広田一成単語

ヒロタイッセイ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

「広田一成」ひろた いっせい)とは、東映スーパー戦隊シリーズ第11作「光戦隊マスクマン」の「ブルーマスクアキラ」役や、「世界忍者戦ジライヤ」の「飛鳥・突破」役で知られる元俳優武術である。

本名は「廣田一成」。

概要

1970(昭和45)年1月11日生まれ。東京都出身。

東京太極拳協会に所属して数々の中国武術の大会に出場した経験を持つ武術

1987年17歳若さで「光戦隊マスクマン」で「ブルーマスクアキラ」役に抜され、くるしい笑顔と体格の小ささを感じさせないダイナミック中国武術アクションを披露し、多くの女性ファンを獲得した。

※第21話から登場したギャラクシーロボが、敵を倒した際にとる合ポーズを考えたのも広田一成と、本人が後にっている。

光戦隊マスクマン」でブルーマスクスーツアクターを担当していた「喜多務」は、広田一成より中国武術の手ほどきをうけた縁で研鑽を積み、「五星戦隊ダイレンジャー」でシシレンジャースークアクターとして中国拳法アクションをみせ、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」では、中国拳法導と言う肩書きで撮影に参加しており、スーパー戦隊シリーズ拳法アクション流は広田一成であると言している。

1988年には、「世界忍者戦ジライヤ」に「飛鳥・突破」役で出演したが途中で降した。なお当初は広田一成が役のジライヤを演じる予定だったらしい。

1990年北京アジア大会武術競技の日本代表として出場以降は芸活動は行っておらず、東京名古屋武術教室を開いているが、スーパー戦隊シリーズ関係者とは縁が深く、「天装戦隊ゴセイジャー」収録時に現場に遊びに行ったさいは、旋子転体をレクチャーするように言われるなど、良好な関係が続いている。特に喜多務とは、

喜多さんとが2人って初めてブルーマスクになります。

と言い切る仲であり、最初で最後の広田一成トークイベントには、当然のごとく喜多務が出演している。

関連動画

関連商品



関連コミュニティ

関連項目

光戦隊マスクマン

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BA%83%E7%94%B0%E4%B8%80%E6%88%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

広田一成

1 ひろポン
2019/03/23(土) 14:16:59 ID: VYpUSvJiCX
喜多務さんは世界忍者戦ジライヤでもという広田さん演じる突破に自らの組織を壊滅させられた因縁を持つ世界忍者の役もやっていたんだよね(声優の人が吹き替えていたが)