広瀬正単語

ヒロセタダシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

広瀬正(ひろせ ただし)とは、タイムマシンとTフォード日本で一番愛しSF作家である。

概要

1924年、東京に生まれる。もともとはジャズ奏者で、1952年ジャズバンド「広瀬正とスカイトーンズ」を結成し活躍していたが、1960年バンドは借のため解散してしまう。

1961年ミステリ短編「殺そうとした」が雑誌『宝石』に掲載され小説家デビュー。同年、SF同人誌宇宙』に参加、ショートショート「もの」が星新一に絶賛され、以降は『宇宙』に時間ものの短編・ショートショートを中心に発表。1964年、東都書房の原稿募集に処女長編「マイナスゼロ」を持ち込むが没にされる。翌年、同作を『宇宙』に連載、好評を得るものの出版の処は立たず、失意のためかこの後5年間作家活動を休止する。この間はクラシックカーモデル製作を本業としていた。

1970年河出書房新社から『マイナスゼロ』がようやく刊行され作家活動に復帰。直木賞補にも挙がるが、司馬遼太郎ひとりが絶賛したのみで落選する。以降、パニック小説『ツィス』、パラレルワールド小説エロス もうひとつの過去』と発表した長編は3期連続で直木賞補となるも、選考委員で認めたのは最後まで司馬ひとりであった。

1972年、新作の取材のため移動中、赤坂の路上で突然心臓発作に見舞われ急逝。47歳没。没後、『アリス』に星雲賞が贈られた。

作風など

代表作にして日本タイムトラベル小説マイナスゼロ』を筆頭に、タイムマシンを題材にした時間SFを多数発表、「時に憑かれた作家」と呼ばれた。全作品の半数以上が時間ものであり、いかに時間SFにこだわりがあったかがえる。葬儀の際、には《タイムマシン搭乗者 広瀬正》と書かれたが貼られていたという。

タイムパラドックス並行世界といった題材を非常にロジカルに扱う作で、ロバート・A・ハイラインの短編「時の門」を底的に解析した評論「『時の門』を開く」も有名。

また、極めて綿密な取材による緻密な時代考とディテール描写にも定評があり、『マイナスゼロ』や『エロス』では昭和一桁代の東京の姿を底したディテールをもって鮮やかに描き出している。

タイトルをつけるのが上手くないとはよく言われており、著作の解説ですら突っ込まれている。誤解のないよう申し上げておけば、『エロス』はエロ小説ではない。

クラシックカーモデル製作をしていたためか、Tフォードに対する思い入れも非常に強く、作中にしょっちゅうTフォードが登場する。遺作となったのは、密室状態のTフォード内で死体が発見されるという本格ミステリの長編、その名も『Tフォード殺人事件』であった。

現在、著作は《広瀬正・小説全集》全6巻として集英社文庫で読める。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BA%83%E7%80%AC%E6%AD%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

広瀬正

1 ななしのよっしん
2015/07/15(水) 18:57:45 ID: Btxk/mPNh8
なぜ記事があるんだ。しかも結構詳しいしww
個人的にマイナスゼロすごい衝撃だった。
親父が好きだったんで、向こうで読めればいいと思って死んだ時にいれたわ。
2 ななしのよっしん
2017/02/02(木) 09:57:18 ID: e07Otp4cHo
タイムマシンのつくり方」がいいです。短編集なので読みやすいと思います。
3 ななしのよっしん
2017/02/16(木) 18:39:24 ID: eWYQEgsLny
司馬遼太郎直木賞で推したんだけど
「こんなタイムスリップなんて現実にあるだろうか」みたいな否定意見が出てきて
「こらあかんわ」とさじを投げた話が好き
4 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 01:33:33 ID: lWyL5DuHfm
おっ、記事があるとは全く思ってなかったわ

マイナスゼロはいまならアニメでうまく映像化できると思うんだよなあ

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス