常石勝義単語

ツネイシカツヨシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

常石勝義とは、JRA(日本中央競馬会)に所属していた元騎手である。

概要

1996年中尾正厩舎所属騎手として3月デビュー同期には福永祐一和田竜二細江純子、増沢由紀子(旧姓・牧原)柴田大知・未崎兄弟たちがいる。

初騎乗は3月2日の自厩舎でのニノレセプションで16頭立ての7着だったが、連闘で挑んだ3月10日に初勝利した。8月までに12勝と順調に勝利を重ねていたが、8月4日に落事故挫傷を起こし一時意識不明の状態に陥るが、1997年に復帰し小倉3歳ステークスをタケイチケントウで重賞初制覇を果たした。

その後2003年中山グランドジャンプビッグデーストでJ・G1)を勝利し、新潟で関屋記念をオースミコスモで勝利した。しかし2004年8月小倉競馬場の障レースで再び落挫傷、外傷性くも膜下出血などで重体になり1かほど意識不明だった。

懸命な治療などもあって2005年には木に騎乗し3年間騎手としての復帰をしていたが、2度の落による挫傷等で左半身の麻痺や記憶障等も患い、高次脳機能障害の診断を有する事になり、騎手免許更新の規定によって2007年2月引退となった。
騎手としての成績は怪等もあり、1503回の騎乗で82勝(重賞3勝)であった。

引退後もしばらくは生活習慣は体が覚えていて、4時の起床、散歩としてトレセンまで2時間歩いていた。

競馬の取材や解説などをして1年経ち気持ちも落ち着いたが、それでもに乗りたいという気持ちがあった。2013年術を始めたところ、タイミングよく一つの転機が訪れる。

パラリンピック選手を目指して

2013年9月2020年東京オリンピックパラリンピック開催決定のニュースが伝わると、常石は「これに出たい」と母親に話し標ができた。

リハビリマラソンもしていて、幾分かは麻痺も和らいでいた。
術のパートナーの性格を知るうえで騎手時代の経験が役立っているという、その一方で騎乗スタイル騎手時代の癖を体が覚えていて騎手としての前傾姿勢から、術としての美しさの騎乗フォームへの変化に苦労している。

また幾分かは和らいだとはいえ麻痺へのコース示や、記憶障コースが覚えにくい等なかなか思い通りにはいかないが、それでも出たいという標で続けている。

との関係も騎手時代の「共に・対等」という間柄のパートナーから、麻痺でうまく示できなかったり記憶障コースに迷いが生じても、が「フォロー」をしてくれるパートナーへと術で変化したとインタビューっている。

1週間のうち半分はトレーニングをし、2019年にはドイツまで行ってトレーニングもした。
パラリンピックに出るための標準記録62以上の得点にはまだ足りないものの、周りの人たちから必ずとれると言われ代表選考をし、2020年3月までにクリアできるように励んでいる。
パラ術には障の重さからパラグレード1~5までランクがあり、演技内容等に違いがある。常石勝義はグレードの3である。

その傍ら競馬の取材もしていて、netkeiba.com2012年から現在コラムをも書いている。

常石勝義が見つけた競馬の職人(netkeiba.com)exit

関連動画


第6回中山グランドジャンプ

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B8%E7%9F%B3%E5%8B%9D%E7%BE%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

常石勝義

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 常石勝義についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり