編集  

幾原邦彦単語

イクハラクニヒコ

幾原邦彦とは、日本アニメ監督である。

概要

1964年12月21日生まれ。徳島県小松大阪府出身。

1985年京都造形芸術大学卒業、翌年に東映動画(現東映アニメーション)へ入社。佐藤順一の後継として『美少女戦士セーラームーンシリーズシリーズディレクターを務める。

1996年東映動画を退社。
その年にクリエイター集団「ビーパパス」を設立し、1997年に『少女革命ウテナ』を監督として発表する。
少女革命ウテナ』はその耽美かつシュールな演出から話題を呼び、1999年には『アキハバラ電脳組』と同時上映で劇場版も発表される人気作品となった。

しかしその後はアニメ制作の現場から離れ、2001年から文化庁派遣芸術在外研修員として費による1年間のアメリカロサンゼルスへの派遣小説の執筆などを行っていた。
2011年に『輪るピングドラム』で12年ぶりに監督を務め、2015年に『ユリ熊嵐』の監督を務めることになった。

エピソード

主な作品

関連動画


関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%BE%E5%8E%9F%E9%82%A6%E5%BD%A6
ページ番号: 4681364 リビジョン番号: 2315304
読み:イクハラクニヒコ
初版作成日: 11/07/22 20:55 ◆ 最終更新日: 16/01/21 04:04
編集内容についての説明/コメント: 作品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

幾原邦彦について語るスレ

114 : ななしのよっしん :2018/07/22(日) 23:12:44 ID: yDXOfiVDpD
舞台芸術アニメで表現するならばどのように表現したら面いのかを追求しているな。
ミュージカルの舞台とオペラのような雰囲気とテクノ音楽プログレッシブ音楽メカニクスの多用と耽美な要素とシュールな要素を上手く混ぜている。
それらをアニメで表現したのがイクニ作品だと思う。
115 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 14:53:52 ID: OscElMrwJ1
>>113
自分のところに引き付けて想像を働かせなかったり
「(の嫌いな)○○な連中が騙されるんだなwww」みたいなこと言い合ってるのをSNSで結構な数見たりして
ああやっぱり作っておくべき作品だったよなあと思った
というかそういう、自分とそれを切り分けて遠ざける人にこそ見せたかったんだろうになあと思ったりしました
116 : ななしのよっしん :2018/08/13(月) 14:56:46 ID: OscElMrwJ1
>>114
演劇的な要素が不可分に接合されているのが独特だと思う
作中の現実と地続きになっているというか
117 : ななしのよっしん :2018/08/25(土) 13:30:17 ID: UnqgQJMB99
すしざんまいピンドラ寄りであることを願う
ゆりくまは超上級者向けすぎる
118 : ななしのよっしん :2018/09/08(土) 16:26:34 ID: gVBaNKwmt6
ユリ熊嵐難しいよな、大スキだけど。
ネットでは客観的に見て良い考察も見当たらなったしほぼ自で考えないといけない。
私も2~3年位かかってようやく理解出来るようになってきたし。
119 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 13:57:20 ID: OK25HbYZlD
ユリ熊は三部作の中でも一番わかり易いと思うけどなあ
「なんとなくわかる」「よくわかんなかったけど感動した」ならウテナピンドラの方に分があるが

さらざんまいPV第一弾見る限り、雰囲気はピンドラ寄りかな?
まあ幾原らしく急にシリアスぶん投げて意味深ギャグ繰り広げるだろうしPVを過信しちゃいけないか
120 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 00:13:57 ID: gVBaNKwmt6
ユリ熊嵐オチはわかり易い方だと思うよ、おそらくピンドラよりは。
でもそこに至る過程、演出や世界観、キャラの性格と的、濃密で複雑なドラマ、独特の用台詞
それらを場合によっては同時に解き明かしていく必要があったりして、とにかく難しい。

それを納得出来るように説明してるファンサイトとかかったからね、私の見たユリ熊嵐と違うものを見て書いてるのでは?と思うくらい。
小説コミック版、公式ガイブックなど関連本を全て読んでも描写がアニメだけよりも部分的により理解出来るって感じで全ては理解出来ない
イクニさんは解釈は任せるって姿勢なので答えは視聴自身が考えるのみ、その姿勢はきっと正しいし受け入れた。

例えばスキやキスが一体何なのかもの説明聞いても納得できなかったから自で考えた。
ここら辺ピンドラで考え抜いた経験のあるファンなら理解もいし「分かり易い」と言えるのかもしれないと私は勝手に想像してるのだが
私が真剣に考えたのはユリ熊嵐が初めてだったものだから。
121 : ななしのよっしん :2018/10/06(土) 00:22:33 ID: gVBaNKwmt6
自分語り長文すみません。
手探りで考えるのが本当に難しかったんだ。
122 : ななしのよっしん :2018/10/08(月) 14:53:21 ID: 4+LsKEVStb
御影やサネトシユリーカあたりの
さを突き詰めたような人描かせると一流
さらざんまい主人公がそんなタイプになる気がする
123 : ななしのよっしん :2018/10/20(土) 13:31:07 ID: gVBaNKwmt6
さらざんまいメインっぽい3人は今回のPV全員登場したのかな。
ピンドラみたいに属性の強いイケメンって感じでもいまだあどけない少年、共感は出来そうかも。
作中時間経過して高校生大学生になったら印変わるかもだが。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス