式子内親王単語

ショクシナイシンノウ

式子内親王(しょくし / のりこないしんのう、1149~1201)とは、平安時代後期~鎌倉時代前期の皇女・女流歌人である。

概要

百人一首89番の作者後白河天皇三女で、討伐の口火を切った以仁王は同である。

10歳の時に、賀茂神社の斎院となるが、生来より病弱であったために20歳の時に賀茂斎院を辞して宮中に戻る。藤原俊成に師事し、歌人として活躍した。が起こした以仁王の乱による動乱、屋敷を九条兼実に横取りされる事件など、内親王は時代の波に翻弄され続けた。後に、体が弱いことなどを理由に出、生涯独身を貫いた。

百人一首では「玉の緒よ 絶えねば絶えね ながらへば ぶることの よわりもぞする」の和歌が載せられている。百人一首ではしく、五七調の文体である。上の句のしい口調と、下の句のげさのアンバランスが、心の複雑さを押し出している。詞書では「人」と記されており、この相手が藤原定家ではないか?とよく言われている。

テイカカズラの恋

藤原定家は、式子内親王の師・俊成の子であり、定が若い頃から内親王と交流があったことは、定自身が「明記」で記している。内親王が晩年に病で伏した時に、定は「明記」の中で内親王の身を案じる記述が多く見られるが、その死についてはしばらく触れていない。こうした意味深な記載から、いつしか定と内親王は禁断の仲だったという話がまことしやかに伝えられるようになった。藤原忠が風評被害を被った江戸時代の説話「百人一首一夕話」によると、俊成が定の部屋を訪れると、先ほどの「玉の緒よ~」の歌が内親王の実筆で残されており、二人の関係を知ったと言われている。とは言え、内親王は定より13歳も年上であり、物語としては面いが、二人が本当に仲だったかどうかは、非常に疑わしい(定が内親王を慕っていたことは間違いないのだが)。

偽はともかく、藤原定家式子内親王の仲をえる出典として、平安時代後期に作られた「松浦物語」が挙げられる。若き貴族子が唐に渡り、数々の女性の遍歴を重ねる内容なのだが、作者は文体から定という説が有であり、ヒロインたちのモデル式子内親王とも考えられている。「うた変」では主人公モデルも定であると描かれているが、さすがにそこまでは不明である。しかし、仮にこれが正しいとしたら、定は「幻想交響曲」を作曲したベルリオーズと似た匂いを感じる。厨二病も極限まで達すれば、芸術になるということだろうか?(マテ)

もう一つは、「定」における定と内親王の物語である。へ向かう僧侶がある女性から供養を頼まれ、的地に向かうと葛がからみついた古いお墓にさしかかった。女性は「これは式子内親王の墓で、生前内親王と定は悲しいに落ち、定は死んでもなお、葛となってお墓にからみついて2人とも成仏できない」と話す。その女性こそが内親王の幽霊だった。僧侶はお墓に念仏を唱えると、葛はほどけていき、内親王はお礼に舞を披露する。しかし、結局再び葛が内親王の墓にまとわりついてしまうというお話である。実際に、テイカカズラという名前の葛があり、言うまでもなく名前はこのから由来する。観賞用に栽培されたものもあるが、である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%8F%E5%AD%90%E5%86%85%E8%A6%AA%E7%8E%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

式子内親王

1 ななしのよっしん
2012/10/11(木) 16:43:26 ID: d97IOtZDc3
記事乙
だけど、うたと実際の内親王で記事か項分けたほうが良くないかな?
2 ななしのよっしん
2012/12/08(土) 00:14:53 ID: OapLBOaAVj
ワロタww
というか、ほぼうた恋い。用記事だな