編集  

平成30年北海道胆振東部地震単語

ヘイセイサンジュウネンホッカイドウイブリトウブジシン
ネタバレ注意 ここに書かれている情報は記事更新当時のものです。
情報が古い場合がありますので、最新の情報テレビラジオ、下記ニコニコチャンネル等でご確認下さい。

平成30年北海道胆振東部地震とは、2018年(平成30年)9月6日午前3時7分に発生した最大震度7を観測する地震である。

概要

2018年9月6日午前3時7分に胆振地方中東部を震とするマグニチュード6.7、最大震度7を観測する地震が発生した。最大震度7を観測した地震平成28年熊本地震以来6例で、北海道での観測は初である。この地震での津波の発生はなかった。

10日20時時点で死者41人(dNHK)

町で震度7と、北海道では初めて震度7を観測する地震となった。厚町では地震による土砂崩れが発生し、人的被害も発生している。

インフラ面では、震源地に程近い北海道電力東厚火力発電所が地震で停止し、使用量と発電量のバランスが崩れ、周波数が乱れたため一時全停電が発生した。

新千歳空港では発着する内・際線の全便が欠航となり、ターミナルビルは一時閉鎖された。

また、JR北海道(在来線北海道新幹線)・札幌市交通局(地下鉄路面電車)・道南いさりび鉄道は始発から運休となった。

なお、現在は運行再開されている。

最新の情報はこちらからチェックを!

JR北海道 HP

Hokkaido Railway Company

新千歳空港 本日のフライト

札幌市交通局 地震に伴う運行情報

道南いさりび鉄道 HP

地震データ

この他、青森県で震度4、岩手県宮城県で震度3、秋田県山形県福島県で震度2、新潟県埼玉県茨城県で震度1を観測した。

参照:気象庁震度データベース

被害

大規模停電

地震発生に伴う影により内の火力発電所が緊急停止したことで、電需給のバランスが崩れ所謂「ブラックアウト(全系崩壊)」が発生、北海道全域の295万戸に及ぶ停電が発生した。特に、北海道電力ハブ的役割となっていた「東厚火力発電所」(165万kw)において、1,2号機にはボイラーの損傷があり、4号機のタービンから出火が確認されており、震に近かったこの発電所の停止が停電の決定的な原因となった模様。

なお、一部地域を強制的に停電にし、ブラックアウトを一時的に回避はできたものの地震後も発電し続けた東厚火力発電1号機(35万kw)が緊急停止したためにブラックアウトに陥った。

6日夕方時点で、水力発電所を再稼働させ、その電を基に「砂川火力発電所」を再稼働させた。更に、「奈井江火力発電所」、「伊達火力発電所」、「知内火力発電所」の内再稼働可発電所を6日から7日順次起動する予定。更に、北海道電力及び経済産業省は地熱、再エネ企業の自給電をこれに加えて復旧をす。稼働再開に伴い、電供給の復旧が各地でされている。稼働可な発電所をすべて動かし、更に本州からの融通電60万kwを合わせて7日中312万kWを確保できる見通し。それでもなお想定される最大需要電380万kwには及ばず、全復旧にはなお1週間以上かかる見込みである。

泊原発は外部電からの供給が停止されたものの、非常用ディーゼル発電機によって冷却が続けられた。9月6日午後に外部電は全て復旧した。

被害について、信号機の停止により、交通事故が発生した他、農家企業牛乳の冷蔵ができなくなったため処分が行われた。

なお支笏千歳にある水力発電所(王子苫小牧工場工業用)の余剰電(交流60Hz)が約100世帯に供給されていて、地震での停電はなかった。(台風21号のときは電線が切れて停電した。)

復旧

  • 7日3時時点で96万4千戸が復旧
  • 7日6時時点で130万9千戸が復旧
  • 7日10時時点で140万戸が復旧
  • 7日18時時点168万8千戸が復旧
  • 8日8時時点で293100戸(99.3)が復旧
  • 9日1時時点で450戸除き電復旧
  • 19日16時時点で50戸を除き電復旧
  • 10月4日地震に伴う停電は全て復旧

断水(19日時点)

(区)町 戸数
379戸
375戸
札幌市清田 56戸

関連動画

関連生放送

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E8%83%86%E6%8C%AF%E6%9D%B1%E9%83%A8%E5%9C%B0%E9%9C%87
ページ番号: 5541075 リビジョン番号: 2632800
読み:ヘイセイサンジュウネンホッカイドウイブリトウブジシン
初版作成日: 18/09/06 17:48 ◆ 最終更新日: 18/10/12 22:34
編集内容についての説明/コメント: 停電復旧情報追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

平成30年北海道胆振東部地震について語るスレ

70 : ななしのよっしん :2018/09/19(水) 23:14:55 ID: slijIpBggL
>季の暖房需要増に備え、残る2号機(60万キロワット)、4号機(70万キロワット)の再稼働も急ぐ。全面復旧は11月以降となる見通し

これも先の記事に載っている内容であるが、現在の電に合わせると合計560万Kwになるな
で、上記の人も上げている内容だが、
http://www.hepco.co.jp/info/2018/__icsFiles/afieldfile/2018/04/12/180412a.pdf
北海道エリアにおける2017年季(12月2月、以下今)の需要見通しについては、厳寒時の1日最大電516万kWと想定

予定通り2・4号機の再稼働が11月に間に合えばいいわけだ
安全基準を満たしてない原発、動かすリスクを冒す意味はないな

このニュースの見方で間違っているところがあれば摘していただきたい
71 : ななしのよっしん :2018/09/20(木) 05:23:46 ID: slijIpBggL
9/20読売新聞によると、19日からの供給391万kw
10月以降に復旧する予定の発電所が計85万kw
続いて10月中旬以降に東厚2号機が復旧してプラス60万kw
この時点で、今年1月のピーク需要525万kwをえる
そして、11月以降に東厚4号機の70万kwが加わる
72 : ななしのよっしん :2018/09/20(木) 07:20:39 ID: 0hVZYncSC+
冗長性の確保という点において、晩という太陽ももしかしたらも使えない場合に西の大出発電所で安定供給できるようにしておくのは当然
地震前の供給量確保したところで、Mj6クラスの余震の可性は高いのだから、リスクは変わらんよ
73 : ななしのよっしん :2018/09/20(木) 23:37:28 ID: slijIpBggL
>>71の合計には「本州からの送電など緊急時の予備分」50万kwは含まれておりません
加えたら、余裕はさらに増えることになります

そんなわけで、9/14の記事においても、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000095-mai-bus_all
経産省は「寒さの本格化で電需要が増えても、需給は安定するとの見通しを示した」わけです
これで安定しなかったら経産省安倍内閣)へ大いに批判をぶつければよろしい
まあ、そんな事態にはならないと思いますが

そして、今後もさらに電供給を増強すべく、以下のようなことをしています
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010003-doshin-pol
北海道本州つなぎを融通し合う北本連系線(送電容量60万キロワット)は来年3月30万キロワット増強されるされるが、「90万キロワットでもまだ細い」と摘し
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
74 : ななしのよっしん :2018/09/22(土) 08:34:43 ID: slijIpBggL
原発ブラックアウト回避の助けにはならないといった内容のことが、ニコニコ大百科の「泊原子力発電所」でられているようですね
75 : ななしのよっしん :2018/09/29(土) 01:57:16 ID: sYEsr0hdir
今回に限っては原発が動いてても結果は変わらなかったんじゃないか?
けっきょく非常用電に切り替わってる間にブラックアウトしたと思う
震源地が悪かった(電気的な意味で)
76 : ゼロウィン@保守の品格(`・ω・´) :2018/09/30(日) 21:59:10 ID: Uy2y3BH+Ww
そもそも泊原発の発電量では全機フル稼働でも東厚火力発電所の発電量をカバーできないし
原子力発電所は年に1回、2~3ヶ程度の期間は定期検全停止してしまうので
長期間にわたって全機稼働することは出来ない。

冷静に考えれば泊原発が稼働していたってブラックアウトは防げなかったと思う。
77 : ぱなぱなちーん :2018/09/30(日) 22:04:42 ID: +cU+lg+2tw
ウヨちゃんは頭パーだから仕方ないね

ぱなぱなちーんwwwwwwwwwwww
78 : ななしのよっしん :2018/10/03(水) 01:29:54 ID: slijIpBggL
北海道地震>防災グッズ品薄 電不要ストーブ増産へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000016-mai-soci

「複合的な要因で被害は更に拡大する。まずは庭内で自助の徹底を図り、身の安全を守ることを考え、防災環境を整えてほしい」と話している。
79 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 00:19:45 ID: dtPmgKZGOh
最大限に稼働&電融通してもらって80ってことはなんだかんだ定期停止で85くらいまでは上がるし、いけるけどちょっと怖いって感じの数値か。いや怖いな…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス