川村元気単語

カワムラゲンキ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

川村元気とは、日本映画プロデューサー小説家脚本家映画監督絵本作家である。

概要

神奈川県横浜市生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業

映画の助監督を務めていたと、クリスチャンの元で育てられる。母親から聖書を読まされ、父親と休みの日に映画を見る幼少期を過ごした。

大学卒業後は東宝へ入社。26歳で映画電車男」を企画プロデュースし、これが行収入37億円のヒットとなる。その後も「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」「バクマン」など、数多くの映画プロデュースし、ヒットを連発。一躍ヒットメーカーとなった。

2012年には「世界からが消えたなら」を執筆し、小説家としてデビューする。今作は後に映画化され、単行本は累計130万部を突破した。その後も「億男」「四月になれば彼女は」などを執筆しており、前者は映画化している。

2016年にはアニメ映画君の名は。」をプロデュースし、行収入250億円を記録。内外で数多くの賞を受賞し、新海誠の名を世界に知らしめる結果となった。後の映画天気の子」にも携わっている。

2018年に「ドラえもん のび太の宝島」で脚本を務め、シリーズ最高である48億円の行収入を記録する大ヒットとなった。その後「ドラえもん のび太の新恐竜」でも脚本を務めている。同年には、短編映画「どちらを選んだのかはわからないが どちらかを選んだことははっきりしている」で監督を初めて務めている。

絵本作家としては、佐野研二郎との共著で「ティニー ふうせんいぬのものがたり」を制作している。今作は後にNHKで「ふうせんいぬティニー」としてアニメ化された。その後は「ムーム」「パティシエモンスター」「マカロンのかいかた」などを手掛けている。

関連動画

関連商品

映画

小説

絵本

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B7%9D%E6%9D%91%E5%85%83%E6%B0%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

川村元気

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 川村元気についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!