幼年期の終り単語

ヨウネンキノオワリ
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
そんなのやーよって方はブラウザの『戻る』を。

幼年期の終り (Childhood's End) とは、アーサー・C・クラークによるSF小説。人類の霊的進化を描いた古典名作であり、作者の代表作でもある。

別訳題に『地球幼年期の終わり』、『幼年期の終わり』。

概要

1953年に発表された、クラークの第5長編。1950年Famous Fantastic Mysteries 4月号に掲載された短篇『守護天使 (Guardian Angel)』を下敷きにしている。

日本国内では1964年福島正実による訳が幼年期の終りタイトルでハヤカワSFシリーズ (後にハヤカワ文庫SF) に収められている。1969年には創元推理文庫から沼沢洽治訳が地球幼年期の終わりタイトルで刊行(後に創元SF文庫に移動)、長らくこの二種類の訳が版を重ねていった。そのため、共の場でうっかり『幼年期の終り』と書くと、性格の悪いSFファンから「そんなタイトルの本は存じ上げませんが……」と嫌味を言われるのが恒例だったとか。

21世紀になり、早川・創元のどちらの訳も40年近く経過したということでか、2007年には池田真紀子による新訳が幼年期の終わりタイトル光文社古典新訳文庫から出版されている。ちなみにこちらは1990年に出た新版を元にした訳で、冒頭部分がちょっと変わっている。また、これで『幼年期の終わり』と書いても間違いではなくなった。

2018年現在、上記三邦訳はいずれも容易に入手する事が出来る。書店でべ、自分に読み易い訳文を選ぶといいだろう。

小説が出版されてから半世紀後にドラマ化され、2015年12月アメリカのSyfyチャンネルで全3話(1話約120分)が放送。日本では海外ドラマチャンネルAXNで第1話が2016年1月に初放送され、全6話(1話を前後編に分割)が2016年5月1日一挙放送された。

あらすじ

……おや!? 人類のようすが……!


おめでとう! 人類はオーバーマインにしんかした!

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%BC%E5%B9%B4%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幼年期の終り

51 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 18:09:14 ID: MNuBj4uuj0
地球が最後ああなるのは理由られてたっけ?
すごく面かった作品だけどラストラストオチだけはなんか取って付けた手な展開に感じられてしまって好きな作品だと言い切れないのよね…
52 ななしのよっしん
2017/07/31(月) 12:10:51 ID: hV7ev8vOzP
>>50
上位存在にも終わりはないからね
限に進化し続けるよ
53 ななしのよっしん
2017/08/06(日) 15:20:55 ID: 8NAfMqAmjG
あかんあらすじ腹筋崩壊したwww
54 ななしのよっしん
2017/09/19(火) 00:25:58 ID: dXF4RnAwO+
見ただけでとりあえず読んでみようと思わせる秀逸なタイトル
55 ななしのよっしん
2017/09/22(金) 02:31:38 ID: kJCVCYcVJf
一度この小説読んでみたいと思った初見なんだがどこの出版社のやつ買ったらいいかな?どこでも大した違いはない?
56 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 02:33:56 ID: i4y0O1qbtm
間が開いたが他のこれから読む人のためにも参考まで
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1049110315exit

自分は創元SF文庫(沼沢洽治訳)で読み、非常に気に入った
簡潔でリズム良く、荘重な美しさを持った日本語訳だと思う

プロローグは試し読みできる。最後の方をみると雰囲気の違いがよくわかる
光文社版のもあるが、まえがきまでしか試し読みできないのでいた

地球幼年期の終わり』創元SF文庫(沼沢洽治訳)
https://booklive.jp/product/index/title_id/194749exit
幼年期の終りハヤカワ文庫福島正実訳)
https://yondemill.jp/contents/23450exit
57 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 02:37:12 ID: i4y0O1qbtm
失礼、リンクが逆だったので訂正

地球幼年期の終わり』創元SF文庫(沼沢洽治訳)
https://yondemill.jp/contents/23450exit

幼年期の終りハヤカワ文庫福島正実訳)
https://booklive.jp/product/index/title_id/194749exit
58 ななしのよっしん
2018/08/31(金) 01:17:37 ID: PfvGUI39Zn
オーバーロード科学技術のすごさに、科学者が所詮二番煎じに過ぎない研究に熱を上げることができなくなるという描写があったけど、これって日本人には価値観だよね
59 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 23:21:31 ID: NOAaJYNF14
>>51
オーバーマインドになりたての新人類がエネルギーを必要としてたから、地球自体をエネルギーに変えて消滅させたって書いてあった気がする
前段階として地上の動植物も一掃してエネルギーにしてた気が
60 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 21:11:33 ID: a5fqonj++4
これ、オーバーロードが闘みたいな「野蛮な」習をやめさせるって展開に陳腐なエスノセントリズムを感じてざめしてしまった思い出がある

クラークってわりと宗教を皮るような作品も書いてるし、「恐れられて来た悪魔が実は人類の進化を促す上位存在だった」って筋書きはキリスト教を皮ってる面もある
なのでまあクラークがそういう価値観を持っていたというよりは、なんとなーく非西洋の文化を下に見てる価値観意識的に出ちゃったもんだとは思うけど(意識である分タチが悪いという見方もできるが)

急上昇ワード