島朗単語

シマアキラ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

島朗(しまあきら)とは、将棋棋士である。高柳敏夫名誉九段門下、棋士番号146東京都世田谷区出身で、現在は夫人の生である仙台市に在住。段位は九段。2013年から2017年までは将棋連盟理事も務めたが、心労で辞任。現在は、東北総括本部長となっており、東北将棋に一役買っている。

名門高柳敏夫門下の一人であり、また55年組の一人。そして、記念すべき初代竜王となった人物としても有名。通算勝利800勝以上という、将棋界有数の強棋士である。

概要

17歳プロ入りし、A級通算9期、竜王戦1組通算10期、そして初代竜王いた(結局、その1期のみだが)ことで知られる。中でも竜王戦は当時、飛び抜けて賞が高かったため、一気に財産が転がりこむこととなり、バブル全盛だったこともあって、記者会見アルマーニを着込んで登場したことから、「アルマーニ」というあだ名も付いた。また、高級ブランド物のや靴に投資してしまい、一で使い込んでしまったという(それでも浪費癖は残らなかったが、多少貯しとけばよかったと少しは後悔しているらしい)。また、当時は塚田泰明や故真部一男プリンス部といわれた)と並ぶイケメン棋士としても知られ、とりわけファッションセンスは棋界でピカイチだったことでも知られ、ファッションリーダーと呼ばれた。

棋風と実績

居飛車党なのだが、振り飛車党のバイブルとまで言われた「ノート」の著者である。また、当時からパソコンを多用し、棋や棋譜のデータ分析を行っていたなど、今日盛となったパソコン研究の第一人者でもある。また、解説にも定評があり、NHK将棋講座でも非常に高い評価を得ていた。文筆にも明るく、今まで何冊もの書籍を著述している。

この研究好きという凝り性は別にデジタル方面だけでなく、という伝説の研究会を結成したことでも知られる。その研には羽生善治佐藤康光森内俊之という次世代の担い手が所属していたことで知られ、皮にもリーダー以外は永世位に就いてしまったという。また、その3人と同世代の丸山忠久敵であり、0勝20敗と一度も勝てたことがないなど、彼もまた羽生善治羽生世代の台頭によってスターダムから去っていった棋士としても挙げられている。

その他

棋界きっての、らない棋士としても有名であり、ちょっとでも自分が苦しくなると先を悟り投了してしまう。そのため、よく将棋関連の動画などで相手がり勝ちをしたりすると「なら投了」というネタコメントが投げ込まれる。

趣味モノポリーであり、全大会に出場したこともある。そして、棋士の間で流行らせた実績がある(今も森内俊之稲葉陽などがじている)。そして、モノポリー普及に貢献した一人として、彼の名を冠した「島朗杯」なるものまである。

また、麻雀にもハマった時期があったが、将棋の戦績が落ちてくると、これ以上ハマるとやばいと感じ、麻雀牌をどこかに捨てたらしい(モノポリーは捨てなかったのに)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E6%9C%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島朗

1 ななしのよっしん
2020/07/02(木) 12:34:28 ID: Zegzc89Nn7
モーニングショーでなぜかさんとのれ初め取り上げられたらしいね。

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス