平和主義単語

ヘイワシュギ
2.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

平和主義とは広義には「争いを忌避し、平和を志向する思想」である。ここでは際関係論における平和主義を解説する。

概要

際論における平和主義は戦争を憎み平和する思想であるが、戦争が好きな人間なぞ滅多にいるものではない。より具体的に捉えるならば非武装義、および自衛戦争も含めた全ての戦争に反対するスタンスと言える。日本憲法9条で戦の保持を禁止し、武による際紛争の解決を禁じているため平和主義憲法を呼ばれる。平和主義にも様々な立場があり、一つだけをとって平和主義全てをるのは不可能である。

平和主義の対義は「武を用いた平和」を標榜する現実義。周知の通り、現在社会では現実義が支配的な思想であり非武装義の肩身は狭い。日本においても一部の平和主義者は自衛隊の存在を認めず、自衛隊の活動を妨するなどの行動に出ることもあり、「平和主義」という言葉の穏当さとは相反して「理想義すぎるだ」と嫌う者もいる。

絶対的平和主義と条件付き平和主義

絶対的平和主義とはその名の通り正当防衛も含めていかなる場合でも暴力を許さないとする立場である。代表的な絶対的平和主義者にはトルストイの名があげられる。仮に自分や家族強盗に襲われたり、侵略土がされても武による反撃をしない。こう聞くと宗教的な印を受ける人も多いだろうが実際に絶対的平和主義は古代キリスト教を嚆矢とする思想である。「右のを打たれたら左のを差し出せ(マタイ)」の言葉に徴されるように古代キリスト教徒達はローマ皇帝に迫されても反乱を起こすことはなかった。現在でもクェーカー教徒などは「殺すくらいなら殺される」という悲壮な覚悟を持って徴兵忌避する者もいる。

絶対的平和主義者は立と言えるかもしれないが、それを国家経営に持ち込み民にも絶対的非暴力を要するのは難しい。そこで条件付き平和主義が登場してくる。古代から存在した絶対的平和主義にべて条件付き平和主義は近代に生まれ、自由義、社会主義、功利義がその思想的基盤となっている。基本的に暴力には反対するが、一定の条件の元では許容する。その条件は当然その人、の考えによって大きく変わる。例えば私的暴力は許容するが、暴力は禁止するというパターンもある。強盗に襲われて反撃するのは許されるが、侵略に対して防衛戦争をするのは許さない(ガンディー等)。またバートランド・ラッセルはあらゆる戦争に反対するがナチスとの戦いは許容すると述べている。

英語では絶対的平和主義をパシフィズム、条件付き平和主義をパシフシズムと呼ぶ。両者を混淆して「戦争暴力)に賛成する平和主義者」などと揶揄するのは間違っている。後者の場合は、軍拡競争に参加しないため経済的に得である、あるいは他を刺しないので防上も有益であるという思想なのだから、条件が変われば戦争容認になっても別に変節したわけではない。暴力的なデモを繰り返す平和主義者というのも矛盾なく存在しえるだろう。両者とも非暴力を由とする思想であるが、非暴力抵抗を意味するわけではない。モハトマ・ガンディーの非暴力従(サティーアグラハ)が有名であるが、占領軍へのサボタージュやストライキなど非軍事抵抗の手段は多く存在する。

なぜ防衛戦争すら許さないのか

侵略に反撃するのを許さないというのは理不尽のように思える。しかし防衛戦争は様々な問題をんでいる。まず防衛戦争を許すと戦争の惨禍は際限なく広がってしまう。5世紀の学者アウグスティヌスは、絶対的非暴力義であった古代キリスト教徒達に「攻撃に対する反撃は正当なる戦争である(正戦論)」と説き、彼らをゲルマン人との戦いに駆り立てた。その結果、キリスト教は正戦(戦とは別概念)の美旗の下で多くの戦争を起こしていくことになる。

また一つの戦争が両にとって防衛戦争に該当することも多い。聖地イェルサレムを巡る中東戦争や、イギリスアルゼンチンフォークランド紛争などなど。侵略戦争と防衛戦争を区別するのは客観的にも難しい。そして何より、人類史における多くの侵略戦争は「防衛戦争」のプロパガンダで始められてきたという事実がある。「々は戦争を望んでいない。しかし敵が戦争を望んでいる」とお互いが喧伝する近代に多く見られた。大日本帝国アジア侵略近衛文麿をはじめとした日本人にとっては防衛戦争であり、スターリンにとってフィンランドカレリア奪取はナチスからモスクワを守るために不可欠な軍事行動であった。

また仮に専守防衛の精を厳守していても、防衛のための軍隊は否応なく周辺諸を刺していく。Aが防衛のために軍拡すると周辺諸それを不安に思い軍拡を始め、それを見てAが更なる軍拡を始める。負のループである。実際に戦争が始まらずとも教育や医療に回すべき財軍事費に取られてしまい、民の損失は計り知れない。

「でも、もし攻撃するつもりがないのならこの騒がしい戦争の準備は一体なんのため?」
「『平和を望むなら戦争の準備をせよ』と言うだろう。々はただ用心のために戦争の準備をしているだけだ」
「では相手側はどうなのでしょう?」
々を奇襲するのが的だな」
「でも彼らも私たちの攻撃を警しているだけだと言っています」
「それがあいつらの陰謀なのだ」
「でも彼らの言い分では陰謀を企んでいるのは私たちですわ」
「それはもっと軍備を進めるための口実にすぎん

武器を捨てよ』B・V・ズットナー(1905年ノーベル平和賞受賞)

関連項目


参考文献

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E4%B8%BB%E7%BE%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

平和主義

1 ななしのよっしん
2022/05/01(日) 13:40:26 ID: DHHh1/367n
https://w.wiki/3C5oexit
平和主義とは、戦争暴力に反対し、恒久的な平和を志向する思想的な立場。人権経済的部分である経済自由権・際化・世界経済などと併せて、平和主義資本主義とも関連している。『世界大百科事典』では、現代世界における支配的な平和の一つは「パックス・エコミカ」(経済による平和)だとされている。
第二次世界大戦後に平和主義を提唱している憲法日本国憲法フランス共和国憲法イタリア共和国憲法などがあり、これらに伴い平和生存権も注されるようになった(日本フランスなど西側諸国憲法は、資本主義憲法市民憲法)に分類されている)。

ヴォルテールが見て取ったように、銭は信条・人種といった違いを解消する。彼の資本主義観に共通する考えを持つモンテスキューは、市場が人々の気質を「温和」にすると述べている。17世紀を暴力的・軍事的な時代にした大きな要因は戦争宗教戦争)であり、そのは後世にも及んでいた。市場とは、そのような対立を弱めていったものである。

18世紀初頭になると、バーナード゠デ゠マンヴィル流の資本主義観が現れた。この類の資本主義観によれば、暴力よりも私利私欲を追求することで生活科学技術の革新が進んでいくと同時に、宗教民族による対立や戦争は減少していく。その後はアダム・スミス経済モデル提供し、これによって国家間の関係をより「義的」・「平和主義的」に捉えることができるようになったと考えられている。
またマンヴィル流の資本主義観は19世紀以降にも受け継がれており、この観点は資本主義に対する賛否の両論に共通している。


【反平和主義・反自由義】
・権威義 - プロタリア独裁
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2 ななしのよっしん
2022/05/19(木) 07:47:33 ID: CjrlTuCBtc
絶対平和主義で、「攻められたら全員自殺すべきだ」という論はないのだろうか。
理由。ただ平和主義Aが戦争Bに条件降するだけでは、Bは元A民を徴兵して次のCを侵略する可性がある。
そうしたら元A民も虐殺に手を染める。
暴力抵抗、だが家族の前で拷問されても耐えられる人は少ないし、全員どんな拷問にも耐えられる訓練をするのは非現実的。
だから全員自殺が一番現実的。
3 ななしのよっしん
2022/05/28(土) 00:05:55 ID: FwfJbVY/zV
ただ死ぬだけでは面くないじゃん?
人によっては寂しいとか思っちゃうじゃん?
じゃけん敵も全員連れにしていきましょうね~(カミカゼ
ってのが々の先祖が辿り着いた地やぞ

そう考えるとGHQ々なんてのは細な誤差で、日本人は最初から平和主義者以外の何物でもなかったということが分かってくるだろう