよっしん
2021/03/26(金) 01:40:00 ID: yMr4e9sjOn
全にの精と化せば何も分からなくなるけど、人の精から段々とに傾いていくって設定が好き
上手く絶望感と喪失感を演出してる気がする

原典は原典でいいけど、主人公の心理描写でいえば山月記の方が読んでて楽しいかな
270 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 08:30:52 ID: eMlnvPrkpR
>>257
むしろ趣味職業にしろとか言うのが嫌い
271 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 16:31:25 ID: qagQhukiZF
>>235
「宣室志」はわからんが、「人虎伝」の原因の下りはわりと唐突で、告白内容が他の部分に関係しない(妻子との関係とか徴の前後の人生とか)ので、理由の後付けという感じがある。「人虎伝」の変身の下りを読んでも唐突でホラーを掻き立てるだけでも十分な勢いがあり、原因はあまり必要性を感じられない。
前段として、才がありながら職を続けられなかったのは徴の傲慢さにあった、という前振りを活かすならこれを直接原因とするとおさまりが良く、その前振りのためにには欠点を付ける必要が生じたのだろう。虎になったけどは書けたからいいよね、めでたしでは台し。
後はそんな素晴らしいが何故残っていないのか?という説明も必要だったと思われる(伊勢物語のような歌物語ではないので仕方ないんだが)
272 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 16:55:48 ID: nm4bdrIxJn
下積みを嫌って詩人になろうとして大失敗→わかるわかる
人食い虎に変身そうはならんやろ
なんとなく虎は山賊になったことの暗喩かと思ってた
273 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 16:57:27 ID: H23ZjCbouC
タイガーマスクの中身が徴氏だったのでは
274 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 20:02:44 ID: FC7heLxD7h
ジャンプ漫画だったらバトル漫画になってる
275 ななしのよっしん
2021/06/19(土) 20:06:57 ID: biFP7VahTg
そりゃジャンプに連載されてたらこゝろや魔の山だってバトル漫画になる
276 ななしのよっしん
2021/07/01(木) 21:27:28 ID: yPgzc/UAin
中島世ゆえ寡作だったのが残念
固いけど緊感のある文体は研ぎ澄まされたような美を感じる
肌があったのなら「名人伝」、「陵」や「子」も読んでみるといいかも
277 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 22:26:47 ID: BWsGjvPt5S
>>274
文ストやんけ

急上昇ワード改

2021/07/30(金)05時00分 現在