幻想人形演舞単語

ゲンソウニンギョウエンブ

- するRPG -

幻想人形演舞とは、東方二次創作ゲームである。

2014年夏コミC86)に体験版が、冬コミC87)に正式版が頒布され、初版分は当日中売した。
現在メロンブックスDLにてDL版を販売中。パッケージ版委託も同店舗を皮切りに1月末から開始された。
2015年5月現在の最新パッチ1.34

2014年4月18日(土)に公式による第一回幻想人形演舞対戦大会が催された。詳細は公式HPexitにて。

2015年夏コミC88)に、『外伝 ユキちゃん修行』が頒布された。
現在公式HPexitフリー開されている。

2015年冬コミC89)に、アペンディスクの頒布が決定した。ペンド版のみでは遊べないので注意。
各店舗でのパッケージ版委託や、メロンブックスDLでのDL販売も予定されている。

概要

ストーリー

ふとした出来事から、うっかり幻想郷へと迷い込んでしまった主人公
そしてその幻想郷は、「人形」と呼ばれる妖怪でも妖精でもないモノが溢れる異変のっ最中であった。

どうやら元の世界へ戻るには、この異変を解決するしか方法はないらしい。
主人公幻想の住民たちと触れ合いながら、かわいらしい人形たちと共に、
異変の核心に迫るべく、幻想郷を駆け巡ることになったのであった――。

内容

“ポ○モ○”に仕立てた、東方二次創作RPG作品である。
プレイヤー東方Projectキャラクターたちを貌どった「人形」を操り、某ゲームドット絵で描かれた幻想郷を歩きまわることができる。ドット絵のそのゲームがもう一度見たかったという人は東方ファンじゃなくても買ってみる価値はアリ

熱心な東方二次創作フリーク諸氏は、これを聞いて即座に東方人形劇を思い浮かべるだろう。
それもそのはず、本作の制作チームはまさに東方人形劇制作したスタッフ達である。
本作はPCゲームの為東方人形劇と異なり、ROM吸出しのための専用器具購入やパッチ適用などの小難しい手順を必要とせずともソフトインストールするだけで楽しめるから実に合法的という利点がある。ただし、エミュレータと違いそれなりのマシンスペックを要される点には注意。作品ページの推奨スペックはよく確認しておこう。購入前には無償配布の体験版をプレイして確かめる手もある。exit

なお、開発中の仮タイトルは『幻想の人形-ユメノカケラ-』であった。
正式タイトル2014年4月コミュニティ放送にて発表。『幻想人形演舞』としてタイトル画面が開された。
開発中の仮タイトルはアペンド版のサブタイトルへと受け継がれることになる。

ゲーム紹介

※説明に際し具体的な単語などを使うとよろしくないアトモスフィアを感じるので、誤解のないレベルで表現をぼかしております。

ゲームシステム

体験版のみの仕様

アペンドディスクでの仕様(予定)

頒布

DL販売は1月6日より、メロンブックスDLにて開始exit

また、HPにてWeb体験版も公開中exit
体験版推奨スペックも製品版と同様に設定されているため、購入を迷っておられる方は動作確認も兼ねて遊んでみてはいかがだろうか。

ついに公式が全人形ステータスや技を網羅した攻略ページを用意してくれた。
いわゆるひとつの攻略本なので、ネタバレされてもいいという方はこちらexitから。 

注意

2015年5月現在バージョン1.34が最新版となっている
頒布されたままの状態である1.01版(パッケージ版は若干修正された1.10版)には各種バグ・不具合が残っているほか、1.3世代からはタイプ相性や人形のパラメータにテコ入れがなされている。これにより、ストーリークリアのみならず対戦環境にも大きな変化が発生しているため、プレイの前にこちらのページexitから最新バージョンパッチDL→適用されることを強くお薦めする。
また、1.1バージョンより以前のバージョンの方は、先に1.2パッチを当てた後に1.3パッチを当てること。 

更に、Windows仕様により「Program Files」や「Program Files(x86)」にインストールすると、セーブデータが作成できなかったりパッチの適用に失敗することがある不具合が確認されている。こちらはインストール先を変更することで症状を防ぐことができるため、プレイ前によく確認しておこう。パッケージ版の場合、デフォルトインストール先はc:¥game¥と設定されているので、問題ければそのままインストールした方が良い。

ペンド版をプレイするには「幻想人形演舞」本体が必要になるが、本体のバージョンはなんでも大丈夫で、クリアデータの引き継ぎを行わない場合は進行度も関係である。

関連動画

嘘から出た真実 / 全てはここから始まった
公式PV
ペン公式PV

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E6%BC%94%E8%88%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幻想人形演舞

873 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 01:19:21 ID: sD9ke5Axlc
舞踏会ムズすぎィ!!
AI読みがやはりヤバイ
874 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 04:59:44 ID: RXDuUBaZTi
>>871
もし作るならダブルバトル実装プレイヤーの腕前に合った難易度プレイ仕様にして欲しい
難易度安はこんな感じで
イージー ポケモン初心者のためのゆとり仕様タイプの相性などを教えてくれる
ノーマル 難易度は控えめ、但しブランクのあるプレイヤーにはごたえのある難易度だったりする
ハード 種族値個体値努力値をちゃんと理解しているプレイヤー向き難易度
ルナティック ハードモードが簡単過ぎると感じるプレイヤー向け、トレーナーの手持ちがガチ編成になっている、バトル中に入れ替えは当たり前

しかし今になって考えてみるとどうやったらブランクのあるプレイヤーでも安心してプレイ出来るポケモンを作れるか参考になる部分が多いな
参考に出来そうな部分
シングルダブル以外のバトル形式を
どくどくだまやとつげきチョッキなどのアイテムエンディング前から使える
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
875 ななしのよっしん
2018/11/15(木) 18:59:45 ID: 3r92S1Nswl
AI鬼畜といっても本家バトル施設並の理不尽さはいから良いなんやな
876 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 13:21:21 ID: f0aiMi4glH
ポケモンパクってんのにこれパクったらかれるんかww
877 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 22:16:00 ID: ofMIZGV0GQ
人形劇好きだったから買うか迷ったけど主人公秘封じゃなくなったのかあ
878 ななしのよっしん
2019/01/10(木) 22:24:11 ID: ncRAbNN6xd
>>871
変なのは別として叩きはしないだろ
ただこれと較されるのは覚悟しとかないとダメだと思う
二次ゲーとしてすごいいい出来だったもん
東方ローグライクも色々面いのあるのに今だとふし幻べられちゃうしな
879 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 03:54:21 ID: BIYjP4/Lzg
買って放置してたの今更やろうとしたけど今アペンドまであるのね
無印のままやるよりアペンド買ったほうがRPGとして楽しめる?
880 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 21:08:56 ID: QOKHnhK5uK
要するにポケモンなのか
881 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 03:14:37 ID: RXDuUBaZTi
>>879
無印輝針城までのキャラしか登場しないのに対してアペンドは紺珠伝までのキャラが登場するぞ
ペンドの方が戦略性が高いぞ
882 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 11:16:47 ID: Kw9YNnyrl7
ポ○モンが元なのは当人たちも隠してないけど、
好きな作品の気になる部分を自分たちでアレンジてしっかり作りこんだものを出そうっていうポリシーが感じられて好感度高いな。そこに(東方の)するRPGっていうやりたいことも合わせて。
よくありがちな、単に「○○東方ゲーム作りました」っていうふわっふわしたものに留まってないところがポイント高い。