島左近(戦国BASARA)単語

シマサコンセンゴクバサラ

島左近(戦国BASARA)とは、戦国BASARAシリーズ登場キャラクターである。
CV中村悠一。肩書きは「双来舞(そうてんらいぶ)で顔文字は(W・´)や(Wω・)など。

概要

2014年1月23日発売の戦国BASARA4にて初登場。豊臣軍は石田三成(戦国BASARA)の部下でり込み隊長
同じく4から新登場の柴田勝家(戦国BASARA)って役級を勤めている。

かつてとある事件(設定資料では松永により村を焼かれたらしい)によって自暴自棄だった頃、
自分の命を賭けるため石田三成に挑み膚なきまでに敗北を喫する。しかしその生き様に憧れ
仕える事を決意。同じように絶望に陥っている柴田勝家には過去の自分を重ね、助けたいと思っている。

公式で『チャラ男』と称される通り、身体に加え言動もとても軽い。「~ッス」「マジ」など若者言葉を多用し、
今までの豊臣軍に居なかったタイプである。左近隊を率いているが立場的には下の方であり、豊臣軍の総大将である
豊臣秀吉(戦国BASARA)とは直接通り出来なかったり、先輩格のモブ武将からは突出するなと諫められたりもしている。
賭博中でしょっちゅう三成に怒られながらも博打にじている。その博打好きは彼の固有義や技にも反映されていて、賽の出花札などで効果が変化する。
しかしそのチャラい言動からは一見分からないものの三成への忠心は非常に高く、とある彼のルートでは命を賭けて三成を救おうとする姿も見れる。
嫌いなものは幽霊イカサマ

豊臣軍は暗い人が多くないッスか」などと今までもが思っていたが言わなかったことを言ったりしている。
明るく空気が読めるタイプであり、コミュニケーションも非常に高い。豊臣軍の足軽や将兵からだけでなく、
敵軍からも「豊臣軍にも話せば分かりそうなのが居るじゃないか」などと言われるほど。

同じく石田三成を慕う大谷吉継(戦国BASARA)に対してはその本心を知らないためか多少怖いと思うところも
あるようだが、ルートによっては親しげに話しかけたり「刑部さんとオレで三成様を支えましょうね」などと
言う場面もある事から不仲ではない。当の刑部からは複雑な気持ちを向けられている。
ちなみに刑部でプレイすると恐る恐る話しかける左近の台詞が聞けるが、中には「また霊的なもの、たくさん
増えるっすね…」「あーもう、ほら…!刑部さん、背中背中!まーたお化け的なもの憑いちゃってるし!」などと
言われることから左近自身が幽霊を視られる可性がある。

元は豊臣軍の同盟軍であり、現在は離反した徳川家康(戦国BASARA)に関しては本心をろうとしない面も含め
イカサマ野郎」と怒り、かなり敵視している様子。

柴田勝家(戦国BASARA)過去の自分に似た存在であり、ルートによっては彼を救うため大博打を賭けに行く。
しかし左近自身は勝足利義輝(戦国BASARA)との関係は知らない。
ルートによっては怪王時代の勝を知っているがあくまで見かけたことがある程度の様子。

前田慶次(戦国BASARA)とは博打仲間。最初の出会いはジャンプSQ読みきりで描かれている。
戦国BASARA4 ドラマティックヒーローズガイド」にも掲載されているので未読の方はそちらでも。

島左近」は三成と出会ってから名乗ったものであり、本名は「島清興」。左近の名前は”豊臣秀吉の左腕である
石田三成に最も近い者”と言う意味合いが込められている。ゲーム内で聞ける「州特攻」での投稿名は
「右には遠い」である。

 

バトルスタイル

双剣スタイルと蹴りスタイルR1で切り替えて闘える。バサラ技も双剣スタイルか蹴りスタイルによって
フィニッシュが変わる。属性。お楽しみ武器はギターベース
通常攻撃時でもバトルスタイルが切り替わるため、扱うには多少慣れが必要。
また固有義も癖が強く、自己強化タイプが2つなので基本は固有技と通常技を使い分ける事になる。
バサラ技も双剣スタイルか蹴りスタイルによってフィニッシュが変わる。戯画婆娑羅絵は賽と花札

関連動画

 

関連商品

島左近(戦国basara)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

島左近(戦国basara)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E5%B7%A6%E8%BF%91%28%E6%88%A6%E5%9B%BDbasara%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島左近(戦国BASARA)

37 ななしのよっしん
2014/11/26(水) 18:41:15 ID: w3mnhydCYz
史実の三成と左近も色んな意味で性格が正反対だけどだからこそお互いの長所でお互いの短所を補いあえる理想的な従関係だったんだよね、BASARAもそれを反映して島左近石田三成と正反対の性格にしたんだろうね。
38 ななしのよっしん
2015/03/15(日) 19:44:03 ID: 6Py5U/WLJg
左近アニメルートの「さいごの賭け」ってセリフがずっと引っかかってんだけど
あれってやっぱ「最期」って意味なのかな?
それとも、三成に仕える「最後」ってこと?「島左近の」って強調してるから後者なのかな…?
39 ななしのよっしん
2015/03/16(月) 10:15:12 ID: dtXBXCu06N
バサマガで補足されたのも合わせてみると
最後ってのはそのまま賭け事に係ってると思った
重要なのは自分の命が尽きる前に三成が戻るかどうか
自分の生死は二の次、じゃないけど、討死の台詞小説の勝との会話を読むと
同じ三成のために死ぬであってもそれが間接的になることには覚悟は決めてるが悔しいと思うみたい
アニメルートは直接的だし、そういった意味でもう二度とこんな大勝負の場はないだろうって意味の最後かも
つまる所勝負相手が三成を飲み込んだ王で、左近にとって命は掛札、そのやり取りの戦場は賭場だというね

自分は王が元に戻った切っ掛けがよく分からん
左近の首にをつきつけた所で過去の出会いのと合致した的な?
三成との出会いで左近は未来を掴んだみたいだから、
さすが果断を送られただけある…のか?w
40 ななしのよっしん
2015/07/26(日) 15:36:53 ID: Q+SsuPscwP
戦国BASARA島左近小早川秀秋って以外と仲が良いみたいだね。
そこで思った。
BASARAの関ヶ原合戦でもし、史実通りに秀が西軍やめて東軍に寝返ったら?

東軍勢
 家康「ここを制する為なら、火縄だろうと打ち込むそ。」
 
 秀「三成を裏切るよ!だから許してぇ~っ!!」

小早川秀秋・東軍に就く。

西軍勢
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
41 ななしのよっしん
2015/07/26(日) 15:39:53 ID: Q+SsuPscwP
ごめん>>40 書きミス
×ブチキレ○ブチ切れ
42 ななしのよっしん
2015/12/17(木) 12:53:31 ID: oOTFRh20B2
>>40
おそらくより、ぶっ放して脅した家康
「脅すとか最低だな、やっぱイカサマ野郎だ」
ってなじる。
43 ななしのよっしん
2016/04/05(火) 08:42:28 ID: kNXj/ljtGI
>>33>>34
あそこは勝と対照的になってるから、併せて考えた方がいいかも
簡潔に喩えると、イソップ童話の「ウサギとカメ」でいうと、元々の性格として
カメ(堅実な努/賢明)が左近で、ウサギ(イケイケの天才肌/果断)が勝だったんだが、
二人とも事件をきっかけとして、左近はウサギに、勝カメに、
表面的にか本質的にかは不明瞭だけど変貌してしまった

左近の場合は、大切な守るべきもの(村・家族)を一気に失ってしまったから、
賢明である必要がくなってしまい、自暴自棄から向こう見ずな性格になった感じだろうか
村焼失事件の経緯はコミック読んでないから知らないが、一人生き残ってるあたり昔は人並みに賢明だったんだろう…
そして現在の果断な左近なら同じシチュエーションに遭遇したら確実に死にそうだ

何が言いたいかというと賢明は特に頭どうこうではないと思うということだな。ここでいう賢明は家族の命と自分の命どっちか選べと言われて自分選んだら「君は賢い
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
44 ななしのよっしん
2017/02/02(木) 11:09:50 ID: sI2LL39pQX
中村悠一が「左近は豊臣に居ない方が良い」って言ったのって本当?
45 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 07:06:25 ID: qz4vIEXGgB
BASARAの左近って、どちらかというと現実のほうの「豊臣秀吉」的な性格、性質なんだと思う。
民出身のお調子者だけど、コミュとか人付き合いが得意で自身も人好き。
その気になったら人心握もできるかもだけど、今のところは勝・三成・刑部くらいしか握する気ないけど。
46 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 06:11:50 ID: hDXadnXCXf
>>44
偽は分からんけど何となくわかる。左近って三成に惹かれてなきゃ豊臣みたいな軍には絶対入らないと思うよ、これは妄想だが秀吉と横暴さと三成への忠義で内心揺れ動くなんて未来もあったかもしれない。

でも逆に「豊臣には左近のような人間が必要」て考えもある、左近がいたら三成も上としての立な面が見えてきたし、2の頃にべて豊臣全体の印が良く見えてくる。

急上昇ワード