庵田定夏単語

アンダサダナツ

庵田定夏(あんだ さだなつ)とは、日本ライトノベル作家である。
名前の元ネタプロレスラーの『アンダーテイカー』(田→アンダ/定→テイカ)。
一部のファンからはアンダーテイカー、もしくはテイカーと呼ばれる。

概要

1988年生まれ。大阪出身。第11回えんため大賞特別賞受賞。受賞デビュー作は「ココロコネクト」(2010年1月発売)。
大学三回生の「自分の人生どうしようか」と悩んでいる時期に受賞したため、尚更人生の方向性に迷うことになった』とはココロコネクト1巻の作者紹介から。
大のプロレスファン(オタクレベルではないらしい)であり、好きなプロレス技は『シューティングスター』、嫌いな技は『見栄えより危険度の方が高い技全般』。名前の元ネタや作中での(主人公八重樫太一の)プロレスりやプロレスネタから、そのプロレス好きがうかがい知ることができる。プロレスネタアオイハルスベテでも懲りず継続

好きな食べ物は『麺類全般』、嫌いな食べ物は『特になし』。健康と安全をモットーに生きているらしい。

ココロコネクト

いわゆる「ハーレム」系など流行り要素をき、各巻の【人格入れ替わり】などの異常ギャグになり過ぎないように描き、「オンリーワン」をして執筆。担当者により「ヒトツナガリテ、ドコヘユク」を題されたもの。
一言でいうと「臭い」。「臭い」。「青春の五系(ペンタゴン)コメディ」(後に七系。

アニメ版は制作会社の社長(兼プロデューサー)の発言から、2巻発売後からアニメ化企画が動いていた様子。
2巻発売の際に帯に「大沼心」が推薦しており、アニメ版では総監督も務める。
(また、水島大宙沢城みゆき豊崎愛生コメントから、大沼心が収録現場で愉悦に覚めているようなエピソードがある)
3巻発売後に同作品が漫画化。CUTEGが担当。さらに4巻発売後にドラマCD化、6巻発売後にゲーム化も発表。
これらのメディアミックス展開は1巻~4巻までが非常にハイペースで執筆された影と、ファミ通文庫側のプッシュもあると思われる(2010年1月の1巻発売からアニメ放送まで2年半/放送前に8巻発売)。
大学を休学して執筆に専念していたことを作者自ら明かしている。
ページ数に制限が設けられていることがあとがきでられているが、その中で決して少なくない没ネタが多数あるらしく、アニメ・ミチランダム編の上映会で寄せられたコメントで「その中から最後まで死守したネタ
のほっぺちゅーキタコレ!!』であるとられたため、どのようなネタかれたのか興味が尽きない。
これ以外の没ネタとして知られているのは「ラブランダム」というニセラダム(6巻)の異常
文字通り、ランダムで好意対などが変わってしまうものだったが……あまり物が大きく動かないため挫折。

作品の「ココロコネクト」と合わせて知名度こそ低かったものの、意外にも「このライトノベルがすごい!」では2010年2013年まで10位台前半をキープするほどの人気作であった(白身魚イラストの影稲葉姫子人気が非常に高いことも一因と思われる)。
ココロコネクト」はアニメ放送前後に累計100万部、アキバBlog上で11巻(最終巻)発売前に累計120万部を突破したと掲載された。オリコンチャート上では2012年ライトノベルシリーズ別で12位 (411,380部)を記録している。
同年、電子書籍配信のBOOK☆WALKERでも原作小説が8位、漫画版が83位に入っている。

ココロコネクト」のアニメ化の際には(恐らく制作初期)脚本家志茂文彦と打ち合わせを行い、シナリオ構成の取捨取得の他、台詞や設定監修・設定提供をしていることがラジオオーディオコメンタリーブックレットなどで知られている。
志茂文彦ドラマCDでも脚本を担当(庵田定夏は監修)しており、志茂文彦自身も「(ココロコネクトの)作品のファン」であり、プロレスファン(同志)である。そのため、ドラマCDでもプロレスネタは欠かさない。
(ゲームBlu-rayの特典ドラマCDでも志茂文彦が脚本をすべて担当)

ゲーム「ヨチランダム」ではシナリオを全監修。シリアス薔薇から百合ハーレムと様々なネタが盛り込まれる中、プロレスネタも増量(監修どころか書き下ろし疑惑あり)。八重樫太一中の人プロレスりのときだけはテンションをおかしくして演技している。永瀬伊織ルートのみ自ら原案を書き上げている。このルートの「if」については11巻「プレシャスタイム」の最終章でも永瀬伊織が触れている。

アニメBlu-ray1巻・オーディオコメンタリーによると、作品舞台イメージ川面真也監督に伝えた結果、アニメ版「ココロコネクト」では大阪ではなく横浜舞台となっている。
OVAとして制作されたミチランダム編(原作4巻)はデビュー(1週間限定・シネマート新宿で上映、後に関西で一挙上映)し、7日間日替わり声優トークショーコメントを寄せている。コメント公式サイトの「ヒビランダム」で確認可
12月上映会(16・17話)の更新がされず終了しているが、こちらでもコメントを寄せており、水島大宙回の16話の永瀬伊織八重樫太一稲葉姫子の(オカズコネクト)教室での気持ちのぶつけ合いを「密室デスマッチ」とプロレスに表現しつつ選んでいる。「こういうシーンココロコネクト」であると。
同じく水島大宙回では17話は永瀬伊織八重樫太一の「あなたに/おまえにができてよかった」のシーンを挙げている。

ちなみにアニメ本編中では名前の元ネタであるアンダーテイカーを元に文研部の部室にポスターられているが、このポスターの位置がたびたび重要なシーンで映ってしまう配置のため(川面真也監督も認めている)
アンダーテイカー(もしくは作者して)が見ている……」
と、一部で囁かれている(オーディオコメンタリーでは豊崎愛生金元寿子が実際にいている)。
まさかのアニメデビューである。どちらがとは言わない。
カコランダム編のオーディコメンタリーでは寺島拓篤本寿子が「このコメンタリーに呼びたい」と言っていたがわず(恋愛観など聞きたかったとか)。

最終話(17話)の収録終了後に声優(水島大宙豊崎愛生沢城みゆき金元寿子寺島拓篤)と打ち上げに言ったことがラジオなどで触れられている。また、この面子ドラマCDの頃から原作も読んでいる原作ファン
それぞれ下手なファンより深い考察(自分自身や各声優も含めて)をしているのでオーディオコメンタリーは必聴。
(アニメ版の宣伝部長市来光弘も読んでおり、放送中はTwitter上で感想を述べたりしていた。稲葉姫子の大ファン)
ジャイアニズムVol.3では13話の歩エピソード原作変されていることについて、志茂文彦が手を加えてくれたことと「原作3巻のラストは庵田定夏大絶賛です!」とコメントも載せられている(20P越えの大特集記事)
アスランダム下巻(10巻)発売時のインタビューでは聞き手が稲葉姫子にドハマり(BDも購入)してられてやや引いている。

余談の余談であるが、作中で人気の高い青木義文について「なんでこいつが人気があるのかわからない」とっている。八重樫太一永瀬伊織稲葉姫子桐山唯らと違い、一自己投影ゼロとのこと。
ココロコネクト」は永瀬伊織物語であることやもう一人の主人公であると発言している。

アオイハルノスベテ

2014年8月30日に新作シリーズアオイハルスベテ」を発売。イラストは引き続き白身魚が担当している。
プロレスネタは最自重どころではなくなった。
「FB Online」で短編を掲載中。今後も連載が予定されている。
2巻は「すぐお届けする予定です!」とあとがきで書かれている。

余談

関連動画

関連商品












関連コミュニティ

庵田定夏に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BA%B5%E7%94%B0%E5%AE%9A%E5%A4%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

庵田定夏

1 ななしのよっしん
2014/09/07(日) 15:24:39 ID: vQru2ZeICK
なんだこの尋常でないほど詳細な項アホか(誉め言葉)
先生女性だと思われているのは、多分心理描写の細かさと、あと青木サブカプの存在があるからだと思う
最近のラノベサブカプあるのはあんまりないし、あってもそこまで掘り下げられないし
2 ななしのよっしん
2014/09/08(月) 05:04:55 ID: Z1eCyInA+r
まだまだ増えます(作成者)

偏るのもよくないのでに批評も加える予定です(実は各キャラアンチ、作品アンチなども少なくないです)。
アオハルも作成予定。
3 削除しました
削除しました ID: Z1eCyInA+r
削除しました
4 削除しました
削除しました ID: NvfVaI3xbt
削除しました
5 ななしのよっしん
2015/01/17(土) 13:07:13 ID: LX+VNw8DYg
イジメコネクトの話題は条件でNG
6 ななしのよっしん
2015/04/30(木) 12:22:30 ID: kaeaGxcizI
アオハルでは主人公とくっつくのだろうか
7 ななしのよっしん
2015/04/30(木) 16:15:24 ID: LX+VNw8DYg
イジメコネクト事件の記事がキングレコード側に都合がいいように変されてるけどこんな事でいいのだろうか
これだと庵田定夏先生が何の問題もないアニメスタッフ感謝の言葉すら述べない非常識人間って事になってしまうが…
8 ななしのよっしん
2015/11/03(火) 16:48:27 ID: 6Mb0vnQGeO
ココロコネクトドッキリ事件を擁護している(企画に問題がかった事にしたい)人たちにはその辺の視点が欠けてるんだよね
ドッキリ企画が間違いだったからこそのあの後書き(作品に関わった全ての人に感謝→出版に尽した方に感謝、に変更)なんだろうし
9 ななしのよっしん
2016/06/21(火) 17:23:08 ID: jXddRQQiWf
この人って男性だったんだ
から女だと勘違いしてた