島田荘司単語

シマダソウジ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

島田荘司(しまだ そうじ)とは、日本を代表する小説家の一人。人呼んで「ゴッドオブミステリー」。称は「荘」。

概要

作品

術師の御手洗潔(みたらい・きよし。オテアライではない)と助手の石君が活躍する御手洗潔シリーズ刑事の吉敷史が奔走する吉敷シリーズが両輪(吉敷シリーズは99年の『涙流れるままに』で一旦完結していたが、2019年に新作長編が出た)。基本的に御手洗シリーズが純な本格ミステリで(そうでない作品も結構ある)、吉敷シリーズ社会トラベルものと本格を融合させた作品になっている。

不可解極まりないいくつものを提示し、時にバカバカしいまでに大がかりなトリックでそれを一掃するというというパターンを最も得意とする。幻想的な論理的に解決されることによる「段差の美」に酔うものこそが本格ミステリーである、という独自の理論を持っている(通称「理論」)。その実践例として書かれたのが『奇想、を動かす』であり、以降の作品も基本的にその論理に基づいたものが多い。
眩暈』あたりからは脳科学に傾倒し、21世紀に入ると最新鋭の科学知識をどんどん使ってミステリの幅を広げよう、という趣旨の「21世紀本格」なるものを提唱したりしている。

代表作は、御手洗シリーズでは『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』、
吉敷シリーズでは『北の夕2/3の殺人』『奇想、を動かす』、
ノンシリーズでは『死者が飲む』『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』『切り裂きジャック年の孤独』など。

御手洗潔は当初はただの怪しげな占術師だったが、長編が続くに従って設定が増えていき現在では人の域に達している。最近では助手の石君が一人で解決に乗り出すことも。

作品リスト(小説のみ・刊行順)

は御手洗潔シリーズ、◇は吉敷シリーズ。共著・全集・再編集本・アンソロジー傑作選などは除く。
太字2020年3月現在新品かつ単品で入手可なもの。なお『は千のを鳴らす』までは南雲堂から不定期刊行されている《島田荘司全集》(既刊7冊)で読める。

  1. 占星術殺人事件1981年講談社1985年講談社ノベルス1987年講談社文庫→1988年講談社[蔵版]→1990年光文社文庫)
    → 占星術殺人事件 完全版2008年講談社ノベルス2008年南雲堂→2013年講談社文庫)
  2. 斜め屋敷の犯罪1982年講談社ノベルス1988年講談社[蔵版]→1989年光文社文庫→1992年講談社文庫)
    → 斜め屋敷の犯罪 完全版2008年講談社ノベルス2008年南雲堂→2016年講談社文庫)
  3. 死体が飲んだ1983年講談社ノベルス
    → 死者が飲む1987年光文社文庫、題→1992年講談社文庫)
    → 死者が飲む 完全版2008年講談社ノベルス2008年南雲堂)
  4. 寝台特急はやぶさ1/601984年カッパノベルス1988年光文社文庫) ◇
  5. でもいいから殺人事件 (1984年集英社1987年集英社文庫)
  6. 出雲伝説7/8殺人1984年カッパノベルス1988年光文社文庫) ◇
  7. 漱石と倫敦ミイラ殺人事件1984年集英社1987年集英社文庫→1994年光文社文庫→2009年光文社文庫[完全版])
  8. 北の夕2/3の殺人1985年カッパノベルス1988年光文社文庫) ◇
  9. 高山殺人行1/2の女 (1985年カッパノベルス1989年光文社文庫→1999年、徳間文庫)
  10. 殺人ダイヤルを捜せ (1985年講談社ノベルス1988年講談社文庫)
  11. 消える「水晶特急」 (1985年カドカワノベルス1987年角川文庫1991年光文社文庫→1998年角川文庫[新装版]) ◇
  12. 確率2/2の死 (1985年光文社文庫→1995年南雲堂) ◇
  13. サテンのマーメイド1985年集英社1990年集英社文庫)
  14. 、19歳の肖像 (1985年文藝春秋1988年、文文庫→2005年、文文庫[新装版])
  15. 火刑都市1986年講談社1988年講談社ノベルス1989年講談社文庫)
    → 火刑都市 完全版2020年講談社文庫)
  16. 消える上海レディ1986年カドカワノベルス1987年角川文庫1992年光文社文庫→1999年角川文庫[新装版])
  17. Yの構図 (1986年カッパノベルス1990年光文社文庫) ◇
  18. 網走かなり (1987年講談社1989年講談社ノベルス1990年講談社文庫)
  19. 展望殺人1987年カッパノベルス1991年光文社文庫)
  20. 御手洗潔の挨拶1987年講談社1989年講談社ノベルス1991年講談社文庫)
  21. ひらけ!勝鬨橋1987年カドカワノベルス1992年光文社文庫→1999年角川文庫
  22. 迷宮1987年カッパノベルス1991年光文社文庫) ◇
  23. を売る女 (1988年カッパノベルス1991年光文社文庫)
  24. 異邦の騎士1988年講談社1990年講談社ノベルス1991年講談社文庫)
    → 異邦の騎士 完全版1997年原書房1998年講談社文庫)
  25. 切り裂きジャック年の孤独 (1988年集英社1991年集英社文庫→2006年、文文庫)
  26. でもいいから誘拐事件 (1988年集英社1994年集英社文庫)
  27. は千のを鳴らす (1988年カッパノベルス1992年光文社文庫) ◇
  28. 幽体離脱殺人事件 (1989年カッパノベルス1992年光文社文庫) ◇
  29. 見えない女 (1989年光文社文庫)
    → インドネシア1995年南雲堂、題)
  30. 奇想、を動かす1989年カッパノベルス1993年光文社文庫) ◇
  31. 羽衣伝説の記憶 (1990年光文社文庫→1995年南雲堂) ◇
  32. 御手洗潔のダンス1990年講談社1992年講談社ノベルス1993年講談社文庫)
  33. 踊る手なが1990年カッパノベルス1993年光文社文庫)
  34. 都市のトパーズ1990年集英社1995年集英社文庫→1999年原書房[蔵版])
    → 都市のトパーズ20072007年講談社文庫、題)
  35. 暗闇坂の人喰いの木1990年講談社1993年講談社ノベルス1994年講談社文庫)
  36. ら抜き言葉殺人事件 (1991年カッパノベルス1994年光文社文庫) ◇
  37. 水晶ピラミッド1991年講談社1994年講談社ノベルス1994年講談社文庫)
  38. 飛鳥ガラスの靴 (1991年カッパノベルス1995年光文社文庫) ◇
  39. 眩暈1992年講談社1995年講談社ノベルス1995年講談社文庫)
  40. 天国からの弾 (1992年カッパノベルス1995年光文社文庫)
  41. アトポス1993年講談社1996年講談社ノベルス1996年講談社文庫)
  42. に昇った男 (1994年光文社文庫)
  43. 亭事件 (1996年カッパノベルス[上下巻]→1998年光文社1999年光文社文庫[上下巻])
  44. 御手洗潔のメロディ1998年講談社2001年講談社ノベルス2002年講談社文庫)
  45. 涙流れるままに1999年カッパノベルス[上下巻]→2002年光文社文庫[上下巻]) ◇
  46. Pの密室1999年講談社2001年講談社ノベルス2003年講談社文庫)
  47. 最後のディナー (1999年原書房2001年講談社ノベルス2002年角川文庫2012年、文文庫)
  48. ハリウッド・サーティフィケイト2001年角川書店2003年角川文庫
  49. ロシア幽霊軍艦事件2001年原書房2004年講談社ノベルス2004年角川文庫2015年新潮文庫nex
  50. 魔神遊戯2002年文藝春秋2005年、文文庫)
  51. 吉敷史の肖像 (2002年カッパノベルス) ◇
    → 2006年光文社文庫、題)
  52. セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴2002年原書房2004年講談社ノベルス2005年角川文庫2015年新潮文庫nex
  53. 上高地切り裂きジャック2003年原書房2005年講談社ノベルス2006年、文文庫)
  54. 透明人間の納屋 (2003年講談社ミステリーランド2009年講談社ノベルス2012年講談社文庫)
  55. ネジ式ザゼツキー2003年講談社ノベルス2006年講談社文庫)
  56. 幻想2004年カッパノベルス[上下巻]→2007年光文社文庫[上下巻])
  57. 摩天楼怪人2005年東京創元社2009年、創元推理文庫)
  58. エデンの命題2005年カッパノベルス2008年光文社文庫)
  59. 衛星2006年講談社2008年講談社ノベルス2009年講談社文庫)
  60. 溺れる人魚2006年原書房2009年講談社ノベルス2011年、文文庫)
  61. UFO大通り2006年講談社2008年講談社ノベルス2010年講談社文庫)
  62. 里美の冒険 (2006年カッパノベルス2009年光文社文庫)
  63. 最後の一球 (2006年原書房2009年講談社ノベルス2010年、文文庫)
  64. ベルタスの寓話2007年講談社2010年講談社ノベルス2011年講談社文庫)
  65. Classical Fantasy Within (2008年-、講談社BOX、全12巻予定) ※8巻で中断中
  66. 写楽 閉じたの幻2010年新潮社2013年、新潮文庫[上下巻])
  67. 追憶のカシュガル 進々堂世界一周 (2011年新潮社
    → 御手洗潔と進々堂珈琲2015年新潮文庫nex題)
  68. ゴーグル男の怪2011年新潮社2018年、新潮文庫)
  69. アルカトラズ幻想2012年文藝春秋2015年、文文庫[上下巻])
  70. 籠の2013年講談社[上下巻]→2015年講談社ノベルス[上下巻]→2016年講談社文庫[上下巻])
  71. 幻肢2014年文藝春秋2017年、文文庫)
  72. 新しい十五匹のネズミフライ2015年新潮社2020年、新潮文庫)
  73. 屋上道化たち2016年講談社
    → 屋上2018年講談社ノベルス[題]→2019年講談社文庫)
  74. 御手洗潔の追憶 (2016年新潮文庫nex
  75. 鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース2018年新潮社
  76. 楼奇譚2019年文藝春秋) ◇

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E8%8D%98%E5%8F%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島田荘司

4 ななしのよっしん
2010/06/23(水) 02:17:49 ID: FDiYJ2PM5z
正直人化すればするほど中二臭というかオナニー臭が強くなる気が…。
初期の半ニートな御手洗が一番よかった
5 ななしのよっしん
2012/02/21(火) 19:37:48 ID: McY+aHBDUW
作者の自意識の肥大化がもろに反映されてる感じがしてちょっとね >人化

「外に住んで際的に活躍する、意識の高い日本人(=御手洗とその友達)」「根性の閉鎖的な日本人(=その他の大部分)」という設定自体がもはや陳腐化してるからギャグのつもりでなければそろそろ終わりにしてほしいのだが、今さら広げた風呂敷は畳めないだろうね
6 ななしのよっしん
2012/03/25(日) 17:50:14 ID: LxQ4xaB/T4
どっかのスレで、「作者コンプレックスの現れ」とか言われてて、御手洗好きなのに笑ったw
7 ななしのよっしん
2012/04/17(火) 02:23:33 ID: McY+aHBDUW
物書きや学者や評論家なんかがどんどん偉そうになっていって、本業そっちのけで国家り出すのは大マジコンプレックスの表れでしょう
そうでなければ誇大妄想だから、いずれにしろ立病人
8 ななしのよっしん
2012/11/07(水) 01:17:35 ID: CGg+CgxfJc
術とか異邦の騎士の頃の御手洗が好きだったのに……
どうしてこうなった
9 ななしのよっしん
2013/01/09(水) 15:42:19 ID: sadkT6gMdL
最後のディナーがおすすめ。
短編形式で「大根奇聞」とかマジ天才と思った
10 ななしのよっしん
2014/08/12(火) 00:55:08 ID: JJn3e3Admu
御手洗さんってもしかしたら長編より短編のほうが
量を存分に発揮出来るのかもしれない
長編も好きだけどね 占術とか暗闇坂とか
11 ななしのよっしん
2014/12/31(水) 21:24:19 ID: UH5OiGhBlU
吉藪刑事のほうが好きな自分は異端者ですか?
12 ななしのよっしん
2015/01/17(土) 19:35:51 ID: JGSz7V9/G2
御手洗の装飾がどんどんゴテゴテになっていくのは
島田御大自身の内外の変化がそのまま反映されてるんだよ
13 ななしのよっしん
2015/03/24(火) 08:29:51 ID: DYxcHrKT02
まさかの御手洗ドラマ化。時代も変わったし仕方ないが。

出来自体は良くある二時間ドラマの域を抜け出せてないが佳品だったと思う。
推理する時の集中する描写が古臭いし、探偵役に反感をもつ若い女刑事って立ち位置が古臭い。
けれど御手洗と石はかなり頑ってたし、二人が思った以上にべたべたしてて驚いた。ドラマなら絶対男女恋愛にすると思ってたけど、普通同棲してるじゃん。それだけで十分だわ
御手洗と石が一緒に暮らしてる時期って原作だと僅かだしね。

おすすめトレンド