岩手県北バス単語

イワテケンホクバス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 岩手県交通とは異なります。

岩手県北バス(正式名称:岩手県北自動車株式会社)は、岩手県盛岡市1-17-18に本社を構えるバス事業者。

概要

通称、「県北バス」。
歴史的経緯から、岩手県内の北部のバス事業をっている存在の企業である。
中部南部は「岩手県交通」がっている。
また、宮古市内にて浄土ヶを遊覧する観光船や浄土ヶパークホテルを、
八幡平内にて東北自動車道岩手SA(上り線側)の施設運営をしている。

岩手県内にて道路客運送が始まったのは1906年。で、盛岡市と東閉宮古町(現:宮古市)を結んでいた。1912年にバス輸送になった。
1923年に鉄道によって山田線が開通するまでバス輸送は続けられた。

その後、県内に多数の中小バス事業者が誕生するが、第二次世界大戦中である1942年、陸上交通統制の通達が出されたことにより、県内の太平洋側北部エリアバス事業者は「岩手県北自動車」として強制的に合併されることとなった。当時の本社は下閉町に存在した。

山田線はちょくちょく災害で運休することが多い路線であるが、この路線の代行輸送で生き長らえてきた。
1948年アイオン台風の際には、県北バスの収支が善してしまうほど長期間山田線が長らくの間不通になっていた。
山田線1951年全線復旧するが、沿線自治体からは「県北バスも輸送を強化するように」との要請が出ていたことから、これに味をしめた県北バスは、盛岡市宮古市を結ぶ急行バスを運行するようになった。
当初は国道がまだ未完成だったことから、片5時間もかかっていたが、1978年国道106号線の良工事が完成すると片2時間程度での運行が可となり、「106急行」という称が付けられた。
県北バスは106急行に社運を賭けており、鉄道より速くマイカーより快適というウリ文句で営業を開始した。
すると、これが大当たり。山田線から乗客を奪い取ることに成功した。
続行便を出し、経営が更に善するほどのレベルにまでなった。

しかし、2008年に発生した岩手・宮城内陸地震や燃料費高騰などの煽りを受け、2009年民事再生法の適用を申請し、事実上の倒産となった。
その後、経営共創基盤(みちのりホールディングス)の支援を受け、経営再建に入った。

2016年青森県八戸市南部バスが民事再生法の適用を申請し、事実上の倒産
南部バス2017年、全財産・全従業員を県北バスに引き渡すことになった。
そして、南部バスは「岩手県北バス南部支社」となった。

高速・急行バス

要停留所を記載。特に記載のいものは県北バス単独運行。
南部支社運行便については南部バスの記事を参照されたし。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%A9%E6%89%8B%E7%9C%8C%E5%8C%97%E3%83%90%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岩手県北バス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 岩手県北バスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード