序審法廷制度単語

ジョシンホウテイセイド

序審法廷制度とは、逆転裁判シリーズにおける架の裁判制度である。

概要

逆転裁判シリーズ刑事裁判は、現実日本刑事裁判とは大きく異なるものである。

増加し続けていた悪事件に速に対応するために序審法廷制度は生み出された。序審法廷は地方裁判所で開かれ、大抵は1日、最長で3日の審理を経て有罪か無罪かだけを判断する。(逆転裁判第2話『逆転姉妹』)

序審法廷においては日本には存在しない「法廷侮辱罪」や日本における一事不再理にあたる「一事不再審」が存在する。偽罪は存在するが、シリーズ中で適用された事例はほとんどないものと思われる。そして、死刑制度も存在し、執行例もある。これに関して、殺人事件で有罪判決となると犯人は必ず死刑となるという説があるが、シリーズ中にそのような描写は一切なく、スピンオフである逆転検事シリーズにおいて否定されたようである。

責任(立責任もしくは説明責任とも)は本編から推測すると、弁護人側にあると思われる。被告人に対して有罪の推定(警察逮捕されたのだから犯人だろう)が法廷内に対しても働いており、弁護人が立失敗した時点で(たとえ検事の立が正しくなくとも)、その責任は「被告人の有罪」という形で弁護人側が責任を負うこととなる。基本的に検事の立が優位で、弁護人は必死で反をしなければ無罪を勝ち得ないこととなる。事あるごとに弁護側が「待った」をかけて審理に持ち込もうとするのはこのため。

また、裁判長が木槌を使う、傍聴席が両側面にある、被告人席が画面内に存在しない(弁護人席にいる場合も)、弁護士の身分確認が底されていない(例としては弁護士バッジをつけた御剣検事が弁護を行ったり、成歩堂偽物が偽の弁護士バッジで弁護を行った事がある)、など日本の裁判所とは異なる部分が多い。

なお、弁護するのが依頼と手続きを受けた弁護士であれば、アシスタントとして他の弁護士、または弁護士ではない関係者が弁護人席に着くことを許可されている様子。作中では綾里千尋希月心音成歩堂龍一の他、弁護士バッジを持っていない成歩堂綾里真宵、夕検事などが弁護人席に着くこともあった。

序審法廷は事件の翌日に開かれることが多く、事件の捜に関しての不備が多々ある。そのため、捜警察だけが担当するのではなく、検察官が直接行ったり、弁護士が行ったりすることもよくある。そのため審理を進める中で弁護側、検察側から新たに拠品を提出されることも多い。一方、本編では登場しない通常裁判は、高等裁判所で開かれ、有罪確定後の被告人の量刑などを審理しているようである。

現実にこのような制度が存在すれば冤罪事件の温床となることは想像するに難くない。

成歩堂龍一は『逆転裁判4』でこの制度に疑問を投げかけており、第1話の最後で「今、法曹界には暗の時代が訪れている。序審法廷…現在の制度が生み出したゆがみのような物。ぼく達はそれを正していかなければならない」と発言している。
その言葉通り、第3話『逆転のセレナード』では状況拠がっているにもかかわらず、「直接的な拠品による立が必要」という原則を持つこの制度が真犯人を守る役を果たしたため問題視され、裁判長や検事の牙琉響也からも疑問を抱くが上がった。
第4話『逆転を継ぐ者』ではこの制度に対する対処として、裁判員制度が試験的に導入され、成歩堂責任者を務めた。

証拠法入門

逆転裁判 蘇る逆転で追加された第5話『蘇る逆転』では、拠法が登場する。もちろん現実日本刑事訴訟法上の拠法とは異なる。拠法の条文は不明だが、2大原則として以下のようなものが存在する。

  • 警察局の認可のない拠品の提示は、認められない。
  • 未登録の拠の提示には、審議中の事件との関連性が必要。

この拠法の2大原則により、基本的には拠品を提示するためには警察局の認可が必要であることになる。例外的に(とはいっても逆転裁判ではこのパターンが多いが)未登録の拠を提示する際には、その拠と審議中の事件との関連性が必要となる。

尚、この拠法は追加要素である蘇る逆転に登場したため、後付けの感が否めない。そのため蘇る逆転以前の逆転裁判第1話~第4話に拠法があったかどうかは定かではなく、蘇る逆転以後の逆転裁判2以降に拠法が存在するかどうかもわからない。したがって、他の話では拠法によって説明できる場合もあれば、逆に整合が取れなくなる場合もあるようである。 

関連リンク

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BA%8F%E5%AF%A9%E6%B3%95%E5%BB%B7%E5%88%B6%E5%BA%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

序審法廷制度

54 ななしのよっしん
2015/12/13(日) 14:42:52 ID: 87aUkN/+lT
犯罪の増加と言う背景も含めて、現実の延長線として考えると不安が募る制度だけど
カプコンワールドと考えると納得できる気がしなくもない。シャドルーだのアンブレラだのある世界だと「バイオテロ発生⇒アンブレラの仕業だ!」とか拠品しで案件進められてても不思議じゃなさそうだし

最近なるほど君が出演した作品みると三島財閥とかコズミックビーイングとか東会とか法廷のエクストリーム具合に磨きがかかってるしな!
55 ななしのよっしん
2016/01/29(金) 08:57:55 ID: V9ifcFuvBh
>>48
殺人罪でも現実には懲役十数年ぐらいが多いのは、
脅迫されて止むく殺したとか看護疲れとか情状酌量ケースが多いから
人はそうそう殺人なんでできない
検事2-2の某模範囚みたいに悪質なのは期懲役が普通じゃないかね
56 ななしのよっしん
2016/05/07(土) 15:23:07 ID: D76uml3Xvu
そろそろ現実逆転裁判が同じ時系列になるけど
実際には犯罪減り続けてるんだよね
57 ななしのよっしん
2016/06/17(金) 01:18:46 ID: Gsk0rHh5gZ
名探偵コナン世界ならこの制度は必要だと思う
58 ななしのよっしん
2016/06/19(日) 09:38:02 ID: TiTmc6kcwi
パチンコ版で真宵
序審法廷制度って何かな?」って聞くと成歩堂がよく
「三日以内に有罪か無罪を決めてしまうんだ」と返している。

初代の二話で出てきたこの用セリフから成歩堂はこのシステムを快くなかったのが分かる
59 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 22:30:12 ID: DX0s7o4Rw3
御剣が3の5話で出廷する時は「特別弁護人として出廷する」って言ってたが…
60 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 17:32:54 ID: 7vKdourX8v
>>59
とはいえ現職検事が弁護するのはまずいからな
だから面識が薄いの「サイバンカン」の方を選んだわけだし
ちゃんが御剣との勝負にこだわってすっとぼけたから問題にならなかった
61 ななしのよっしん
2017/01/29(日) 16:29:08 ID: IFkWlnKIVQ
>>56
まあ遅くとも明治時代くらいには現実世界と分岐したパラレルワールドっぽいですし、逆転裁判世界
62 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 19:43:06 ID: ryXd2ZlpJW
本編中も思ってたけど読み返してみると魔女狩りに近い恐ろしい制度だよな
理矢理でも短期で結論出そうとする上に無罪を立しない限りは被告人が暫定犯人補で有罪喰らうし犯罪やるなら他者に濡れ衣着せるのが安定になるわ
63 ななしのよっしん
2018/02/05(月) 23:12:36 ID: brWTPQmmSS
1の第一話で皮っぽく言ってるしナルホドくんは序審を快く思ってないだろうね