張衛単語

チョウエイ

張衛チョウエイ ? ~ ?)とは、後漢末期の武将であり、中を支配した五斗米道教祖張魯」のである。 

正史では

曹操中制圧を的とした張魯討伐軍を率いて現れると、張魯は帰順しようとするが、張衛は独断で昂・楊任を連れて陽関にたてこもり曹操軍と戦って大いに破った為、曹操は意気消沈して攻略を諦めかけていた。

曹操軍が撤退しようとしているのを見た張衛は警を解いたものの、中に何故か数千頭もの鹿の群れが飛び込んできた為、「なんじゃこりゃあ」と肝を冷やし、さらに曹操軍の高祚らが引き揚げようとして間違えて張衛に迷い込み、結果、夜襲したような形になった上にしく軍鼓を打ち鳴らした為、張衛軍は大混乱に陥り、曹操の反撃までくらって楊任が戦死し、張衛は逃走したものの、追い詰められて降伏した。

後漢劉焉伝では、後に斬首されたと記されている。 

演義では

劉璋より(を手に入れようとした)劉備を追い返したらの半分をやるという申し出をうけた張魯は、馬超派遣したが、ダメこと楊松を利用した諸葛亮の離間の策により張魯馬超を信用しなくなった。張衛張魯に命じられて中の要所を閉じる役を担った。

その後、正史同様に曹操中に攻めてくると、陽関で迎撃したものの夏侯淵張郃張コウ)に敗れ、張魯に対して焦土戦術を進言するも聞き入れられず、に逆らって最後まで抵抗を続けたが、最期は許褚許チョ)と戦って戦死した。

その他「張衛」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

星井美希担当のプロデューサー的役割を最後までまっとうしたiM@S架空戦記iM@S演義

※「iM@S演義」以降、他のiM@S架空戦記でも、美希がつけた「くん」と視聴者から呼ばれるようになり、キャーエツサーン公孫越裴元紹と並ぶ本作の大出世キャラとなった。

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける張衛力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 75 35 22 88 86
三國志II 73 33 68
三國志III 72 35 31 64 62 24
三國志IV 62 71 35 31 65
三國志V 74 35 33 65
三國志VI 65 70 29 37 64
三國志VII 75 34 35 61
三國志VIII 69 34 34 62
三國志IX 68 65 42 41
三國志X 73 68 53 49 65
三國志11 74 66 45 44 61

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%B5%E8%A1%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

張衛

3 ななしのよっしん
2011/06/05(日) 01:42:17 ID: 0EDZXH1WM1
どういう訳か北方三国志で一番好きなキャラなんだよなー
野望と才を持ちながら環境に甘え過ぎ(?)本当の意味で自立ができず、結局時代に取り残されてく…
親近感(まあ、張衛程の才もないだろうからこれで合ってるかは分からんが)とでも言えばいいのかね、良くも悪くも等身大な小~中物だと思う
そしてやけに死に方が印的 正直劉備とか曹操の死に方うろ覚えだけど張衛のははっきり覚えてる
4 ななしのよっしん
2011/09/17(土) 01:12:43 ID: 7ixryKLWhe
兄貴の記事も作ってくれー
張魯は、史実では善政を敷いた君だから。
5 ななしのよっしん
2013/08/08(木) 16:12:54 ID: 0hTbKkPRcI
北方三国志張衛は多分に脚色された人物だけど、「宗教を組織化すると、教義とは関係に野心を持ったが現れる」っていう面を体現化したようなキャラクターだったね。
6 ななしのよっしん
2013/12/28(土) 19:30:39 ID: Hc4Tbvqegx
北方三国志では役格の一人という大抜だけど、>>1とかが言うように馬超劉備にはなれなかったんだよな。

張魯が降った時点で群雄の時代が終わってしまった事に気付けなかったというか、玉璽にこだわったり義勇軍作ったりと時代に逆行してしまったな。
7 ななしのよっしん
2015/07/03(金) 02:17:11 ID: 8GlupXsPMs
張衛は印に残る。
張燕張飛馬超、と色々な英傑たちと
出会って成長するのに、最期が残念。

張燕張飛馬超達は、達観・潔い諦めがあった。

張衛は野心でが曇ってしまったが、それさえなければ、
彼らと同格とまでは行かなくても、いい線行けてた。
惜しい。

北方張衛を通して、エゴとか、生き方とか、
感じるところが大きかった。
8 ななしのよっしん
2017/01/18(水) 12:16:32 ID: vX0hYSJwJr
こんなものか。張衛は、ふと思った。揮をするのを、忘れていたわけではない。すでに揮など駄なことで、兵は逃げはじめている。
こんなものが、自分の人生だった。なぜか、こうなった。志も夢も捨てていないのに、どこか間違った。こういうの裁きも、あるものなのか。

志も夢も持ちながら、報われることなく消えていく、、、
戦乱の時代にはこういう男も数多く存在したことを描きたかったんじゃないかな
9 ななしのよっしん
2017/04/28(金) 02:02:57 ID: JpelY5q0kq
KOEI三國志では一時期意外なほどカッコイイ顔グラを与えられていたが最近顔芸と化してしまって残念である
10 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 23:02:54 ID: Q/pXzSBpHK
北方岳飛伝の世忠がなんか張衛と被る
あっちは史実では大人物なのに…というのがあるが
11 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 19:41:14 ID: CS2s+UmuYz
北方三国志のおかげで良い印持たれてるけどやったことは褒められたもんじゃないよなぁ
君が降伏するって決めたのに暴走して戦争した訳だし…張魯妙な行いがなかったら一族もどうなってたやら
12 ななしのよっしん
2018/12/13(木) 13:13:44 ID: N7R9bLZyQW
本来なら曹操に勝てていたのに体ないなあ。