幕内単語

マクノウチ

幕内(まくのうち、まくうち)とは、大相撲の番付における階級の一つである。

概要

階級の構成は一番上が『横綱』、次いで『大関』、『関脇』、『小結』、『前頭』となる。『前頭』については東西共に現在は16人ずつ、合計32人のがあり、『大関』の人数などで変動する。『大関』、『関脇』、『小結』を『三役』と呼び、厳密には『横綱』は『三役』ではない。

定員は決まっており、現在は42人までと定められている。『横綱』2人、『大関』が4人いるとすれば、『関脇』、『小結』は最低2人ずつとなり、『前頭』の16枚までが『幕内』の相撲に上がれる。

幕内の取組の事を一般的に『中入後(なかいりご)』と呼ぶ場合もある。幕内土俵入りの後、10分少々の休憩が入り、その間に立行明日の取組を発表する。

幕内はは前半と後半があり、概ね前頭7~8枚くらいの格の力士が登場するのが前半、横綱大関など、上位力士が登場するのが後半。この間に勝負審判の交代があって、5人の勝負審判が総入れ替えされる。

幕内で優勝すると『幕内最高優勝』として、天皇賜杯と優勝旗が授与される。また、NHK大相撲を中継しているため、NHKから優勝インタビューを受ける。優勝を果たした力士には後に毎日新聞社から優勝額が寄贈され、その特大サイズ技館に4ヶに1回飾られる。6年間36場所の優勝額が飾られているが、2006年初場所の栃東の優勝額が外されて以降、日本人での幕内最高優勝がいため、現在外国人のみの優勝額掲示となっている。

幕内に入ると有名なのが『懸賞』で、懸賞が懸けられていると『懸賞幕』が掲げられる。永谷園などが有名で、企業法人みでし懸賞を懸ける事が出来ない。相撲に勝つとを挙げた力士には懸賞が与えられ、懸賞6万円のうち3万円を手取りで受け取る事ができる。残り3万円は日本相撲協会などに本人名義で引きされる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%95%E5%86%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幕内

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 幕内についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!