岩浪美和単語

イワナミヨシカズ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

岩浪美和とは、(いわなみ よしかず、1962年5月19日-)は、日本男性音響監督神奈川県横浜市出身。

概要

アロハシャツ・短パンサンダルというラフな貌でアフレコ現場を眺めているオジサンがいたら用心せよ。その男は十中八九音監督として有名な岩浪美和その人である。

このウン十年(少なくとも90年代初頭には既に最前線で活躍している)の大ベテランであり、培ってきた人脈と経験を買われ、「このアニメは絶対にコケさせるわけにはいかない」というタイトルに起用されることが多い。また、『トランスフォーマーアニメイテッド』や『パンスト』では、自身が関わっていない初代・原典などのオリジナルキャストを招くといった荒業も披露している。

ちなみに、
・彼が担当した子供向け作品はキャラクターたちが最終回などに主題歌合唱したりすることもある。きっかけは『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズ』。
・大のイヌ好き。
アフレコ収録中は、声優のことを役名で呼ぶ。正式な役名ではなく好き勝手な渾名で呼ぶことも。
アニメ業界を描いた『SHIROBAKO』では、岩浪氏は製作に関わっていないが、氏をモデルにしていそうな「稲浪良和」というキャラクターが登場する。一見ぶっきらぼうだが作品を摯に大切にし、にも等に接する素敵な音響監督として描かれているが、本人はツイッターにて「あんな格好よくないですって」と笑っている。 

水島努監督作に多く参加しており、音響効果の小山恭正氏と組むことが多い。

DOLBY ATMOSDTS:Xと言ったイマーシブサウンドでの制作に積極的であり、2019年10月現在邦画アニメDOLBY ATMOS採用作品はHELLO WORLDガールズ&パンツァー最終章などを始め5作品あるが全て岩浪氏が制作に関わっている。編集時現在DTS:Xに至っては邦画作品で実写含みガールズ&パンツァー最終章のみとなっており、言わずとも岩浪氏が制作に関わっている。

近年の代表作はTYPE-MOON×ufotable制作作品(2015年まで)、A-1制作の「ソードアート・オンラインシリーズ、「Fate/Apocrypha」、他には「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ、「プリンセス・プリンシパルシリーズ、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ガールズ&パンツァー」など。

声優無法地帯

岩波氏は時々海外アニメ吹き替えの脚色・監督を任されることがあるのだが、原作の内容が暗かったり難解だったりして「あっコレ視聴者にウケねーや」と判断した場合、ギャグマシマシに脚色するという手法を取る。これは自身が担当したテレ東版『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』にて(もともとギャグ成分多めであったのだが)アドリブギャグ多めの脚色が大ウケしたことに端を発している。特に『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズシリーズにおいては、後に「声優無法地帯」と称されるほどのはっちゃけっぷりを見せた。

しかし、無法地帯といってもさすがに全面的に許しているわけではなく、話の根幹に関わる重要なセリフギャグ変を許さずしっかりしゃべらせるし、行き過ぎたアドリブブレーキをかけたりもする。
例えば『ビーストウォーズ』および『ビーストウォーズメタルス』ではタカラ側から「コンボイだけはにやってくれ」と言われて子安武人アドリブ量を抑えさせたり、メガトロンが両腕をあげたシーンで「グリコー!」と叫んだ時はスポンサーグリコがいないこともあって流石にNGにしたりしている。

また、『X-MEN』のようなな作品においては過剰なアドリブを要したりもしていない(総集編でははっちゃけてるけど。あと千葉繁若干一名常時はっちゃけてた人もいる)。これにはプロデューサーから「今回は普通にやってくれ」と要請されたという事情もあったのだが、結果はというとCAPCOM格ゲーこそヒットしたものの、玩具の売り上げは鳴かず飛ばずの大失敗になってしまった。

岩浪御大伝説

主な作品

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や~わ行

インタビュー記事

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%A9%E6%B5%AA%E7%BE%8E%E5%92%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岩浪美和

190 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 12:20:24 ID: Z2ElJ9DnLe
今期はまちカドまぞくの音響監督
191 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 22:15:43 ID: VkLgRLZNDP
まぞくで名前見てきらら作品であまり見ん人だなとここ来てみたら
あっちこっちアニメ化されてたのを今更になって知った
192 ななしのよっしん
2019/09/09(月) 13:38:22 ID: Bo/N+0B8A8
概要にもあるけど有名な所なアニメ見ると大抵参加してるからOPEDクレジット見てて「あ、岩浪さんだ」ってなる人
193 ななしのよっしん
2019/09/11(水) 03:15:03 ID: Py+RW7gD2F
最近はもう音響デザイナー的な立場に見えてきた
というかアニメ実写問わず、ここまで作品、特に劇場においての音響にこだわりがある人初めて見た
押井守も相当だったけど
194 ななしのよっしん
2020/01/02(木) 19:51:12 ID: /R0NUghFYq
何故かかの悪名高いギニーピッグシリーズの血マンホールの中の人も担当してんだよなこの人
ほんと色々やってるのね

195 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 15:28:19 ID: 2VVf1rcvj7
たしかギニーピッグは全作で音響か編集で関わってるはず。
メイキングではインタビューワーやってたり、ノートダムアンドロイドでは脚本も担当してる。
196 ななしのよっしん
2020/03/31(火) 01:33:50 ID: lYLEEYzi7e
初めての岩浪体験は、
90年代ラジオドラマ文化の中なのだけど
エンディングクレジットと言うシステムは衝撃で
初期はただ役者が一人ずつ役名を順番に言うだけだったが
次第にお題に対して一言を言うようになり、
週楽しみにするようになった。
演出と言う分野では、個性が作品に見えて凄い。

なぜ他の人は真似しないのかと思った
まあ、全員を一箇所に集めて録音を別取りしないのは
岩浪さんらしいとも言えるが。
197 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 13:34:09 ID: U7cbR2TIQ9
SEへのこだわりはすごくいいんだけどとりあえず音量でかくするのはどうにかしてほしい
出すためとはわかるがうるさすぎる
198 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 13:37:31 ID: FnWNpdKfMI
ぐっとレベルを上げてぐしゃっとデジタルコンプレッサー掛けるタイプ
199 ななしのよっしん
2020/05/23(土) 11:16:28 ID: Z2ElJ9DnLe
この人がやったこのすば音響監督自ら音響やったプリコネRアニメはやっぱかなり違うな
このすばだと音で距離がわかる感じだけど、プリコネだとそうじゃない
同じ音響効果と録音なのに、さすがは岩浪さんというのか

そろそろガンダムとかの音響監督もやっていいんじゃないか?