岸辺露伴単語

キシベロハン
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

岸辺露伴(きしべ ろはん)とは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場人物である。称は露伴先生露伴ちゃん。第4部終了後も、番外編外伝などでり部役を務める事が多い。

CV神谷浩史ASB版EoH版) / 櫻井孝宏テレビアニメ版

概要

岸辺露伴

杜王町に住むスタンド使い漫画家1979年生まれ、第4部時点で20独身B型
人間嫌いでプライドが高い。16歳の時から『ピンクダーク少年』を連載中。
尊敬していると本音ではないが読者向けに言っている漫画家は「こせきこうじ」。

人付き合いが嫌いであるためアシスタントスタッフは雇っていないが、その超絶漫画作成コマ線・効果線は一で素く正確に描く、ペンの一振りで飛ばした汁でベタ塗り璧に仕上げるなど)により、19ページを4日で仕上げることができる。この自重しない性格のおかげで当初は東方仗助らと交戦したが、漫画への情熱が凄まじいだけであり悪人というわけではなく、事件以降は康一仗助らと協する場面も多かった。

漫画は、や名のためではなく「読んでもらうため」に書いている。そのためにリアリティのある題材を常にめており、そのためにはどこへだって行くし、どんな然とやる事実、作中での彼の行動原理の根幹には「漫画を描く」事が前提として存在したため、おそらく世界が滅亡しようとも命ある限り、彼は漫画を描き続けるだろう。

この岸辺露伴が金やちやほやされるためにマンガを描いてると思っていたのかァ―――――ッ!!

略歴

わたしの能力『ヘブンズ・ドアー(天国の扉)』によって・・・ 心の扉は開かれる!

ヘブンズ・ドアー(天国への
【破壊:D / スピード:B / 射程距離:B(絵が見える範囲?) / 持続:B / 精密動作性:C / 成長性:A】 
露伴スタンド。人を書籍化し、その記憶を読むことができる。本になった対は、その生まれてから現在までの人生にまつわる全ての記憶が偽りく正確に書かれており、他人に知られたくない恥ずかしい記憶までも網羅されている(ただし露伴は専ら「漫画の題材を研究するために記憶を読む」だけで、読んだ記憶の内容を他言したりはしていないが)。例外として、本人が誤認していたり自覚がいものに関しては、書かれた情報が正確ではない場合もある。
本にされた相手は行動を制限され、また本のページを破り取られると破られた部分の記憶を失い、さらに体重も減してしまう。ただし書籍化自体は体や生命への危険はく、露伴の意思で任意の解除が可で、ページを破った場合も任意で元に戻せる。
また書籍化した人に条件や命を書き込めば、書いた通りにその相手を支配することができる
スタンドによる支配は凄まじく、頭でどれほど命を拒否しようとも逆らえない。例えば『岸辺露伴を攻撃できない。』と書き込めば、書かれた相手はいかなる手段をもっても露伴に対して(体的にも精的にも)危を加える事は絶対にできなくなる。また『時速70km/hで背後へ吹っ飛ぶ』と命を書けばその通りの速度で身体が吹き飛んでいくなど、体的に実行不可能な命もある程度は可のようだ。また「焼身自殺します」「スタンドボロボロになる」という命を書き込んだ(書き込もうとした)描写からすると、露伴がその気になればスタンドデスノートギアスのように運用することも可になるらしい。
発動条件は露伴の成長とともに変わっており、最初はスタンドビジョンが存在せず生原稿を相手に見せる事で発動していたが、ストーリーの進行と共に中に描いた絵から発動できるようになったり、最終的にはスタンドビジョンが発現したことで、スタンドによる攻撃で発動するようになった。スタンドの外見はピンクダーク少年主人公らしき少年に似ている。
基本的には人間に対して行使するだが、人間並みにある程度知を持った対であれば人間以外の動物幽霊スタンドに対してを発動する事も可
主人公ボスのようなキャラでもないのにスタンドが大きく成長したしいケースでもある(他に第4部でスタンドの成長が描かれた登場人物は広瀬康一吉良吉影のみ)。第5部に登場するチョコラータのように、好奇心が並外れて強い人物である故だろうか。
絵柄の変化もあると思われるが、後年の作品ではまたスタンドビジョンが変化している。もしかしたら連載中の『ピンクダーク少年』にあわせて変化しているのかもしれない。
ちなみに書籍化した相手が死ぬ寸前の場合は、本に書かれている当人の記憶がどんどん消えていき、全ての文字が消滅すると、その人物は死亡する。また死人を本にしても『』の文字がビッシリと書かれているのみで、その人物の生前の記憶を読むことはできない。
名前の元ネタははアメリカフォークシンガーボブ・ディラン』の楽曲「Knockin' On Heaven's Door」。
時折『ヘンズ・ドアー』と表記されたり、『ヘブンズドアー』と『』が抜けている場合もあるが、いずれも誤り。

スタンド能力に関するいくつかの考察

戦闘のみならず実生活でもあらゆる用法を見出せる万スタンドだけに、ファンの間でも他のキャラクタースタンド以上に様々な使い方やスタンドバトルに関する議論がなされる事が多い。以下に、いくつかを記述。

  1. 外国人を本にしたら、本の中は海外の言葉(当人の出身の言)で書かれているのか?
    →例えばジョセフを本にしたら記憶は英語トニオさんを本にしたら記憶はイタリア語で書かれているのか?
  2. 体を操ることはできても、精を操る事までも可なのか?
    山岸由花子に「康一くんを一生嫌いになる」と書いたらそれは効くか?多分そのページを自で破り捨てられる。
  3. ヘブンズ・ドアーの命は、具体的にどこまで従わせることが可か?
    →「時速70km/hで吹っ飛ぶ」と書き込んだらその通りの速度で吹っ飛んでいったが、では「マッハ2で吹き飛ぶ」と書いても同じように吹き飛んでいくのだろうか?同様に、「スタンドボロボロになる」と書いたように「体がボロボロに朽ちる」と書いたらその通りになるのか?
  4. トーキングヘッド(が取り付いた人物)に『をつけない(本当の事しか喋れない)』と命を書いたらどちらが勝つ?
    ヘブンズドアーのによって本当の事を喋ろうとするが、言葉を発する際にトーキングヘッドが言葉をの内容へ変換してしまう。ただし「をつけない」という命には絶対に逆らえないのでジレンマに陥った結果、恐らくは『一言も喋れなくなる』可性が大きい。
  5. 露伴の書いた絵が見れないであろう、盲目の相手にもスタンドは有効?

余談

地方出身の漫画家、連載している『ピンクダーク少年』の内容等、作者荒木飛呂彦モデルとした部分が多いキャラクターである(4部の杜王町自体も、作者の出身地近辺をモデルとしている)。
実際のジャンプ新人賞などで「岸辺露伴(もちろん中の人荒木先生)」が審員を務めたり、番外編などに「原作:岸辺露伴、作画荒木飛呂彦」とクレジットされる作品が少なからず出版されたりしている。
このため、中の人である荒木先生は、初見の人から「岸辺露伴のようなエキセントリックな人物なのだろう」というあらぬ誤解を受けてしまい、初対面でも身構えられてしまう事が多くなってしまったそうである。もちろんそんなことはないので安心してほしい。

また、エキセントリック漫画家キャラクターという事もあり読者からは「露伴とは、作者荒木飛呂彦の移し身たるキャラクターなのか?」と言われる事もあるが、これに対して荒木は「自分の中の漫画家の理想像を投影しているキャラクターであって、自分を投影したわけではない」とも断っている。

もっともヘブンズ・ドアーのによって対面者がこのような認識に書き換えられている可性は否定できないが。

関連動画

関連イラスト

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%B8%E8%BE%BA%E9%9C%B2%E4%BC%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岸辺露伴

718 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 15:46:38 ID: klu1HPu69q
ギャンブルで相手がイカサマしてるのに気づいても、
貴様イカサマしてやがるな!ふざけやがってこの勝負は効だ!」と言わず、イカサマを見破れない自分が悪いて思う性格カッコいい気がする。
あの異常な描画スピードスタンドなのか素の才なのかは今でも不明だけど、ペン先からインク飛ばして上手い事ベタ塗りになるなんて人間技じゃないのでやっぱりスタンドかな?
719 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 07:31:10 ID: bUp8ror3CJ
あれ普通スタンドじゃないぞ
露伴先生スタンドは人を本にするだから全く関係ない、本人の技術
720 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 10:17:47 ID: HWzl3oOJ8p
要味方キャラの中では命の恩人(美)を殺された敵討ちという意味で一番吉良吉影との因縁があるのに肝心のVS吉良では立った活躍ができなかった人。スタンドが直接戦闘には不向きなんで仕方ないっちゃないんだけど。

露伴ファン友達はそこが不満で「主人公仗助はともかく最後にボコるのは承太郎から譲ってほしかった」と嘆いている
721 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 12:22:57 ID: 11+cJqnHxN
ボコるのは露伴スタイルでもヘブンズドアーのスタイルでもないからやらなくて良いけど、
最後の小でのトドメを伏兵アーノルドじゃなくて
「自分が殺した人間に呼ばれたら振り向く」
ってヘブンズドアーで書き込んであったとかだったら良かったかもね
722 ななしのよっしん
2018/11/07(水) 01:23:16 ID: HWzl3oOJ8p
あのシーンはあのシーン美とアーノルドの15年間分の怒りをはらすという意味で見せ場があるからなあ。まあ吉良戦の露伴ヒロインポジションということでいいんじゃないかと思う。人の一番の的もどうやって露伴の死の運命を変えるかだったし
723 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 09:16:13 ID: bUp8ror3CJ
立ちはしてないけど露伴先生は「人にたどり着く」という重要な役割を果たしている
露伴先生人にたどり着き、人がバイツァ・ダストの定めた運命に打ち勝ち、仗助億泰吉良ダメージを与え、承太郎康一バイツァ・ダスト発動を防いで、救急車吉良に止めをし、美さんとアーノルド吉良あの世送りに
杜王町の皆で吉良を倒し、それに露伴先生も貢献している、はそれで十分だと思う
724 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 14:01:00 ID: nOG3mgWKoC
>>718
カッコいいけど、ギャンブルには向かない性格のような気はするな…
725 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 00:18:03 ID: oCgkI5rEJl
>>718
今思えばダービーみたいなこと言ってるな...ただし自分がイカサマされるほうだけど
726 ななしのよっしん
2019/02/25(月) 01:10:29 ID: wBgrZMv5ME
ひとつだけ言っておこ
君はを乗り越えると言ったが・・・
君より9年も長く生きているから教えてやろう・・・
他人を負かすってのはそんなに難しい事じゃあないんだ・・・
もっとも『難しい事』は!
いいかい!もっとも『難しい事』は!
『自分を乗り越える事』さ!
ぼくは自分の『運』をこれから乗り越える!!

この台詞が個人的に一番好き
心にいたしじゃんけん勝負なのにめっちゃかっこいい
Great Days歌詞にも採用されたフレーズだったり
727 ななしのよっしん
2019/09/15(日) 06:31:40 ID: FmDweGc/JE
トーキングヘッドがとりついた、最初のセールスマン。露伴の玄関のドアの前に立った時点で、背中通行人に見られるだろ。
トーキングヘッドは、防犯カメラなどの映像ごしでもダメなのだろうが。

急上昇ワード