島津忠恒単語

シマヅタダツネ

                            もしかしなくても戦国最強釣り島津家久


島津忠恒(しまづ・ただつね 1576~1638)とは薩摩でありDQN四天王の1人に連なる武将である。
のちに久と名する為、同名の叔父島津家久と区別する為に「悪い方の久(悪久)」などと呼ばれていたりする。
この記事は島津家久と区別する為に島津忠恒で統一する。

日本最強クラスバトルマシーン島津義弘
は史上最高クラスひきこもり島津義久
正室は忠恒にいでからずーーーっと嫌がらせを受け続けた寿(詳しくは後述)。

子は薩摩第二代島津久他男女合わせて32名もいる(いずれも側室との子。因みにこの島津久も子沢山での忠恒越えの男女合わせて38名も居る)

所々マトモかもしれない悪い概要

1576年、島津義弘の三男として生まれる。長男寿丸は折していた為、次男の島津久保の所に島津義久三女寿いでおり島津督を継ぐことが決まっていた為に督を継ぐことが決まるまで蹴色に溺れた生活をする少しダメな子だった。

1593年、そんな自堕落的な生活をしていた忠恒に転換期が訪れる。島津督を継ぐ予定だった久保が文の役の時に朝鮮の巨済若干21歳の若さで病死してしまうのである。この為、豊臣秀吉島津の後継に口を出してきて忠恒に元寿との結婚が決まり島津督を継ぐのが決まった。

1597年に慶長の役が起るとに従い朝鮮で戦ったが、朝鮮にきてっ先に忠恒が作ったのが蹴する為の広場である。(そんなんだから義に蹴ばっかやってるんじゃねーよって怒られるんだよ・・・・後で義も蹴にハマったけどな!)

1599年、人によって評価が分かれる重臣伊集院忠棟京都伏見島津邸で忠恒が殺する。これが後に島津最大の内乱の庄内の乱に繋がる・・・

この忠棟を殺した行為は、島津にとって伊集院臣の扱いであるが、豊臣政権下において伊集院島津から独立したと扱われていた為、豊臣政権に対する重大な反逆行為にあたる。
そのため忠恒は高雄山神護寺にて謹慎、沙汰を待っていたが、徳川家康秀吉亡き後の実権を握っており忠恒の行為を支持したので島津邸にすぐ帰った。
そしてその直後、忠棟の嫡男の伊集院忠棟が殺されたと急報が届き島津に対して反乱を起こした。これが庄内の乱である。なお忠に対して領地を接する加藤清正伊東兵が密かに物資を援助していた。後でバレて島津抗議されている。
同年に忠恒は自分が原因で起った乱を自ら鎮圧する家康許可を得て薩摩に帰還、すぐさま鎮圧の為に兵を進めた。(因みに忠は忠恒の婿である。)
1600年2月家康が調停に乗り出し島津伊集院の和議が成立、これで一安心と思われたが・・・・

1602年10月に忠恒は忠狩りに誘ってそれにホイホイ付いて行ったので射殺された。なお、忠狩りの直前に島津臣の平田という人物とを交換しておりこ平田は忠に乗っていた為にとばっちりで射殺されている。(なおこ平田の殺も計画の内であったという説もある)
計画的犯行だったが対外的には誤射で死んだと発表されたので、実行犯の押治右衛門と淵は即刻切腹となった。しかし数年後には島津によって両名の遺族が高待遇で取り立てられ褒賞を貰ってたりする。しかも同日に忠三人は忠恒の命で殺されたが偶然死んだことになっている。(ちょっと理がある気が・・・・)

また、同年には関ヶ原の戦いで実の義が色々とやらかした為に薩摩から出たがらない義の義久に変わって上して家康に謝罪しに行ってたりする。

1606年には徳川家康から「」の字を貰い久と名した。

1617年にはなんかの間違いで徳川秀忠から姓を与えられている。

1638年に忠恒は62歳で死去した。死去の間際はボケて飯の食い方すらも忘れていたらしい。
意外な事に殉死者が9名も出ている。

正室の亀寿姫との関係

寿との関係は元で義従姉妹と複雑である。こんな関係のせいか不仲であり実子は居ない。実子が居なかった為に徳に働きかようとして徳川秀忠の三男の丸(徳川忠長)を貰おうと画策して義久や臣から大反対された。

また隠居していたが未だに絶大な権を持っていた義久の手前、義久存命中は側室を持てずに居たが1611年に義久が死去するとすぐさま寿から追放して軟禁し念願の側室をGETした。(あとで側室は8名に増える)

さて、39歳でやっと義義久が死んで解放?された忠恒くん。ここからはっちゃけて死ぬまでに33名もの子を作って分の跡取りや重臣らの養子や妻として押し付けて中央集権化に成功する。

さて、から追放・軟禁された寿はというと当然の如く仕送りとかはいので毎日の食事にも困る生活になり、哀れに思った義臣に命じて援助させたりしている。

しかも嫌がらせで定期的に忠恒から

子供が生まれました」

なんていう手紙寿に送りつけられてくる。忠恒自重しろ

しかも義が死ぬと援助もくなりの生活も苦しくなる。

1630年、とうとう死去するが死ぬ間際に

「私が持ってる島津の宝はアレ(忠恒)に絶対に渡さないで久(島津第二代)に渡すように」

と泣きながら死ぬという物凄く可哀想な最後になっている。

しかも寿死後も忠恒の寿に対する嫌がらせは変わらない。むしろエスカレートする。
忠恒は寿の墓を立てないというアレな行動をするのである。ちなみに今現在寿の墓は寿の祟りを恐れた久が建てたものである。

因みに忠恒が死んだ寿に対して送った一首があるのだが……

あたし世の かくれ行 神無月 しくるる袖のいつはりもかな

(意訳:はかない世の中だな、寿は10月に死んだけど涙で袖が濡れるほどかと言われるとそこまで悲しくないんだな)

・・・・・・・・・・・・・・・最何も言うまい。

一応フォローしておくと”もかな”の部分の読みが”もがな”であったとすると深く悲しんでいる様子を表す意味になるのでの死をちゃんと悲しんでいたとする説もある。

まだまだあるよ!悪久の悪い逸話

まず一個一個丁寧に書いていきたいところだが、
なにぶん悪い事に事欠かない忠恒なので選別した数個の逸話の箇条書きで許して貰いたい。

①実島津義弘からアレ呼ばわりされる。

②まだ義島津義久が生きてた時に側室が欲しかった忠恒は、幕府の言質を取ろうとして
アレババアだから勃たないんだよね。だから勃つような側室が欲しいんだよね(意訳)」と幕府重臣の前でほざく

③関ヶ原で暴れまわった忠恒の実
どうやら島津を守るために義に全責任押し付けて徳に売ろうと考えていたらしい

④自分は大坂の陣に遅れて見てないのに、
真田信繁真田幸村)の有名な評「真田日本一の兵」という言葉を手紙に書く。

⑤1602年に忠恒が徳川家康に謝罪しに行った時に島津が諸大名や商人からの借福島正則に立て替えて貰った。しかも正則が立て替えてくれた借は正則に少しでも返済したという記録が一切ない。
しかもたびたび正則に良くしてもらったのに、福島易の時には徳抗議したとか正則をったというのは璧にスルーした。

⑥義臣の反対を押し切って鹿児島を建てたが、シロアリが喰って崩壊や焼失が多く立て替えの度に駄な出費が出る始末。しかも忠恒の趣味の部屋とか作ったのに風呂を作らなくて結局義に怒られる。
鹿児島の肝心の防御にも難があり、が近すぎる為に戦争の時にはイギリス軍艦から撃を打ち込まれるなどの脅威にされ、避難場所でもあった鹿児島から避難するというアホなことが起る。

⑦示現流流祖の剣豪東郷重位とお抱えのタイ捨流師範の東新之理やり立ち合わせを命じ、
新之が重位に負けると逆切れして丸腰の重位に真剣でしかも不意打ちでりかかったのにボコボコにされる。

島津宝の門外不出の名福岡文字吉房」を勝手に持ちだして京都伏見島津邸で諸大名に見せびらかし、義から勘当されかけた。

バカ。ただし悪知恵とかは働く。

などここに書いたのはほんの一部である。かのアンサイクロペディア事実を連ねざるを得ないそのブッ飛んだ人生
興味ある人は色々と調べられたし。

悪い逸話ばっかりじゃないよ!悪久の珍しいイイ逸話

島津忠恒は大坂の陣に参戦出来なかったが、
徳川家康の戦勝を祝う為に兵を帰し共回りの者をひきつれて京都まで来た。

の中を被り家康が居る二条まで来た所捕えられた長曾我部盛親がしものになっていた。

を降り盛親の警護の者に忠恒は自分のを外し盛親に付けさせた。

「一の太守であったお人が濡れたままでいるな!」

盛親はを貰ったことに感謝しつつ

「私はもうこんな身だから今更濡れても気だが忠恒殿はこれから登するのに濡れていては恥をかくぞ」

と気を遣った。忠恒はそのままスルーして登したがさすがに濡れたままはダメなので内で勝手に着替えを始めた。さすがに内の者に驚かれ訳を聞かれたが、さも当然のようにをあげた話をしたので感心されたという・・・

あれ?これだけ見るといい人じゃねと思ったそこのアナタ、「に濡れてる捨て猫(盛親)に差し出し不良(忠恒)」の図ですからね。あれ?実はイイ人だって思わせるよくあるアレですよ。

因みに筆者が頑って忠恒のイイエピソードを資料から探し出したけどこれくらいしか見つかりませんでした。
悪いエピソードなら上記以外にも一杯出てくるのになっ!

関連動画

島津忠恒に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

島津忠恒に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

島津忠恒に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E5%BF%A0%E6%81%92

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島津忠恒

39 ななしのよっしん
2016/12/20(火) 01:28:54 ID: 9z4WuqCinK
例の「真田日本一の兵」の末尾の「惣別これのみ申す事に」、丸和洋氏(『真田丸』時代考三人衆の一人)が「みんなこのことばかり言っている」と訳していたのにから鱗。

惣別(だいたい、みんな)の久ではなく、実際に参した諸大名をすのだと。
すると「参した諸大名はみんな「真田日本一の兵」と讃えていた。現場からは以上です」ってことになる。

やっぱり「悪い」逸話ではいと思う。自分も見てみたかったと思ったのか、自分達の方が凄いぞと思ったのかは分からないけれど。
40 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 21:44:58 ID: LSbc3yEZSF
武功雑記によれば、寿は忠恒を2回ほど殺そうとしたらしい
偽のほどは分からないけど、寿も単なるかわいそうなではなく
忠恒と壮絶な後継争いをしてたのかもね
41 ななしのよっしん
2017/05/09(火) 01:16:11 ID: 5FxHh8oomn
>>23
朝鮮の役は蹴ばっかクローズアップされてるけど忠恒もいっぱい首取ってたはず
軍と補給の問題さえなければ基本ボーナスゲームだけども

鹿児島についてなんだが、立地については治世の世になったんだから防御に長けたよりも、物流拠点となるの方がいいと考えたってことで擁護できないか?
42 ななしのよっしん
2017/07/17(月) 16:10:04 ID: ui+XfqSo+h
>>41
時の時代的に上から(大規模な)攻撃を受けるという概念がなかったから、際に建てるというのはしくなく、むしろ後ろ堅固のの範疇にはいってたんだよ。
臼杵も同じ。
43 ななしのよっしん
2017/09/03(日) 21:35:30 ID: MBZiyRrzhK
まあ戦争鹿児島の件で忠恒を責めるのは流石に可哀そうね。
当時の時代背景考えたら十分理にかなってる。
44 ななしのよっしん
2017/10/08(日) 00:03:06 ID: gt9XsHfb1o
山口由の「衛府の七忍」に出てくる忠恒つーか久が、
おもしろフィクションだけど人となりを端的に描写してて流石若先生と唸った

駿府から課役として退治命じられてすげーイヤな顔してるけど、
いざ「宮本武蔵召し抱えてにぶつけようぜ」となったら喜々として現場に駆けつけ
クソ重い武蔵に着せるや腕試しとばかりに自らりつけ案の定返り討ちにあって
「さっしー強え」ドワハハってもうアレすぎて逆におしいw
45 ななしのよっしん
2017/12/24(日) 02:14:01 ID: hdMqYVO2K0
最期まで忠恒は寿に頭が上がらないというか義久えできなかったんだろうな
後継者選びに寿の許しがないと確定しなかったみたいだし、子供が生まれるたびにいちいち連絡入れてたのも忠恒に独断で決める権限がないって言ってるようなもんだし
本当に嫌いで邪魔なら形式上正室なんだからさっさと薩摩から追い出して江戸に送りっぱなしにすればいいのに、
別居しただけってのも暗に今も島津の本当の当寿で薩摩から離すわけにはいかないから人質をどうにか回避しようとした結果にも見える
忠恒的には元寿だけ異例扱いってだけでアレだけどが死んだあとも自分そっちのけで供養し続けるってのもつまらんだろうし仲悪いのはフェイクなしで本当だったろうな
46 ななしのよっしん
2017/12/25(月) 11:19:38 ID: t2vNAy5vPb
そもそも義久と義の関係自体(少なくとも秀吉に降伏した後は)が穏ではなかったからな
兄貴のお下がりの寿を娶ったのは伊集院粛清と同じく中統制の一環でしかないわけだし
47 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 15:33:13 ID: JYRunRsg/V
記事に「忠恒のイイエピソードを資料から探し出したけどこれくらいしか見つかりませんでした。」と書いてあるから
悪久のいい話って何かないのかと思って探してみたが
↓少しはあったわ

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4024.htmlexit
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2333.htmlexit
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2223.htmlexit
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1562.htmlexit
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-674.htmlexit
48 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 23:24:23 ID: MBZiyRrzhK
今まで島津四兄弟や、従兄弟の豊久が有名になり過ぎて
漫画とかゲームじゃ縁だったが、衛府の七忍でようやく陽のをみたな。
なお、史実の性格の悪さはどこかへ飛んでいった模様。
まあぼっけもんの殿だから忠恒も相当なぼっけもんだったんだろう。

急上昇ワード

2019/09/19(木)14時更新