弥彦線単語

ヤヒコセン

弥彦線とは、弥から東三条駅を結ぶJR東日本鉄道路線である。

概要

弥彦線は新潟県西村の弥から新潟県三条東三条駅を結ぶ全長17.4kmの鉄道路線である。全線に渡り新潟県内を走行する。「県央地域」と呼ばれる三条都市圏を東西に貫く通勤路線である。

元々弥彦線は越後線を建設した私鉄「越後鉄道」によって建設された路線であり、当時は東三条から先、越後長沢というところまで路線が伸びていた。越後鉄道福島県会津地方まで到達する予定で線路を東へ東へと伸ばし続けていたが、有化以降建設がストップしてしまい、結局長沢から先へ線路が伸びることはかった。

この東三条駅から越後長沢までの区間は俗に「弥東線」と呼ばれ、人の多い所から外れたところを通っていたために利用は伸びなかった。そのため第二次大戦中には不要不急線として休止・線路撤去され、再開後も1970年頃には赤字83線に名を連ね、特定地方交通線止と同時期に行われた「名無し支線」の整理によって1985年にはついに止となった。

ちなみに弥彦線は部分止直前の1984年現在も営業している西線が電化されているが、東線はすでに止が決まっていたので電化されず、止までの間新潟から毎日気動車回送して列車の運行に充てていた。

電化された西線も、国鉄末期底したコストダウンめられていた時期に電化工事が行われたために「直接架式」という簡易な方式による電化となっており、当路線を運行する列車85km/hの速度制限を受ける(これは同時に電化が行われた越後線についても同様)。

また、信越本線越後線といった在来線同士の乗り継ぎは良いものの、燕三条駅で交差する上越新幹線との乗り継ぎはあまり考慮されていない。

全線が新潟近郊区間に含まれる。全てので、SuicaSuicaと相互利用をしているIC乗車券が利用できる。

路線図

乗り換え路線 ○周辺施設
○彌神社 ○弥温泉
矢作  
吉田駅 JR東日本 越後線
西  
 
燕三条駅 JR東日本 上越新幹線
三条駅  
東三条駅 JR東日本 信越本線

使用車両

弥彦線では電化開業した当初より115系電車が使用されていた。中でも2両編成でワンマン運転となる列車には弥彦線専用で独自の塗装をした車両が3編成存在していたが、2015年3月からE127系に置き換えられた。E127系は2編成のみの在籍のため、E129系A編成が代走する場合がある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%A5%E5%BD%A6%E7%B7%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弥彦線

1 ななしのよっしん
2011/01/12(水) 22:34:29 ID: jUtRp42Mzm
実際に乗ってみて思ったけど、運行状況が沿線の環境に相応しくないと思う。なんだか体ない路線

ちゃんと活用させれば吉田も東三条も活気が出そうなのにねぇ・・・
2 ななしのよっしん
2012/01/08(日) 22:47:43 ID: PW7WsxbdIe
わけあって弥まで行ったときにこの路線を見たんだが、東京電車と違う雰囲気を感じたな
3 ななしのよっしん
2012/11/25(日) 01:10:55 ID: hmcQY/haXM
信越線快速上越新幹線とかみ合ってないのがメンドクサイ
あと2時台走ってくださいおすぎに新潟信越線乗って東三条で1時間以上待つのはつらいです
4 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 23:40:11 ID: h+jrFfWUuh
>>1
末端部の吉田~弥は別だけど較的沿線に地が多いしね
なんだけど列車間隔が2時間以上くことがあるのが残念

急上昇ワード