山県きらら単語

ヤマガタキララ

山県きらら(やまがた ―)とは、ライトノベル原作および漫画化・アニメ化作品『妹さえいればいい。』に登場するキャラクターである。

アニメ声優赤﨑千夏が務める。

概要

原作1巻で初登場。一人称は「私」。誕生日6月19日で、原作5巻の時点で28歳。スリーサイズは不明。

ギフト出版GF文庫に勤めている女性編集者ショート黒髪メガネと落ち着いた格好をしており、右泣きぼくろが特徴的。担当作家可児那由多笠松青葉など。

大学時代は文芸部に所属しており、プロして数多の新人賞に応募するも入賞には至らなかった。卒業編集者になってからも密かに執筆を続けるが、生まれもっての天才可児那由多の作品をの当たりにし夢をきっぱり諦めた。そんな那由多の新人賞応募作を編集部内でっ先に読んだのも山県であり、読了後即担当に立補するほど彼女の作品に惚れ込んでいる。熱心な可児那由多フォロワーである作家笠松青葉の担当に立補したのもそのためであろう。ただし彼女たちとの関係はあまり良好ではなく、山県も悩んでいる。

山県の発言は業界や担当作家に対する愚痴が多く、少しピリピリした印を受ける。特に締め切り破りの常習犯である那由多については「クソガキ」「年下の小」など嗟にまみれた発言をするが、あくまでそれは情の裏返し。根は非常に作家思いである。

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

山県きらら

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 山県きららについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!