岡部幸雄単語

オカベユキオ

岡部幸雄とは、かつてJRAで「名手」と称えられた元騎手である。

武豊が記録を更新するまで、中央競馬の最多勝記録2943勝を保持し、40年近く現役を続けた競馬界のレジェンドの一人である。

概要

1964年馬場騎手養成所に入学同期には「追い込み柴田政人、「天才福永洋一もおりの15期生と呼ばれる騎手界の世代の一人である。

1967年デビュー。当時は競馬界も縦社会が当たり前のように通用しており、先輩に揉まれながらその知識や経験を吸収していった。

1971年に初の海外遠征としてアメリカレベルの高い競馬の当たりとして、以後はアメリカ競馬標に海外遠征を精的に行っていく。彼の乗り方もアメリカのものを取り入れた結果である。

岡部とシンボリルドルフ

岡部シンボリルドルフは運命のめぐりあわせであった。当初戦騎手はシンボリルドルフにも乗っていた柴田政人の予定だったが、あまりにもルドルフ調子がいいので急遽デビュー戦をやろうと新潟競馬場の新戦をデビューに選んだ。その時競馬岡部新潟戦場だったので、岡部に決まったという。野調教師が芝のレースに出させたいというのもあり、往復に時間のかかって当時ダートしかない札幌競馬場より芝のある新潟のほうがルドルフに負担をかけないというのもあったようだ。

海外遠征の先駆者とも言えルドルフにあたるスピードシンボリで果敢にも海外の強に挑んでいった野と同じくレベルの高い海外競馬標としていた岡部との巡りあわせもある意味必然だったのもしれない。

岡部は回顧する。「これが日本最高峰のサラブレッドだ」と。
岡部引退した同年に敗の三冠馬となるディープインパクトとの較を問われた時でも、欠点が少ないからやはりルドルフの方が上と答えている。

クラシック三冠敗で達成し勝つことが当たり前のように称された皇帝シンボリルドルフ
岡部は勝つたびに掲げるを増やしていった(最後に勝った有馬記念は7本をしなかったが)。最終的に七冠となるルドルフを彼の最高の相棒とするは多い。

乗りたい馬に乗る

今でこそ特定の厩舎騎乗専門でないフリーランスの騎手は多いが、その先駆者は岡部であった。

彼は1984年フリー宣言をするのだが、前年に所属厩舎の縁故を重視して桜花賞戦だったダイナカールに乗れなかった結果、ダイナカールは3着に敗れてしまったことが一因とされる。

同年に戦だったビゼンニシキルドルフ皐月賞戦の弥生賞でかち合った時も、ノータイムルドルフを選択し、ビゼンニシキ調教師を激怒させ、以後彼に騎乗を任せることは一切なくなった。
だがルドルフを選択した岡部ビゼンニシキに全て勝ったため、彼の選択は正しかったと明されたのである。

以後騎乗がかち合った場合は、師的な関係であった柴田善臣田中に騎乗を回すことで依頼を断らずにかち合わなかった場合は岡部が乗るというスタイル確立した。

またレースのみに集中したいため、その他の交渉事を専門の代理人に任せたのも岡部が初である。

岡部とタイキシャトル

晩年の相棒としてはタイキシャトルが挙げられるだろう。短距離マイルと称された同戦は岡部だった。そしてその調教師は野の下で働いていた藤沢和雄であった。
藤沢の管理岡部はよく乗っており、タイキシャトルもその1頭だった。

スプリンターズステークス安田記念マイルチャンピオンシップ2連覇、初の同年スプリンターズSマイルCSを連覇した98年当時、1800の最速サイレンススズカとの対決も望まれたがその機会は97年のマイルCSの1回だけだった。伝説98毎日王冠に出走する予定は藤沢くあったとしながらも実現はしなかった。

岡部は同でGIジャック・ル・マロワ賞を制覇し、念願の海外GIタイトルを獲ることができた。
この時岡部は悲願って泣いている。

だが引退レースとなった2度スプリンターズSは急遽引退レースに決まったというのもあって営は舐めプ気味で、慢心した結果マイネルラヴシーキングザパール(初の日本調教海外GI制覇)に差されて3着という何ともな結果になってしまった。

競馬界のレジェンド

岡部中央競馬リーディングジョッキー(その年の最多勝)になったのは1987年のことで、既に岡部39歳であった。この時の記録は福永洋一131勝をえた138勝。なお現在の最多勝記録は2005年武豊212勝である。武豊マジチート
その後岡部関東リーディングジョッキーを6年連続で、89年~2000年までの12年間の関東リーディングを9回と、まさに西の武豊、東の岡部状態だった。

岡部が勝ったGI・重賞の大半は40歳を過ぎてベテランになってからのものであり、自他ともに認める晩成騎手であった。

通算成績は武豊更新された記録もあるがそれでも2005年当時の記録はほぼ岡部によるものである。
2005年には長年の左膝の故障もあり、自分のイメージ通りの競馬ができなくなったとし、引退を決めた。前人未到の3000勝は見えていたが、記録のために続ける気は元からなかったようである。

八大競走は惜しくも桜花賞は未勝利全制覇はならなかった(先述のダイナカールが最大のチャンスだった)。
引退後は評論家として、導者としての人生を歩んでいる。

人物

優先義で知られる。これは競馬役はあくまで競走馬であり、携わる人間線に立っての気持ちをみ取るものだという考えである。

ダービー出走が的になってしまい、まだまだ未発達なまでそれが標になって理な育成をする。そうするとの競走が犠牲になってしまう。マティリアルのように」

マティリアルについては該当記事に譲るとして、後年岡部はこう回顧する。

「もしマティリアル皐月賞ダービーを使わずに休ませていたら、どれだけ強いになっていたかわからない。それでも、マティリアルの競走生活はそうして幕を閉じてしまったのである。
戦う勇気ではなく、やめる勇気ブレーキをかけることがアクセルを踏み込むことよりも勇気められるケースは少なくない。そしてその勇気が持てるかどうかは本当に重要な意味を持っている。そうしたことをマティリアルに教えられたのだ」

マティリアルシンボリ牧場のドンである和田ワンマンに壊されたの典ともいえるケースであり、岡部はそれを教訓として優先義を掲げる一因になったのだろう。

だがともすれば勝利よりも優先すべき事項が発生するこの考え方は批判されることもあり、「調教は美でやれ」とファンに詰られたことや、競馬神様と言われる大川慶次郎には「実は確かだが、レースの後でこれは練習でしたとか言われたら返せとも言いたくなる」と言われた。
岡部はこれについて「正当性はよくわかる。最後まで追えば1着なのに手を抜いて2着とか、3着(券圏内)に残る可性があるのに流したりはしていない。あくまでファンを裏切らない範囲で将来を見据えたレースをしていた」としている。

岡部の乗り方は最低限の負担で勝つ、これに尽きるトウカイテイオー安田行が2年岡部に乗り替わったのは安田の乗り方が影しているという説もある。コースロスも少なく、駄のない騎乗は騎手の手本となり、努を惜しまず堅実に確実に勝つ。
一番大事なことは「騎手がに働きかける要素を減らすこと」で、騎手が自分勝手にを導いてもいい結果は出ない事が多いのだとる。
中にはレース展望とは違う展開も時に出てくる、その時に試されるのは騎手の判断と即決。それが「勝負勘」である。これは経験と努で培うことができるとした。

立ち振る舞いも社会人として気を付けなければならないとしており、騎手であっても最低限の常識は持ち合わせておくものであると考えている。

関連動画

岡部最高の相棒皇帝」。

岡部ガチ説教(棒読み)。

関連商品

岡部は自著も多い。

関連コミュニティ

岡部幸雄に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%A1%E9%83%A8%E5%B9%B8%E9%9B%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岡部幸雄

1 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 12:20:20 ID: SgB0fCfdxf
作成乙
……ネット競馬評価見るに評判悪い話もにしてしまうな、持ち過ぎてアレコレとか。
2 本当は必要だろ
2019/01/10(木) 06:01:47 ID: JBTTZZz0Cb
タレント優香は姪