差し戻し(MTG)単語

サシモドシ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

差し戻し(MTG)とは、マジック:ザ・ギャザリング呪文カードである。

概要

Remand / 差し戻し (1)()
インスタント
呪文1つを対とし、それを打ち消す。そうした場合、それをオーナー墓地に置く代わりに、そのプレイヤーの手札に加える。
カードを1枚引く。

まあ、少なくとも腕のひらひらとか呪文のぶつくさとかは印的だったかな。

MTG wikiより転載

ラヴカブロックの大キスパンション「ラヴニカ-ギルドの都」にて収録された打ち消し呪文
古くからのMTGプレイヤーは記憶の欠落/Memory lapseを連想する人もいるのではないか。

このカード呪文を打ち消しても相手の手札に戻ってしまうため、そのまま使っても時間稼ぎにしかならない。しかしその時間稼ぎが案外陶しく、2マナとかなり軽いため序盤に撃たれると対戦相手のテンポを削がれる。しかもドロー効果が付随しているため手札も減らない。
自分の呪文に使うことでカウンターや立ち消えから守ったり、手札で腐ってきたら適当呪文プレイしてさながらサイクリングのように使えるのも見逃せないポイントである。

その軽さと色拘束の弱さからラヴカブロックの多くのデッキの序盤を支えた名カード
ラヴカブロックというとこの呪文を思い浮かべるMTGプレイヤーも少なくない。
が利いたフレイバーテキストも雰囲気が出ており秀逸である。

記憶の欠落/Memory lapseとの比較

Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)()
インスタント
呪文1つを対とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤー墓地に置く代わりに、オーナーライブラリーの一番上に置く。

おお、良心なら持っていたとも。だが、残念。どこかに置き忘れてしまったらしい。

チャンドラー

MTG wikiより転載

記憶の欠落/Memory lapseは、「ラヴニカ-ギルドの都」の10年前に発売されたエキスパンション「ホームランド」で初登場した打ち消し呪文である。差し戻し/Remandとよく似た役割を持つカードであり、しばしば較される。
大まかな相違点は以下の通り。

差し戻し 記憶の欠落
打ち消した呪文は手札に戻る
マナがあれば再び唱えられる
打ち消した呪文ライブラリーに戻る
→次のターンまで唱えられない
打ち消した後にドローできる
→自分のドローを加速できる
呪文ライブラリーに戻す
→相手のドローを阻できる
自分の呪文に対しても使用できる 基本的に相手の呪文のみ対にする
手札破壊と相性がいい ライブラリー操作と相性がいい

フレーバーテキストはこちらも皮めいている。相手をおちょくるかのような呪文効果だからだろうか。
ちなみにチャンドラーホームランドの登場人物であり、プレインズウォーカーチャンドラ・ナラーとは関係。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%88%BB%E3%81%97%28mtg%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

差し戻し(MTG)

11 ななしのよっしん
2013/02/14(木) 21:19:04 ID: Z2tff96yfD
使う2色以上のコントロールならぜひ積みたいカード。色拘束緩いし、相手のテンポ損ねるし。あとたぶん普通の打消しより打消しにくいはず。

個人的には差し戻した後陰謀団式治療法使うのが好きです。
12 ななしのよっしん
2013/08/02(金) 21:08:27 ID: WLTrmQY4BF
モダン需要で値段爆上がり中
マナ以上のカードに使わないとあまり意味ないんだけど、当時みたいに取り敢えず4詰みしていいのか?モダン知らないけど
13 ななしのよっしん
2014/03/12(水) 03:14:21 ID: LkrEgc9kRj
デュエルデッキに新イラストで再録おめ
おかげでデュエルデッキ自体が高騰したけど速攻で再販決定で転売涙目なのも嬉しい
カード券代わりにするなと
14 ななしのよっしん
2014/08/28(木) 19:09:56 ID: beMNjTUibx
この記事の作成秘話が良い!
そしてその後も記事作成者がちょくちょく編集しているのが尚更良い!
15 mikaze
2014/12/13(土) 11:42:36 ID: Us1sHPw5kl
遊戯王OCG版「差し戻し」との扱いの差・・・

>>14
そんなに凄いのか。経緯が気になるところ。
16 ななしのよっしん
2015/06/06(土) 19:49:42 ID: eEd3xEcEyW
遊戯王カードプレイする上でコストって概念が(極一部除いて)ないからね、戻されたところで別にもう一回使うのに不都合がない
17 ななしのよっしん
2015/06/28(日) 18:45:57 ID: 4eHfciV0qR
こういうのはテンポアド取るカードだから強さが分かりにくいのは仕方ない。
これの場合、1ドローも付いてるから二枚目三枚とか違うカウンターを引くかもしれないと言う。
18 ななしのよっしん
2015/07/22(水) 14:16:35 ID: NAF3WU1raT
このカードを簡単に説明すると、追加の1ターンを行う
19 ななしのよっしん
2015/09/03(木) 13:40:26 ID: Us1sHPw5kl
>>16
まぁ確かにそうかもしれないが、この名前のカードに限ってはなぁ・・・。
遊戯王版のはインスタントみたいな感覚で使える速攻魔法ならまだ救いがあったが、こちらは準備から発動までにタイムラグが生じてしまう通常
しかも発動条件が少々きつく、一度手札にバウンスできたものをわざわざ一枚駄に消費するようなことしてまでデッキに送ることになる。

>>17
そう考えると、使われた相手も対処に悩みそうだな。
20 >>19の人
2015/09/03(木) 13:52:42 ID: Us1sHPw5kl
>>19
書き間違えた。相手が墓地から手札に加えたカードだけをデッキに戻すのだけど、mtg版差し押さえのような感覚で回収妨ができるカードが既に存在するうえ、その相互互換カードも複数あるから、どうしてもこのカードに活躍の場が回ってこない。