山本功児単語

ヤマモトコウジ

山本功児1951年12月25日2016年4月23日)とは、読売ジャイアンツロッテオリオンズに所属していた元プロ野球選手である。

現役引退後はロッテ監督も務めた。

概要

幼少期は実家南海ホークスの近くにあったため、野村克也杉浦忠皆川睦雄ら多くの南海の選手に可がられていたという。
小学生時には父親から「野球左利きに限る」と左用のグラブを渡されたことで左に転向。

中学の時点で身長180センチと恵まれた体格を持ち、高校では1年生時から5番・一塁のポジションを任され、3年次にはの選抜に出場し準々決勝で堀越高校に1対2で惜敗。は県大会ベスト8に終わる。
ドラフトでは南海ホークスから3位名を受けたがこれを拒否する

その後法政大学を経て社会人野球本田技研に進み、2度補強選手として都市対抗に出場。
75年のドラフトでは読売ジャイアンツから5位名を受けて入団する。

山本ポジション一塁手だったが巨人には当時王貞治という絶対的なレギュラーがおり、1年から代打として働くことになる。
79年には代打で38打数15安打、2本塁打15打点打率.395と驚異的な数字をマークし、この年は4番・一塁で6試合に先発出場したこともあった。(結果は打率.333で2本塁打を記録)

80年に王貞治引退したことで出番が増えると思いきや今度は中畑清らが割った入ったため、レギュラー定着はわずにいた。
それでも82年はまたもや代打打率.389という数字を残して存在をアピールするが、1984年三宅とのトレードでロッテオリオンズに移籍する。

ロッテではちょうど一塁を守ることが多かった落合博満が三塁へ、三塁を守ることが多かった有藤通世が外野に回ったため一塁がいており、念願のレギュラーになることが出来た。

84年は開幕から3番や5番に座り、125試合に出場して規定打席に到達し、打率.301、10本塁打66打点の成績を残し、特に得点圏では打率.306満塁に至っては.364と勝負強さを見せ、前年最下位だったチーム2位躍進に大きく貢献した。さらにゴールデンラブも受賞している。

85年も前年同様レギュラーとして出場し、2年連続でゴールデンラブを受賞する。

86年から出場機会が減少するが、87年には6月13日近鉄戦で4-7と3点ビハインドの9回に代打代打で登場し、加藤哲郎から逆転満塁弾を放っている。

88年はコーチ兼任で自己最少の44試合に終わり、同年現役を引退した。

引退後は1993年までロッテ一軍打撃コーチ1994年二軍打撃コーチ1995年から1996年まで再び一軍打撃コーチ1997年から1998年まで二軍監督を経て、1999年からロッテの一軍監督に就任。

監督時代は多くの若手選手らを熱心に導してチームを上げていったが、順位にはなかなかつながらず、2003年までの在任中はすべてBクラスに終わっている。
それでも選手には慕われていたようで、2003年に退任が決まり、最終戦が終わった後に選手達からは「監督を胴上げしよう」というが上がったが、山本は涙を浮かべながらもこれを断った。

2004年2005年読売ジャイアンツコーチを務めるも、チーム不振の責任をとって2005年限りで辞任した。

46歳になって授かった長男・武志(むさし)を可がり、自身が病魔に倒れてからも熱心に練習相手を務め、武志は2015年ドラフトDeNAから育成2位名されて入団している。

2016年4月23日肝臓がんのため64歳で死去。

通算成績

通算:13年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1217 2778 2523 253 699 64 369 13 24 26 184 21 306 71 .277 .328

監督通算

通算:5年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 690 324 352 14 .479 Bクラス5回

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%8A%9F%E5%85%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山本功児

1 ななしのよっしん
2016/04/24(日) 08:55:00 ID: NfayVbLcs2
ロッテを育ててくれてありがとうございました。お疲れ様でした
2 ななしのよっしん
2016/04/27(水) 20:12:31 ID: 4bL6k3ZLMf
山本さんがいなかったら、2005年日本一もなかったし、今のロッテはここまで強くなれてないです
本当にありがとうございました天国でも見守っていてください

急上昇ワード