岸辺露伴は動かない単語

キシベロハンハウゴカナイ
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

岸辺露伴は動かない(きしべろはんはうごかない)とは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」を題材としたスピンオフ短編ストーリーである。この項では、メディア化されたOVA版及び実写ドラマ版についても触れる。

概要は動かない

ジョジョの奇妙な冒険・第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場するキャラクター岸辺露伴ストーリーラーとした、短編(読み切り)漫画である。これらの作品において、露伴主人公ではなくナビゲーターという立場を取っているため、「動かない」というタイトルには『岸辺露伴り部であって、主人公ではありませんよ』という意味が込められている。
ストーリー原作)を岸辺露伴が、作画荒木飛呂彦が担当した、という構成も大きな特徴。
スピンオフではあるが、ジョジョ本編とは時系列露伴スタンド「ヘブンズ・ドアー」のスタンド像やの描写に違いがある。

2020年現在、「~エピソード#16:懺悔室~」「~エピソード#02:六坂~」「~エピソード#05:富村~」「~エピソード#06:密漁~」「~エピソード#04:望月お月見~」「~エピソード#07:月曜日-天気~」「~エピソード#08:D・N・A~」「~エピソード#09:ザ・ラン~」の8タイトルが発表されている。
また、岸辺露伴が出演している作品には「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」「岸辺露伴 グッチへ行く」などといったタイトルもあるが、こちらは岸辺露伴主人公スピンオフ作品として扱われている。
また、ウルトラジャンプ付録冊子として別作者が手掛ける短編小説集も3回に渡り付属し、後に書き下ろしも含めて単行本として2冊出版された。

2013年11月19日には、「岸辺露伴 グッチへ行く」を含めた5種類のエピソードが収録された単行本が発売。長年待望され続けていた単行本の刊行によって、リアルタイムジャンプを買い逃した人も全てのエピソードが読めるようになった。

2016年TVアニメジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないBlu-ray&DVDの全13巻購入特典として、「岸辺露伴は動かない~エピソード#05:富村~」がOVA化される事が発表された。

2017年7月から3回に渡りウルトラジャンプに複数の小説家が書いた「岸辺露伴は動かない」の7本のスピンオフ短編小説付録冊子として付属。2017年8月号に「くしゃがら」「Blackstar.」「幸福の」、同年9月号に「検閲方程式」「夕台」、2018年1月号に「血塗」「シンメトリールーム」が収録された。

2018年6月19日に上記の「くしゃがら」「Blackstar.」「血塗」「検閲方程式」に書き下ろしの「オカミサマ」を含めて「岸辺露伴は叫ばない」が、翌19日には上記の「幸福の」「夕台」「シンメトリールーム」に書き下ろしの「楽園の落穂」を含めた「岸辺露伴は戯れない」が単行本として出版された。

2018年7月19日には漫画単行本第2巻発売。さらに「岸辺露伴は動かない~エピソード#02:六坂~」のOVA同梱版も発売。

2019年12月8日から「~エピソード#16:懺悔室~」「~エピソード#09:ザ・ラン~」の2エピソードを含む新作OVAの上映ツアー「奇譚見聞録」が4ヶ間9回に渡って開催された。

2020年3月25日には上記の2エピソードを含む新作OVABlu-ray及びDVDで発売され、先立ってOVA化した2エピソードも含めたBlu-rayも発売された。

2020年12月には初の実写ドラマ化。演に高橋一生、脚本をジョジョテレビアニメシリーズで脚本を務めた小林靖子が手掛け、NHKにて同28日から3連続で放送される。本作で取り上げられるのは「~エピソード#05:富村~」「~エピソード#08:D・N・A~」に加え、短編小説集「岸辺露伴は叫ばない」から「くしゃがら」。特に後者荒木が直接関与しない作品としては初の映像化となる。

2021年には、OVA化した4エピソードNetflixにて全世界独占配信される予定である。

ストーリーは動かない

岸辺露伴は動かない ~エピソード#16:懺悔室~

1997年ジャンプへ掲載された、「岸辺露伴は動かない」の題を冠した最初の短編作品。
後の1999年には単行本として収録された。

参照→「死刑執行中脱獄進行中

岸辺露伴は動かない ~エピソード#02:六壁坂~

上記の「懺悔室」発表から10年後の2007年に、新規に発表された読み切り作品。
ジャンプスクエア2008年1月号に掲載された。
作者荒木く『最初の「懺悔室」のエピソードシリーズ化して何作品か描いてみたいという発想が既にあり、ジャンプスクエアから短編ストーリーの依頼が来た際にこのストーリーを「第2弾」として描くことにした』とのこと。
なお、雑誌掲載時はエピソード番号が振られなかったが、単行本化の際にエピソード#02と修正された。

作品中の時系列現実の掲載時期と合わせ、「懺悔室」から約8年後の2007年となっている。
本作の岸辺露伴は、妖怪伝説の取材の為だけに山を6つ買収し、その土地に持ち上がっていたリゾート計画を潰すも計画の頓挫に伴い地価が暴落し破産した結果、財産も失い広瀬康一居候している。そこへ編集担当のが作品の打ち合わせに訪れた際、露伴に原稿料の前借りを相談され呆気にとられるが、露伴は「六坂の妖怪は今も存在する」と告げ、数年前に発生した事件と露伴の身に起こった奇妙な出来事りだす。

 

ちなみに本作の冒頭では、小林玉美音石明らしき男が2人、露伴サインめるシーンがあるが、彼らが玉美及び音石と同一人物なのかは不明。玉美(らしき男)は露伴とはまるで初対面のような口を利いているが、ギターを持った男は「音石」と名乗っているので恐らくは両者とも本人だろう。
また、同じく冒頭で露伴が「『るろうに剣心』単行本を全部売っ払った」と発言している件に関して、「るろ剣作者和月伸宏は『天国へのが開いた気がした』とコメントしている。ちなみに和ジョジョファンでもあり、自身の作品『武装錬金』でも主人公武藤カズキ岸辺露伴ファンであるという設定を付けている。

岸辺露伴は動かない ~エピソード#05:富豪村~

短編漫画の第3弾。週刊少年ジャンプ2012年45号に掲載されたストーリー。「ジョジョの奇妙な冒険25周年記念と原画展(ジョジョ展)開催記念として掲載されたストーリーである。荒木週刊少年ジャンプ漫画を掲載するのは2004年スティール・ボール・ランウルトラジャンプへ移籍する前)以来およそ8年ぶりとなった。

作中の時系列は上記の「六坂」と同じく2007年だが、「六坂」よりも後の話である。
そのため、露伴は前作に引き続き絶賛破産中だが、漫画編集者香と打ち合わせの折に「別荘を買わないか」と提案される。露伴論反対するが、別荘を購入するのはで、購入するまでの過程を取材してアイデアとすればいいのでは、と言われた事で露伴彼女付き添いとして別荘の購入に同行する。

その別荘地は送電線さえも引かれていない山の土地だが、そこに立っている別荘は11軒全てが邸であり、しかも所有者全てが世界でも有数の大富豪となったらしいが・・・

岸辺露伴は動かない ~エピソード#06:密漁海岸~

短編漫画の第4弾。週刊少年ジャンプ2013年10月46号に掲載されたストーリー

イタリアンシェフトニオ・トラサルディーから「生涯最高の料理のため、日本にしか存在しない食材・クロアワビの密漁を手助けしてもらいたい」と話を持ち掛けられる露伴。そしてトニオが独自に調べ上げた「杜王町密漁歴史」を元に、アワビにも気づかれず取りに行ける方法がある、と告げるトニオ。
何かキナ臭いものを感じつつも、満月にトニオへ同行する露伴だったが・・・

作中の時系列については不明。(エピソード5(2007年)以降?)
また、第4部主人公である仗助系とは別に「東方家」なる地系が登場するが、第8部の東方家とも繋がりがあるのだろうか。 

岸辺露伴は動かない ~エピソード#04:望月家のお月見~

短編漫画の第5弾。電子書籍少年ジャンプ+」にて配信されたストーリー2014年9月22日現在公式ホームページにて無料配信されている)。

岸辺露伴の近所の家族望月(仮名)は毎年「中秋の名月」に家族全員で「お月見」をする習がある。それは望月の先祖は全員中秋の名月」に何らかの事故死亡しており、逆に家族お月見をすれば100歳も長生きできる運命にある一族だからである。
そんな一家2014年9月8日の「中秋の名月」、家族の外出を禁止して始まるお月見エピソード

今作では冒頭に岸辺露伴と、トニオ・トラサルディーらしき人物が出る以外、「ジョジョの奇妙な冒険」の人物は一切出てこない。まさしく「岸辺露伴は動かない」エピソードだろう。

岸部露伴は動かない ~エピソード#07:月曜日-天気雨~

短編漫画の第6弾。ジャンプスクエア2016年1月号に掲載された。「六坂」から実に8年ぶりにジャンプスクエアに発表された新作。

あるの日の杜王町編集者との打ち合わせのためS内に向かおうとに着いた岸辺露伴だが、歩きスマホで前方不注意な人と構内で度々ぶつかる。最初は憤ってたものの、あまりにも周囲にスマホ中な人が多すぎる事に違和感を覚える。その中の一人である男に問い質すが、その最中に歩きスマホにぶつかって露伴は線路に落ちてしまう。これはいったい何者の攻撃なのか・・・?

作中の時系列は明かされていないが、最近問題になっている歩きスマホをもとに構想を練られたのは間違いないだろう。
余談だが、ジャンプスクエア電子書籍の雑誌と同時に販売開始となったのだが、スマートフォンで購読した読者は「ゾッ」としただろう。

岸辺露伴は動かない ~エピソード#08: D・N・A~

短編漫画の第7弾。別冊マーガレット2017年9月号に掲載。実写映画開記念としてなんと少女漫画雑誌に掲載という意欲的な挑戦。この号の裏表は丸ごと「岸辺露伴は動かない」仕様荒木飛呂彦が別マに掲載させるのは2013年の創刊50周年記念に「俺物語!!」のイラストを寄稿して以来。

岸辺露伴はある日、山岸由花子から、由花子母親と付き合いのある女性「片依」のに起こる奇妙な現の解明を依頼される。片依は新婚直後に夫を自動車事故で亡くし、それ以来、夫以外の男性を好きになる事が出来ず、再婚は出来なくても子供だけは欲しかったことから「精子バンク」の提供を受けての「央(3さい)」を授かった。
しかし普通日本語でなく「逆さから読んだ言葉」しかしゃべらず、歩くとき音もたてず立っている足元がじっとりと濡れ、そしておしりから「シッポ」が生えてきた。そのシッポを他人に触られると全身の皮膚が周囲の背景に対して保護色化する。
露伴は観戦しようとしていた野球の試合を気にしながらも、央ちゃんを「治して普通」にして欲しいと依頼され、「ヘブンズ・ドアー」で央ちゃんを本にする・・・

本作では「ダイヤモンドは砕けない」に登場した「山岸由花子」が登場する。露伴はわざと名前を覚えていないような素振りで由花子と接し、相変わらず仲は良好とは言えなさそう。また、いつの間にか露伴野球ファンになっており、杜王町を拠点とする「バーディーズ」の先発投手グッズの売り切れなどを気にしているが、球団名「バーディーズ」及び先発投手のアー君こと「岩切厚徳」は第8部ジョジョリオンに登場している。そして、本作では岸辺露伴の名台詞が久しぶりに発せられることになる。

岸辺露伴は動かない ~エピソード#09 : ザ・ラン~

短編漫画の第8弾。週刊少年ジャンプ2018年13号ジャンプ創刊50周年記念読切として掲載。「密漁」以来5年ぶりにジャンプ荒木飛呂彦漫画が掲載されることとなった。

漫画家の命ともいえる右手を全治4週間の折をした岸辺露伴。この折やそのいきさつとなるエピソードは自分の性格に非があると、今回ばかりは心から反省していると露伴る。

杜王町に住む青年橋本(21)」は原宿に遊びに来た際、モデルプロダクションスカウトされ、雑誌に写真が載ったり小さい役で映画にも出られた。そしてスカウトの担当者のアドバイスを受け、グランドホテル八階のスポーツジムに通って体を鍛え始めた。ストイックに筋肉を鍛えその成果を見せ始める体。だがトレーニングのための行動逸脱し始め、彼女マンションに居座ってトレーニングしたり彼女財布から抜き取ったプロテインを購入したり、やがてエスカレートして…

同じスポーツジムに通っている岸辺露伴とは、細な会話で知り合った人物であり、ジムの2台のトレッドミル最高速度時速25㎞まで加速したら1台のリモコンを先に奪って自分のマシンを緊急停止させるゲームを行った。勝負は一度露伴が勝っているが、橋本から再戦を申し込まれる。しかし前回のゲームでは露伴リモコンテーブルを一度いて自分の方に倒れるよう有利にしていたために、橋本の執念に火をつけていたのだった。

余談ではあるが、今回のエピソードでは、岸辺露伴漫画家である故に「前筋」まで鍛え上げている橋本筋肉を褒めるシーンがあるが、同号に掲載された「HUNTER×HUNTER」第375話では、念の存在を認めようとしないウェルゲーにビスケット=クルーガーが本来の筋々とした姿を見せて明するが、ウェルゲーがなんとビスケの鍛えられた筋肉に惚れ込むシーンがあったという奇跡的なシンクロが起こった。

OVA

2017年に「~エピソード#05:富村~」を皮切りに、2018年に「~エピソード#02:六坂~」、2019年に「~エピソード#16:懺悔室~」「~エピソード#09:ザ・ラン~」がOVA化された。

制作ジョジョ本編アニメシリーズを手掛けるdaviproductionが担当、岸辺露伴ジョジョ本編に引き続き櫻井孝宏が務める。監督加藤敏幸、キャラクターデザイン石本峻一。

スタッフ

テーマ曲

オープニングテーマ

エンディングテーマ

登場人物

エピソード#05:富豪村
エピソード#02:六壁坂
エピソード#16:懺悔室
エピソード#09:ザ・ラン

実写ドラマ

2020年12月28日から30日までNHK総合において
「富村」「くしゃがら」「D. N. A」の順で3連続放送された。
原作OVA版と違い、「~エピソード#05:富村~」に登場した香が全編で相棒役を務めたり、
スタンド像が現れない…というより、スタンドと言う単がないなどの相違点がある。
予告編ナレーションドラマ本編に刑務官役等としてジョジョ本編OVA岸辺露伴役を務めた櫻井孝宏の出演を果たした。
過去に同じ荒木飛呂彦原作舞台死刑執行中脱獄進行中」に演した森山未來も第二話に出演している。

2021年1月4日より、3連続で再放送予定。

スタッフ

登場人物

第一話:富豪村
第二話:くしゃがら
第三話:D. N. A

関連動画は動かない

関連静画は動かない

関連商品は動かない

関連コミュニティは動かない

関連リンクは動かない

関連項目は動かない

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B2%B8%E8%BE%BA%E9%9C%B2%E4%BC%B4%E3%81%AF%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

岸辺露伴は動かない

396 ななしのよっしん
2021/01/06(水) 16:29:36 ID: bTwdPxBvCC
なんというか実写化の理想と言えるような評価をしたい
397 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 00:48:23 ID: BwUXCdcHzh
個人的には富村の一究に対しての露伴先生の「いいや最高の気分だね。ガキ負かすのはね…カッハッハッハーッ」と聞こえてきそうなほどの笑顔が1番すき
基本ドラマはおとなしめな性格だけどすげぇ露伴先生っぽかった
あとDNAオチも納得感が増していい感じの変だったと思う

あとヘブンズ・ドアーが出てこないのは、出てるけど視聴者スタンド使いじゃないから見えない説すき
398 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 00:57:09 ID: stowBgZ5U1
ドラマ、全体的には良かったけど3話イマイチだなーって思った
けど、原作あらすじ見たら元からこういう話なのね……むしろ良くなってる(精子バンク設定が消えたからなんかアレなとこも出たが)
399 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 01:47:15 ID: LS9Vp/y26y
構成とか変的に仕方ないんだけど露伴先生セクハラとか「とっても嬉しいでぇーす」も見たかったなぁ
400 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 10:16:09 ID: iozeYW++S+
>>398
元々掲載誌が少女漫画誌なので、敢えてこういう話にしたっぽいね。

しかし載せた雑誌(別冊マーガレット)も、一体何を考えて岸辺露伴を載せる気になったんだろうか。
この話が載った号と他の号を並べた写真twitterに上がってたのを見て、掲載号だけ明らかに別の雑誌になってて笑ったわw
401 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 11:03:01 ID: lq5761P8Bh
ドラマ1話以外見れた
央ちゃん役の子、セリフどうやって覚えたんだろ
あのくらいの年代の子だと、「言葉」ではなく「音」でセリフ覚えれば問題ないんだろうか
402 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 23:23:15 ID: BwUXCdcHzh
字幕副音で見なかったのを今さら後悔中
画像検索したら字幕セリフ回し璧すぎて感動した
403 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 06:42:36 ID: mJEd3OAmdy
ヤバいッ!こいつはヤバいッ!
見返してしまう……何度もッ!
特にくしゃがら完成度が高すぎるッ!

同じッ!ドラマッ!こんなにもヘビーローテーションしたのは初めてだ……!
404 ななしのよっさん
2021/01/25(月) 05:48:12 ID: Tmi0akVkBS
第2弾やるなら皆が言ってるようにザ・ランが見たい
もちろんコロナが終わってからだけど
405 ななしのよっしん
2021/03/14(日) 18:03:55 ID: SlSAwUsOvO
橋本ってその気になれば時速25キロ以上でも走れるんかね?
ヘルメスの化身なんて御大層なものならそれぐらいできそうなもんだけど、
あっさり落ちていったのはやっぱり全に勝ったと油断したからなんだろうか