編集  

弁護士単語

ベンゴシ

弁護士とは、味方にすると頼もしいが敵に回すとおっかない、国家資格専門職である。

概要

日本においては、法試験、法修習を経てなることができる法曹系の国家資格である。

また日本弁護士法(72条)では、弁護士(または弁護士法人)でないものは「報酬を得る的で訴訟事件、非訟事件及び審、異議申立て、審行政庁に対する不申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」と定められている。弁護士でないものがこれらの業務(弁護士業務)を行うと、法律違反となる(非弁行為)。

刑事事件においては、被告側の弁護人として、検察側と争い、被告の罪(または軽い量刑を)勝ち取るべく努する。刑事訴訟の弁護人を務めることができるのは、原則として弁護士だけである。また、自分で弁護士を弁護人として雇うことができない場合でも、弁護士を弁護人として選任する(刑事訴訟において「資格のある」弁護人を受ける権利については日本国憲法37条に規定がある)。

民事事件においては、他のように弁護士強制制度がないことから、原告・被告どちらか(または双方)に弁護士がつかないことも多い(双方弁護士専任は全体の5割程度。過払い含めるとさらに減って、約4割程度が双方弁護士専任である。リンク先32ページ参照)。相続や離婚調停などの事事件、労働事件、消費者事件、破産や財産管理などの法律事務など、弁護士によって得意とする案件はさまざまである。また、企業の法務部などに属し、債務・債権管理、契約書の締結、企業関連の訴訟など企業法務に従事する弁護士もいる。

一般人には敷居が高いと思われがちな弁護士ではあるが、最近では初回相談のみ無料などを標榜する弁護士も多い。また、法制度革の一環として、弁護士の紹介・費用の立て替えを行う「法テラス」(独立行政法人日本支援センター)という組織も存在する。身近に法律問題を抱えていたら、思い切って弁護士に相談してしまうのも一つの選択肢である。

アメリカでの扱い

訴訟大であるアメリカでは弁護士の存在はより身近なものになっており、法律を中心に勉強するロースクールの数も多い。ただ、アメリカでは各州がそれぞれの州法にしたがって認定しているものであるため、認定された州以外の場所において法律業務は行えない。つまり共通して使える国家資格連邦法には存在しない。[1]

大企業にもなると、その企業規模によっては訴訟の数も跳ね上がるためあらゆる訴訟に対応しなければならず、企業内に法務部を設ける以外に専門の顧問弁護士や弁護チームを雇っていることもある。

なお、(お柄というのもあるが)アメリカ広告などでは「法律に強い」「訴訟に勝てる」といった自身を売り込むタイプの宣伝が一般的である。交通事故などにあうとやって来た弁護士から訴訟を推奨されるということもある。また、裁判に勝てないと見込むと裁判を放棄して勝手に仕事から引き上げてしまうケースや、より多くの報酬を狙ってたくさんの人間を巻き込むケースもあり、問題となっている。[2]

・収入・地位の高さとは裏に、蝎のごとく嫌われている職業でもあり、その存在を皮ったジョークや、演出なども存在しており、ブラックジョークネタの定番としても扱われている。

記事のある弁護士一覧

五十音順。
故人や現在弁護士活動を行っていない者も含む。

実在弁護士 弁護士

記事のある法律事務所

実在法律事務所 法律事務所

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ただし、他州の資格だけ持っている弁護士が一時的に自州の裁判所で弁論することを認めたり、一定の資格や経験をもつ他州の弁護士にその州の法曹資格を与えるケースがある(その州での資格を与える際に別途試験を受ける場合もある)。
  2. *多数の人が同じような被害をうけている場合に、その被害者全体を代表して訴えを提起できる制度「クラスアクション」があるため(同じ内容の訴訟を個別に取り扱わなくて済む)。被害を訴える人間が増えれば裁判において企業からの賠償や慰謝料が取りやすくなり、依頼人・訴訟人が増えれば増えるほど報酬も増えるので弁護士には得になる。また、敗訴した場合でも集団訴訟に参加した依頼人には費用が請される。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB
ページ番号: 5353658 リビジョン番号: 2605054
読み:ベンゴシ
初版作成日: 15/07/24 21:50 ◆ 最終更新日: 18/07/06 22:37
編集内容についての説明/コメント: 日本の民事裁判は本人で争われる確率がそれなりにあるため、「双方弁護士専任が通常」という文言を修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弁護士について語るスレ

416 : 削除しました :削除しました ID: 1yFr+vjoT8
削除しました
417 : 削除しました :削除しました ID: 1yFr+vjoT8
削除しました
418 :   :2018/08/15(水) 15:30:20 ID: j15TgRywu9
>>417
実を言えば、大卒の中で統計を取ると弁護士政治家不祥事率が圧倒的に高い、という話もあってね。
どの業界にもどうにもならんはいるものだけど、法曹は特に小悪党が不祥事に走る誘因の大きい商売だ、というのは事実なので、そこは否定しないよ。

しかし、まあ、立法行政から法が独立しているのは、世論だけでは個人個人のミクロな権利までは守れない、という議会政治の構造的欠陥を補するための制度設計でね。法曹倫理が世間の常識から独立して理論構築されてんのも、ある意味そのためなわけだ。

ま、国会法と下水道には臭いが集まってくるもんだけど、それでも下水道で悪臭を慢して働いてる業者さん達がいなければ世の中は回らんわけですわ。

あれ? 擁護するつもりがなんでこんな情けない話になったんだろ?w
419 :   :2018/08/15(水) 15:37:04 ID: j15TgRywu9
まあ、でもね。
冤罪事件やら、悪質業者やらのトラブルに巻きこまれた人を助けんのも法曹の仕事ではあるわけでね。
普通に生きてりゃそんなものに巻き込まれることなんて一生に一度あるかどうかだろうけどね。

民の非日常には関われても日常には関われない。
そういう寂しい商売なんですわ。
420 : ななしのよっしん :2018/08/16(木) 00:51:17 ID: dRuIBURgwt
余命一の集団懲の一件、ついにテレビでも放送されたな
http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180814_05.html

>そして今回、3千もの懲を受けた佐々木弁護士は「理由がある懲自体は批判するつもりはない。ただ今回のように、ネットで煽られた側が安易な行動をとってしまったことが一番の問題。
ネットの向こう側には生身の人間がいるんだという事を是非想像して様々な行動をとって欲しい」とった。

余命やウヨさんはの期に及んでも理由がある懲だから正当なんだふじこふじこって喚いてそうだな……
421 : 削除しました :削除しました ID: ABSvu9i5Dd
削除しました
422 : ななしのよっしん :2018/10/04(木) 14:40:26 ID: r8H6I2gLKv
余命はマジ逮捕しろよ
アレ右翼にとっても獅子身中のだろ
423 : ななしのよっしん :2018/10/04(木) 15:02:03 ID: rn/ksyJL+E
何罪で?
424 : ななしのよっしん :2018/10/08(月) 02:09:17 ID: TeSwn9KdMK
該当するとしたら虚偽告訴罪(刑法172条)かな。
理由なく懲した場合は虚偽告訴罪に該当するという判例はある(最三小平成19年4月24日判決)が、
余命のあれは自身が告訴していない点で直ちに虚偽告訴罪を適用できるかどうか疑問がある。
425 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 03:51:50 ID: 5BHuXrdv/h
そりゃあ、あの人は全に飛び火だし仕事もあるから引っ込んでるわけにもいかないけどさあ
"匿名掲示板からの炎上の相談を受けて自らも炎上してしまった弁護士"っつー肩書きで色々話しとかするのはさあ


今はこういう炎上は鎮まるのを、忘れられるのを待つしかないて現状を実際の体験者として積極的に話をして変えたいとか思ってるのかは知らんけどさあ
当の彼も近しい人も文の一つも出さずに沈黙してんだからさあ
もう少し彼のことを考えて上げてさあ…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス