山村宏樹単語

ヤマムラヒロキ

山村宏樹(やまむら ひろき、1976年5月2日-)とは、山梨県出身の元プロ野球選手投手)である。

概要

甲府工業高時代には2年生でエースで4番を務め、夏の甲子園にも出場。2回戦で高橋尚成を擁する修徳高等高校に敗れる。

1994年ドラフト会議阪神タイガース1位名されるが、1995年1999年の在籍中には15試合しか登板せず、さらに最終年には同僚の中込伸に執拗な嫌がらせを受けたことで自律神経失調症と診断され、1999年10月戦力外通告された。

その後、大阪近鉄バファローズテスト入団。2000年にはローテーションに定着して初めての規定投球回到達、監督推薦によるオールスター出場などを果たす。2005年にはチーム合併により、分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。

2006年には古巣の阪神タイガース相手に、7回1失点。8回裏に追加点を取られ敗戦投手となったが、タイガース岡田監督(かつて二軍監督時代に山村導していた)は「すばらしいピッチングだった」とコメントした。しかし、同年の8月30日北海道日本ハムファイターズ戦で4回5失点。苦手な左打者のが出来ない事から、中継ぎに降格となった。6年ぶりの規定投球回に到達、自身最高&球団最多勝利タイの7勝をあげるも、防御率は規定投球回達成者の中では最低の5.35と不満の残る内容だった。

2007年以降は中継ぎとして活躍。9月1日西武ライオンズ戦では小山伸一郎が9回2死から危険球退場となり、その後を抑えて初セーブを記録した。

2008年から2009年は故障でほぼ棒に振ったが、2010年は復活して自己最多の36試合に登板2011年21試合に登板したが、2012年右手首の故障もあって一軍登板しに終わり、同年限りで現役を引退した。

通算成績

通算:13年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 225 6 1 31 44 2 20 .413 671.1 242 330 400 374 5.01 1.48

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E6%9D%91%E5%AE%8F%E6%A8%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山村宏樹

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 山村宏樹についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/25(日)21時更新