山田康雄単語

ヤマダヤスオ

山田康雄は、 日本男性俳優声優テレビ司会者である。

役者仲間からは「ヤスベエ」という称で親しまれていた。

概要

ルパン三世

1932年9月10日東京府東京市大森区(現・東京都大田区町に生まれる。

幼少期から類の映画好きであり、高校生の頃は授業をサボってでも映画館に通っていた程だったという。ダニー・ケイが演の映画を掴む男』の影から役者を志すようになる。

大学生時代に学生劇団に入団、その後大学中退して劇団民に入団するなど、この頃から俳優としての活動を開始したものの、毎日の基礎練習ばかりに耐えかねて僅か1年で退所する。
1958年熊倉一雄の誘いで劇団テアトル・エコーに入団。初めて舞台に踏み込み、吹き替え仕事も始める。因みに吹き替え仕事を紹介したのも熊倉であり、「ヤスベエ(山田)は容姿も良く、口も達者だったのでピッタリだった。」というのが理由であった。

1959年TVドラマ「ローハイド」でクリント・イーストウッド吹き替えがはまり役となり、一躍有名になる。

1971年からはルパン三世声優に起用され、以後1995年3月19日に逝去するまでの24年間、ルパン三世声優を務めた。

あくまで本業は俳優であり、声優業の傍ら数多くのドラマに出演している。その一方、テレビ番組「お笑いスター誕生!!」で軽妙な会進行を披露し、のみならず顔まで一般に認知された。

1995年3月19日脳出血のため、62歳で死去。

人物

明るく陽気な性格であったが、仕事に対するプライドの高さと信念の強さはかなりのもので、厳しい人物としても知られていた。かがトチれば「だから下手とはやりたくない」と度々愚痴り、同劇団所属だった神谷明も「怖い先輩」としてイイ伝えていた。反面、山田自身がトチることは納谷悟朗が言うところによると「絶対にない」という。

特にアフレコの時点で画が完成していないとアフレコを中止し、帰ってしまったというエピソードは有名である(ただし、次元役の小林清志はあるインタビューで「実際には一度も帰ったことはない」と発言している)。しかもこの時、ただ一人でするのでは説得がないためか、共演していた年上の納谷悟朗に「ね、悟郎さん出来ないよね」と必ず話を振っており、納も同調せざるを得なかったらしい。その理由は「自分達は画がなくても出来るが、ゲストに対して失礼」というのが理由だった。

役者であることに誇りを持っており、「声優」という呼ばれ方を好まなかった。ある時、まだ若い共演者がルパンに憧れて「声優」になったと山田の前で打ち明けられ、その甘い認識に激怒してその場が騒然としたこともあった。これは声優業はあくまで役者仕事の一つに過ぎないという考え方からくるものであり、声優業を軽視していたわけではない。
山田自身も駆け出しの頃は声優業を軽視していたが、実際に吹き替えを体験したことで声優業の深さと自身の甘さを痛感し、考えをめたという過去がある。実際、声優業界全体のギャラ問題の善のため行動を起こしている。

山田康雄とルパン三世

山田とルパンの出会い 

役作りに悪戦苦闘していた山田に、知り合いのスタッフから「参考になるから」と『漫画アクション』から切り取った『ルパン三世』を手渡されたのがきっかけ。それを機にルパン三世に魅了された山田は毎週『漫画アクション』を買い、作中のルパンの「エッセンス」を自らの役にも盛り込んでいったという。

その演技がルパン役の声優を探していたおおすみ(ルパン三世1stシリーズの演出担当)のに留まり、ルパン役の打診を受けた山田は二つ返事で承諾したという。

ルパンへの想い

ルパン三世には深い着を持っており、「ルパンの良いところは義賊じゃないところ」という独自のキャラクター観も持っていた。それ故、「カリオストロの城」で宮崎駿に演技に対する注文を付けられ、怒ってしまったというエピソードもある(その後、試写を観た山田は画のクオリティの高さに驚き、宮崎に謝罪している)。

貌や軽妙なトークルパンにそっくりで、山田康雄=ルパン三世というイメージは根強く、死後の現在でも「永遠のルパン三世」という呼びが高い。一方でルパンに対しては「ありがたさ50%、迷惑さ70%」とるなど、そういったイメージに対し複雑な心も吐露していた。生前出演したテレビ番組では、「ルパン三世が当たり役になっちゃったせいで、ドラマ仕事が来ても泥棒役しか来ない」という悩みをっていたことがある。

開された最後期のルパンとしてのとして、自身が出演するはずだった「くたばれ!ノストラダムス」の劇場宣伝がある。「劇場で待ってるぜ」という宣伝文句は、実際にはわないものとなった。

コブラとの関係

寺沢武一原作漫画コブラ』がテレビアニメ化される際、寺沢先生自身はコブラ役に山田康雄氏を強く推していた。しかし、テレビアニメスペースコブラ制作にあたった東京ムービー新社は同社の制作するルパン三世と同じ役者役のを担当することに難色を示し、結局野沢那智氏がコブラ役を務めることになった。

後年ハドソンPCエンジンCD-ROM2デジタルコミック版『コブラ』を制作することになり、今回は原作者の希望通りコブラ役に山田氏が起用された。

主な出演作品

アニメ

アニメ映画

海外アニメ

洋画吹き替え

ゲーム

TV番組

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%BA%B7%E9%9B%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山田康雄

155 名無し
2017/06/28(水) 10:01:20 ID: WdkVWFYbe3
>>154
亀レスだけどテアトル・エコー離れた方でも演劇を見に来ている方はいたみたいです
多田野曜平さんの話によれば辻村真人さんがよく見に来ていたとか
156 ななしのよっしん
2017/10/15(日) 16:56:29 ID: 8GS5/BV+CG
声優仕事が来てくれるから嬉しいけど自分的には俳優として偉業を出していたかったんだろうな声優じゃあ外見も出せないししか残らないし亡くなってもニュースにもならないこともあるし俳優として生きていたかったんだろうとは思うよ
157 ななしのよっしん
2017/10/16(月) 22:04:26 ID: O/bAZ/yogQ
そらヤスベエはもともと舞台俳優だもの
本人の意識も「声優俳優の技の一つ」というものだったし
というか現在日本では声優は一つの独立した分野になってるけど、それは「ヤマト」以降アニメ人気確立して以降の話だよ
演劇人にも麻上洋子あたりから「声優志望」が出てき始めた
158 ななしのよっしん
2018/01/26(金) 21:53:37 ID: K0CThFwttw
シナリオに厳しい事言う人だったけど
山田さんにベストセラーまで上り詰めた
リアル鬼ごっこ」読ませたらどんな反応するんだろ
159 ななしのよっしん
2018/07/10(火) 22:07:04 ID: VUe+2p/UT8
康雄さんからクリカン大丈夫だったけど
未だに不二子、とっつぁんは慣れないなぁ
不二子が若すぎる、とっつぁんは渋みが足りない
160 ななしのよっしん
2018/08/23(木) 02:00:39 ID: /zcn/lZqdW
>>142
ゲームは流用含め僅かにあるけどパチスロルパンの方が一切いんじゃないかと
クリカンの時代からパチスロ進出してただろうから仕方ないとは思うが、映像の使いまわしはあってもの使いまわしは一切いみたいだな
161 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 14:18:36 ID: QMzVIk3iyO
山田さんのように、アニメではほぼ一役で(一般的に)名を残した役者は凄いと思う。テッカマンアンドロー梅田マシリトPCEコブラも演じてはいるが、ルパン山田康雄みたいに二を印づけたのは本当に素晴らしい

今のアニメを観ていると、例えば神谷浩史などのような複数の作品で役や重要な役柄を十何年単位で演じ続けている役者も確かに凄い。
凄いことは凄いが、作っては捨て、当たればすぐに続編を作り、みたいな現状では、例え彼らのような役者といえども、業界から見れば“所詮は消耗品”としか見られていないのではと考えてしまう。もっといえば“消耗品として優れているから”使われているようなものではないのか?
また“売れっ子声優”になるということは、消耗品から耐久消費財になるみたいな位置付けで見られてしまっているのではないかと思う。

山田さんのような昔の舞台出身の役者と今の役者とで単純に較するのもナンセンスだが、たくさん演じてナンボの今より、昔の方が役者に対しての有難みやリスペクトが強かったのではないか。それを踏まえても山田さんは凄い役
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
162 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 14:33:43 ID: BDpvDJmaeN
その辺は給料の話でもあるから、今ってほんとに安いし
163 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 00:50:01 ID: mk7mTfpmvA
時代だよね。
164 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 00:00:20 ID: vJ+aAwkWoO
ルパン三世1stシーズンのある話の収録で、山田さんが二階堂有希子さんの演技だか不二子キャラ付けだかにキレたって話を聞いたんだけど、ソース知らない?

急上昇ワード