工藤タイキ単語

クドウタイキ

工藤タイキとは、デジモンクロスウォーズ主人公である。
第3期では後輩明石ギル主人公の座を譲るが、クレジットではトップのまま。

声優高山みなみそこ、バーロー言うのやめなさい! 

概要、ほっとけない!

中学一年生中学ニ年生(第3期)。チームクロスハートジェネラルデジモン達の指揮官)。
作中には結局出てこなかったスポーツトレーナー父親に持つ。
その血筋かどうかは不明だが、運動神経天才レベルに抜群で、頭明晰である。
口癖は「ほっとけない!」
この口癖は、かつて通学路で端に蹲っていたクラスメイトを助けようとして「放っておいて」と言われ、その通りにした結果、そのクラスメイトがそのすぐ後に病院へ搬送され、半年も学校を休む事態に陥ったという苦い経験からきている。

運動神経に関してはまさに賦の才を持ち、運動系の部活ならば助っ人を頼まれてから数日練習しただけでそのを埋められるだけのスキルを身に付けてしまうほどである。
学業に関してどの程度かのレベルかは不明だが、頭がよく回ることに違いはなく、作中ではジェネラルとして機転にとんだアイデアや状況を正確に読み取る冷静さで、何度もピンチを救っている。

一見すると、というより総合的に言えばほぼ非の打ち所がなく、まさにシリーズ一の天才主人公と言える。
しかし、前述の「ほっとけない」精はいくらか度がすぎており、体的に限界でもフルスロットルで頑ってしまうほど。おまけに人のために頑っている最中は意識に自分の限界を度外視しているので、全てが終わった後にダウンすることもしばしば。
そこを「悪い癖」と断じていつも心配してくれる陽ノ本アカリがいくらかフォローしてくれるため、大きな怪には至っていないようだ。

また、「ほっとけない」精はお人好しな性格を育む結果にもなり、それが惨事を生んだりすることもある。また、自身の心の柱を失うと再起が困難になるほど落ち込んでしまう。

ただ、お人好しとはいえ、助を乞う理由が「私利私欲」だった場合は、当然とはいえしれっと見捨てるドライなところもある。あくまでタイキセンサーが感知するのは本気で「困ってる」相手だけなのである。

タイキ」の名前の由来は大きな器を持つ人間という意味から。

第1期~第2期

オメガモンの導きでクロスローダーを得て、デジタルワールドへ陽ノ本アカリとゼンジロウとともに突入する。
そこでシャウトモンデジモン達と出会い、紆余曲折を経てチームクロスハートを結成する。
第1期最終回で、バグラモンのにより一度人間世界に帰還するが、仲間を見捨てたままに出来ないタイキシャウトモンとともに再びデジタルワールドへ戻ることになる。

第2期では様々な犠牲と死闘の末、ついに打倒バグラモンを達成し、シャウトモン仲間と別れを告げた。

コスチュームは第1期がベストが特徴の重とした装、第2期では何故かベストが外れ、水色っぽいチェンジした。

第3期

1年経って2年生へ進級。特定の部活に所属していなかったが、バスケットボールチームクロスハート」を結成する。
シャウトモンとの別れを密かに引きずっていたが、後輩チームメイトのタギルデジモンハントに巻き込まれたことでタイキもまた関わることになり、相棒と再会を果たすことになる。
一つの次元世界を救った少年達のリーダーとして数えられる伝説の人物の一人となったことも発覚した。 

先輩らしく相変わらず頭明晰な面を見せ、その優秀な頭デジモン事件解決の切り札となることも。
最終回では後輩のタギルに(伝説戦士の一人としての)自分の役を譲ることになった。

なお、劇中では明確にデジモンハントしたシーンがない、和解したピノッキモンの所在地も不明。
装は2期で着ていたシャツのほぼ色違い

関連動画

工藤タイキに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B7%A5%E8%97%A4%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

工藤タイキ

3 ななしのよっしん
2012/03/24(土) 10:59:14 ID: jeD7fRMVs2
アニメ版は良くも悪くも「正しく璧」っていうキャラを貫いた印
それこそ「良いデジモンだけの世界」みたいに非難されてもおかしくない思考はあっただけに、
タイキは正しい」って扱われるだけじゃなく、しっかりと摘される展開も見たかった。


漫画版は逆に「正しすぎておかしい」と描いてたのが印に残った。
その上で大きく成長して、その結果から得た言葉をバグラモンにぶつけたのは良かったと思う。

だがまぁ、キリハさんほどじゃないがアニメべると別人なのはこっちも同じだし、
アニメタイキが好きだって人にはそれほど評価は芳しくないかもしれない。
4 ななしのよっしん
2012/04/12(木) 00:34:23 ID: BZs7e+CezJ
>>2
「首謀者を未然にファイル内でやっつけた」という意味で世界を救ったとするならニット帽の少年のことも忘れないであげて
5 ななしのよっしん
2012/04/28(土) 23:34:34 ID: RxXy9WzcFa
はどっちのタイキさんも好きだな。
不動遊星みたいな主人公でありながらジョーカーキャラみたいな感じで普通に見てて面かった
6 ななしのよっしん
2012/07/22(日) 22:46:07 ID: B7tKuAr8/l
がつくほどの完璧超人なのに嫌味をすごく感じないいいキャラだった。3期でも璧すぎてタギルがかすむかと思ったがそんなことはなかったし。
7 ななしのよっしん
2013/03/06(水) 02:27:32 ID: 9eZ3ECZB6P
ネット最低系作品でよくある「主人公有能に描くために周りを理矢理無能に仕立て上げる」の典だった気もするけど。
キリハはモロその煽りを受けてたけど、ゼンジロウアカリもリアクション担当と言わんばかりに騒ぐだけで活躍の場を与えられなかったし。
敵への非難とか自分が今までしてきたこと全に棚に上げててうすら寒かった。
インタでのアレな発言も含めて脚本家にはもう少し考えてほしかったなぁ。
8 ななしのよっしん
2013/04/02(火) 22:54:35 ID: 7PO43yvdi9
>>7
たぶん、タイキ善人っぽさが漠然としてるのが原因なんだろうな。これといって考えの方向性みたいなものがなく、その場その場で「良いこと」ばかり並べるから全体通すと言動が食い違ってる感じ
だから時々変な持ち上げ方されて気味が悪くなる
9 ななしのよっしん
2013/04/07(日) 16:28:52 ID: 9eZ3ECZB6P
>>8
確かに、考えの方向性や言動の裏付けに関する描き込みが足りてなかったって感じた。
タイキの言葉はその場のその場の状況的には決して間違ってはいないしカッコよくもあるんだけど、その言葉の中に本来あるはずの「タイキの想い」がどうにも読み取れなかった。
台詞にしても行動にしてもそれに至る「過程」の描写が希薄だから、与えられたシナリオを消化していくだけの装置のように見えてしまう。
10 ななしのよっしん
2013/06/02(日) 16:54:12 ID: 7PO43yvdi9
>>9
そうなんだよなあ・・・
アポロモンの件とかも、挫折する過程をワイズモンの「理だよ」の一言で済ませちゃったから薄情に見えたな
お前シャウトモン達が操られたときは何がなんでも諦めなかったくせに・・・」って感じで
11 ななしのよっしん
2013/06/26(水) 18:32:10 ID: lx4EBtsgnX
アニメ版も嫌いじゃないが、漫画版の復活シーンはグッとくるものがあったな
12 ななしのよっしん
2016/04/11(月) 05:39:57 ID: fyUIbmcebt
ニット帽の少年 ドルモン 工藤タイキ デジタルワールド救世主だな そしてすべてCV高山みなみという

急上昇ワード