島田魁単語

シマダカイ

島田魁とは新選組隊士である。諸士調役兼監察。伍長

概要

島田魁(黒鉄ヒロシ)

文政11年(1828年)1月15日美濃国に生まれる。旧姓近藤

安政3年(1856年)から江戸剣術修行

文久元年(1861年)、上島田の養子となる。

文久3年(1863年)5月25日近藤勇ら浪士組による将軍滞在延期をめる連署に名前があるため、この時期までに入隊したものと思われる。

元治元年(1864年)6月5日池田屋事件には第二として出動。

慶応3年(1867年)11月18日の油小路事件では御陵衛士と戦い、12月には御陵衛士残党から狙撃を受けた近藤を守る。

慶応4年(1868年)1月伏見の戦いに参戦。突撃から戻った永倉新八をその怪力で塀の上から引き上げたという逸話がある。

江戸帰還後、甲州勝沼の戦いに参戦。近藤の投降後は土方歳三と行動を共にし、関東会津夷まで転戦。明治2年(1869年)5月弁天台場にて降伏、逮捕される。放免後は京都に戻り、剣術場を開いて生計を立て、晩年には西本願寺の警備員を勤めた。

明治33年(1900年)3月20日、死去。享年73

島田の遺した文献に『日記』(島田魁日記)があり、それによると新選組という名称は8月18日の政変後に伝奏(武家伝奏)から下賜されたものとしている。

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%AD%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

島田魁

1 ないちゃん
2012/05/12(土) 13:36:19 ID: Q19931VEsa
明治二年五稜
タイトル:黒鉄ヒロシ風
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

2 ななしのよっしん
2016/04/24(日) 10:45:24 ID: I2lRm02mlY
何気に新撰組の誕生から最後まで生き延びて見届けた一の隊士なんだよなぁ。
3 ななしのよっしん
2016/07/04(月) 00:21:47 ID: A4yEc9/R2U
怪力で巨、その上大の甘党。他の隊士がとても食えないほどの甘なお汁粉いっぱい食ってたとかなんとか…。
4 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 23:20:25 ID: kVm804Xva4
>>2
尾関次郎も壬生浪士組から函館戦争まで生き延びたよ

急上昇ワード