度会県単語

ワタライケン

度会県(わたらいけん)とは、明治時代に現在三重県南部に約5年間存在した県である。

概要

度会県
存在 明治4年11月22日1872年1月2日
明治9年(1876年)4月18日
県都 山田岩渕

明治4年11月22日1872年1月2日)に第1次府県統合で誕生した県で、県庁は現在伊勢にあった山田岩渕町に置かれていた。

当時の三重県は北部に存在した安濃(あのつ)県と度会県の2つに分かれていたが、明治5年(1872年)に安濃県が三重県称し、明治9年(1876年)の第2次府県統合で全域が統合され、現在三重県が誕生。度会県は止された。

かくして度会県は日本から姿を消した。

・・・かに思えた。

復活

また会う。たびたび会う。

明治150年を迎えた2018年8月三重県が突如として度会県の復活を宣言。exit_niconews48都道府県となる。ただし実際の行政区分としてではなく、「バーチャル上の存在として」である。

これは人口減少、高齢化など三重県南部地域が抱える諸問題解決の一環として、交流人口(観光客)以上、定住人口(移住者)未満の「関係人口」増加により、地域外の人材を地域づくりに活かすことを期待したもの。公式サイトexitから申請を行えばでも県民登録を行うことができ、県民の発行、広報誌の受け取り、全で開催される県民の集いや地方創生プロジェクトへの参加資格などが得られる。

2019年2月には県民が1000人を突破している。

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BA%A6%E4%BC%9A%E7%9C%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

度会県

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 度会県についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード